起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS UNHAPPY CLUB (2018.J1第34節@柏:勝ち点39)

<<   作成日時 : 2018/12/05 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

柏レイソル 4-2 ガンバ大阪


得点:(レ)鈴木、瀬川、中山、クリスティアーノ (ガ)渡邉、アデミウソン



画像


本当は悲観的に今年最後のレイソル観戦の感想は書くことになるだろうなと思ってた。

でもさ、加藤が監督辞めさせられたあとの2試合、岩瀬監督になっての2試合
内容が素晴らしくて希望持てる締め方なんじゃないの!もう!

もちろん、もう絶壁に立たされた状態の開き直れる33節。
降格決定した後の34節。
そして何より、愚将・加藤望からの解放!
と、思いっきり伸び伸びできるっていう状態もあったかもしれないけれど、それにしてもそれまでの32節は何だったんだというくらいの今年のJ1順位が半分から上のクラスに2連勝。しかも、快勝。
気持ちいいに決まってる!

リーグ戦引き分けもなしの9連勝中のガンバ大阪に圧勝したんだよ?
嬉しかった。すごく、すごくね。

でも、逆にすげーーーーー悔しかった。
先ほど書いたように色々解放されたものもあるのかもしれないけれど、今年の柏レイソル。こんだけやれるポテンシャルあるんじゃんって。

これだけやれるチームをずっと押しつぶして殺し続けた加藤望。そして、下平隆弘。
社長の瀧川もそうだし、GM辞めてもそれでもまだまだレイソルの業務をしているということで、どこかで影響をまず与え続けてるだろう寺坂。

この人たちはいったい今年は今まで何をしてきたんだよと。

最後の2試合で明確にしたようにポテンシャルはあるのに、それを監督やフロントの人間によって潰されて思うように戦えなかった不幸なチーム、それが今年の柏レイソルです。

加藤はサポーターに詫びの1つも残さず居なくなったが、来年はどういうフロントスタッフ、現場スタッフになるのだろう。
布部GMは決定していて、注目の「監督」については、ブラジルのメディアなどの情報によると、柏の監督は来季はネルシーニョ再登板で決まりという報道がある。
正直なところ、この選定は非常に安易で前回ネルシーニョで戦った2010年のJ2から9年経つし、ストレート昇格はたった2枠とか、事情も色々変わってきてるのであの時ほど簡単には昇格できないと思ってる。
あの時は降格してもメンバーがかなり残ってくれたこともあったが、今回は代表を狙えるような選手、少なくても4人は柏レイソルを去ってしまうんではないかと思ってる。

だから安易にネルシーニョが来たからとはいえ、楽にJ1昇格などはできないだろう。
加藤や下平が監督やるよりは遥かにマシではあるだろうけど、彼を再びこのチームに呼ぶと決めた人物がそこも考慮した上でちゃんと選んでるのかは気になるところ。

また、布部GMには今年の仕事の1つとして、短い間に「勝利」。しかも計7ゴールを生むような快勝の勝利を掴んだ岩瀬さんをチームに慰留することに努めてほしい。
岩瀬さんはこのチームの財産になるような気がします。


最終節が終わってまだ4日しか経ってないせいもあるけど、最終節が終わったあとから現時点まででは柏レイソルの人員の動きは特には発表になっていない。
これから嫌でも激しい移籍が起こると思う。その移籍には愛した選手との哀しい別れもあるかもしれない。
そんなことは御免なのだが、降格した事実がその不安を駆り立てる。

どのような編成になるのか全く読めないが、来年も、J2でも柏レイソルを応援し続けることに変わりはないし、でももちろんせっかく応援するなら勝つために応援したいし。そして勝ってほしい。

来年は柏レイソルにとっていい年になるように願ってます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNHAPPY CLUB (2018.J1第34節@柏:勝ち点39) 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる