The LAST DAY(2018.J2第42節@栃木:勝ち点50)

ジェフ千葉 0-0 栃木SC


得点:なし



画像


家からいちばん近いJリーグのスタジアムはこのフクアリです。
バスで市川塩浜まで12、3分で出ればそこから電車で約27分で蘇我まで着けるので近いです。
だから、気合入れて?開場2時間30分前の9時30分にはスタジアムに着いちゃいました(笑)

栃木サポでもないのにね・・・。

でも、この日は最初雨が降るとかいう予報でしたが、打って変わっていい天気!しかもむしろ暑い!
だから全然2時間30分の待ちも苦じゃなかったです。

で、入場し、栃木SCサポもそれなりに集まり、千葉・栃木サポともに9700人の観衆が迎える中、降格も昇格も関係ない試合ですが、今年の最後のJ2リーグ戦が始まりました。

結果を先に書くと0-0のスコアレスドローではありました。

でも、決定機は栃木の方が多く、PKもありましたしあとちょっとで勝利を逃してしまいました。
大黒のPKも大黒のループシュートも、パウロンの決定的なヘディングシュートも弾いた千葉GK佐藤が当たりすぎていましたね。しょうがない。

これで栃木の試合は終わり。横山監督の2018年の監督業も終わりました。
勝ち点50。17位ではありますが、降格ゾーンの21位とは勝ち点差16はJ2復帰初年度としてはまずまずだったかもしれません。

ただ、終盤8試合は1勝3分4敗とあまり勝ち点を積めず。
最後の最後まで横山栃木らしかったなと(苦笑)。
いつも終盤失速する印象あるので。

でも、こうしてJ2残留できたのもそれまでに勝ち点を積めたから。
横山監督の栃木ってのは不思議なもので無勝も結構続いてしまうけれど、無敗も結構続いてしまうという。
特に後半スタートの22節からの9試合無敗(6勝3分:勝ち点21)また、真ん中に1つ黒星があるものの、開幕3試合の最悪の始まりから(2-4、0-3、2-5の3試合連続大量失点の完敗)やりたかった4バックを止めて守備が安定する3バックに変更したのが第4節。そこから10試合で5勝4分1敗と最悪の状況から勝ち点19を積んだ。

いま、こうして書いてみて思ったけどいい状態の時に勝ち点40も積んでたんですよね・・・。

逆にこの無敗が止まった愛媛戦から(愛媛は無敗にも無勝にも被るのですが・・・)9試合無勝という。この9試合で勝ち点は引き分けの2だけというからもう極端です、横山栃木は(苦笑)。

やりたかった4バックがダメJ2で通用しない。
となると、先ほども書いたように割り切って3バックにし、また攻撃の形が作れないとなると相手エリアのゴール近くのスローインはロングスロー一辺倒。
スローの度に最終ラインからDFの服部などがゴール前にやってきてゴールを狙う。

ワンパターンといえばワンパターン。
でも、これがリアルに勝ち点を積むには効果的だったんですね。そして、実際ロングスローからアシストで直接ゴールってのも、たしか2、3本はありましたしね!
そのため、福岡、温井、久富というロングスロワーも用意し、また服部、パウロン、アレックスなど185cm越えのフィールドプレイヤーも揃えておりますしね。

たぶん、つまらないサッカーと言われればつまらない、3バックも5バックになることもしばしばのいわゆるアンチフットボールと揶揄されるサッカーだったかもしれない。

ただ、これは私の持論なんですがどんなに面白いサッカーしていても負けたら、アンチサッカーでの勝利以下しか楽しくない。パス回しが凄くて、見ていてうっとりするようなサッカーしていても、負けたら意味がない。

そういう意味で、横山監督のやってきた戦い方は正解だったと思います。
終盤対策されたり、効かなくなったりしてきましたけどね(笑)

だから、ある程度横山監督では限界が見えてきたのも事実だとは思うので、契約延長しないでここで監督に対してJ2昇格とJ2残留の恩義をもったままのお別れがちょうどタイミング的にもよかったのかもしれません。

と、書いてきたように「リアル」を重視した戦い方は嫌いじゃありません、むしろ好き。
何をやりたいのか全くわからなかった柏レイソルの加藤望とかいう愚将を見てきただけにそう思います。

もちろん、次に決まる監督は横山監督より悪くなる可能性もありますが、当然良くなる可能性もあります。
讃岐が今年降格したように安定を求めていても結果それが下降線辿っていることになる場合もあるわけで。

不安はあるけど、チームが先に進むためにはしょうがないのかもしれません。

ということで、横山監督には6月には酷いことを書いてしまいましたが、今は「ありがとう」と言いたいですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック