この先に(2018.J2第41節@栃木:勝ち点49)

栃木SC 0-1 松本山雅FC


得点:(松)田中



画像


本当はこの試合は行かない予定ではあったんです。
甲府戦の時に帰りの渋滞で、家族みんなでイライラしてたので。グリーンベルトが半分使えないだけであんなに渋滞するなら、日曜の午後はまずいけないし、もう滅多にグリスタ行けないんじゃないかな。って具合で話してて。

でも、来年も14時キックオフなら同じようになるだろうし、それは寂しい。
日曜日の試合の時はいつもグリスタから実家に戻ってゆっくりして、その後、千葉に荷物まとめて帰るって段取りなんですけど、実家に戻らず直接駅に向かってくれてもいいよ!となどなど来年に向けて色々日曜日14時の試合後対策はゆっくり考えていこうということになったんで、栃木の最終戦の松本戦は行かない予定だったんです。

でも、1週間前くらいに松本戦のチケが手に入ったということになり、そういうことならじゃあ行くわ!と私も自分の分のS席を買い、グリスタにいつものように家族みんなで向かったわけです。
行く切っ掛けなんてそれで充分です(笑)。

で、いつも通りグリスタの近くで私だけ下車し、車を駐車場に停めに行く両親たちよりも先に一般入場の待機列に並びに行ったわけですが・・・いやーーーすっげええええ人、人、人!松本サポがめっちゃ多い!

ゴール裏とSS指定が完売してたのは知ってるけど、他の席種は全部前日の夜8時くらいにはあったほどだし、こんな状況とは思わなかったです。
で、栃木側もすごい行列、列で。。。 甲府戦と同じくらいの時間にに並んだのに甲府戦の4倍くらい人数あったかな。

まあ、入場してからはほぼ希望の列取れたからよかったですけど。

ただ、想定以上の入場者だったのか、カワチ薬局の抽選に並んだあとですぐご飯買いに行ったのですが、並んだ唐揚げ屋では唐揚げは売っていてもご飯が完売(苦笑) 長時間せっかく並んだのにこれは辛い。。。

その後、別のところで飯は買えたのでよかったですが、結局のところ入場者数は11,000人越え!!
個人的にはバクスタ整備後の浦和とのPSM(10,000人弱)やJ2昇格初年度のサガン鳥栖戦(約16,000人)並みでした。今回の入場者数、11,562人。



ですもの、売店のご飯も完売するわけです・・・。いや、いっぱい入ることは良い事なんですけどもね。

ということで超満員の観衆が見つめる中でキックオフ。
首位の松本相手に序盤は猛攻をしかけ、ほとんど栃木のボールで松本はチャンスにならない。

しかし、なかなかゴールを割れないでいると、松本もしだいにボールを持てるようになり、チャンスを生み出していく。
しかし、ほとんど栃木の試合だったように思う。


後半も栃木が一方的にやられることもなく、いい感じの攻防を続けていたが、サイドからのグラウンダのクロスがディフェンスに入った栃木の選手の脚に当たったりし、それが田中隼磨の足元に転がってくるとそれを難なく押し込み1-0と先制。それを結果的に守った松本が残り1節を残し優勝、J1昇格にリーチをかけることになった。

こうして、先日今年限りでの退任が発表になった横山監督のホーム最終戦が終わった。
最終節の千葉戦は見に行く予定なので、そこで監督については改めて書きたいと思いますが、横山監督には感謝してる人も多いと思います。
そして、その気持ちをもってこのホーム最終戦に訪れた人も多いと思います。

この試合、負けはしましたが試合後は感謝の意味も込めて拍手を贈る人も多かった。

もちろん、松本のサポーターが4000~5000人来た効果はありましたが、満員になったグリスタ。
このチームには輝かしい将来が待ってるような気がしました。

陸スタではあっても、駅から近い、屋根もある、集客数も増える新スタも来年か再来年か誕生するし、この先の栃木SCにはますます楽しみになってくるところがある。
新監督が上手くチームに合ってくれればいいが、これだけ客が来てくれる要素があるのだから、一見で来ない人もいるかもしれませんが、同様にまた来てくれる人もいるだろう。
これからも可能性を広げていき、素晴らしいチームになってほしいですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック