2018.12月劇場鑑賞+2018年公開作品DVD鑑賞:映画感想

2018年劇場公開作品、年内”劇場”鑑賞投了:186本 (12/28 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』で終了)+DVD鑑賞:5本=合計191本

①『ヘレディタリー/継承』、②『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』、③『家族のはなし』、④『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』、⑤『来る』、⑥『暁に祈れ』、⑦『パッドマン 5億人の女性を救った男』、⑧『ドラゴンボール超 ブロリー』、⑨『春待つ僕ら』、⑩『シュガー・ラッシュ:オンライン 』、⑪『ニセコイ』、⑫『アリー/スター誕生』、⑬『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』、⑭『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
<+DVD鑑賞>
(1)『黒い箱のアリス』, (2)『ザ・ミッドナイトマン』, (3)『ブリグズビー・ベア』, (4)『リディバイダー,』 (5)『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』





2018年最後、12月+DVD鑑賞分の映画★評まとめです。

実は『こんな夜更けにバナナかよ』が現時点では未見なんですが、今日の仕事の納会後に、帰りがけにどこかのシネコンで鑑賞予定なので、鑑賞後その作品に関しては★を追記します。

いつものベスト20&ワースト20は年内に必ずやりたいので、今日は取り急ぎこの12月まとめをお送りします。

宜しくお願いします。





●『ヘレディタリー/継承』
2018.12.1 TOHOシネマズ流山おおたかの森
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「やばそうな幼女が、豪快に死んで・・・というあたりはちょっと面白くなりそうでしたけれど、あんまり怖くなかったかな?次々とある一家が惨劇にあうが、なんでばあちゃんはあそこまで酷いことをしたのか(あるものに憑りつかれてるからだろうけど・・)。登場人物のほとんどが不愉快に演出されているので、あまり入れ込むこともないのが救いか?」







●『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』
2018.12.2 TOHOシネマズららぽーと船橋
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「主題歌を歌う斉藤和義が、武道館のライブでこの映画の話題をして、それに伴い有村架純の乳首の色を想像して・・・、そういうわけではないですが「カラー」という曲名ですみたいな曲フリをしたのがこの映画本編よりも思い出されてしょうがない。」







●『家族のはなし』
2018.12.4 イオンシネマ市川妙典
画像

・評価:
★★☆☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
「家族愛で泣かそうという意図はわかる。わかるが、何の共感もしないし、中身も薄い。いい歳こいて(20代半ば)親に反抗期の青年が不愉快で不愉快で。自然災害でリンゴ農園がダメになって、落ちたリンゴで作ったジュースで親を理解して~というのはわかるが、バンドも事務所クビになり、いkところなければ親元で農園を立ち直らせるために頑張ればいいのに、東京に泣きながら戻るところで終わるという。”泣かそう”という意図だけごり押しで伝わるけど、空回りしてるだけの映画」







●『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』
2018.12.7 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「『来る』を観る前に時間があったので、無料ポイント鑑賞をしたけど、純粋に笑えてそこそこ面白かった。シリーズものらしいけど、シリーズとかどうでもいいくらい気にならないから大丈夫。」







●『来る』
2018.12.7 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (9)
「血がドバドバ出るホラー映画の割には少しも怖さがないのはどういうことだろう。妻夫木聡が主人公だったのに途中でXXで、主人公が岡田准一に変わる当たりの試みは面白い。期待はしていたのだけど、結局サイキック・ウォーみたいなノリになるのはいかがかと。(サイキックじゃなくて、除霊とかそいう類のパワーなんだけどもね)」







●『暁に祈れ』
2018.12.8 イオンシネマ市川妙典
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「言葉が通じないところで逮捕されてムショにぶっこまれるのは怖いと思った。」








●『パッドマン 5億人の女性を救った男』
2018.12.9 TOHOシネマズららぽーと船橋
画像

・評価:
★★★★☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (4)
「美談のようになってる映画、エピソードですが、私はこれを見終わった後ただただ胸糞悪かったですね。実話が元になっていて、実際に強力してくれた女教授とは恋愛関係にならなかったので、この映画でも最後はそうなったのかもしれませんが、映画特有の”盛り”にしてもあそこまでいい雰囲気出しておきながら、最後は主人公を信じず、汚物のように、呪われた夫の様に蔑ろに扱った妻の下に戻るとか・・・「ねーわ」と思いました。いい映画の作りになっていたのにそこが残念でした。「スカッとジャパン!」みたいなオチになれば高得点だったけどね。オチが気に入らないという理由で低評価です。世間的には評価高いかもしれんけどね。」







●『ドラゴンボール超 ブロリー』
2018.12.14 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★☆☆☆ (17)
「ドラゴンボールって超という新シリーズもテレビで放送してたけど、なんか惰性でたまにみたり、みなかったりで。あの漫画のインフレバトルに飽き飽きしてて・・・。ビルス様の映画の時はDB初期の緩い感じ(気まぐれで悟空に会いに来て、その結果地球を壊そうとするビルスと対峙する話だしね)があり、嫌いではなかったけど、3年前の復活のFの時は、まーだフリーザ、フリーザかよ・・・と呆れ、テレビシリーズでもたまにしか見てなかったけど、神の世界の天下一武道会みたいなのをやってて、もうネタ無いんだろ?もういいよ・・・というところに、この『ブロリー』です。突然変異で強さを持つブロリーと、なぜに隠れた存在にされてきたのかという説明もしっかりしており、後付け設定にしてはよく考えたなと。そして、ビルス様の時みたいな緩さもないし、復活のFみたいに緊迫感も何もないこともなく、これはこれで新たなインパクトを感じられたし、今までのDBに愛想を尽かしていた自分みたいな者でも素直に楽しめました。・・・でも、もうDBはいいかな。・・・どうせ、なんかしら続くとは思うけど。」







●『春待つ僕ら』
2018.12.14 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「先日もT高というバスケ映画をみましたが、これもある程度楽しめる保証がある青春スポーツ映画です。それなりに楽しめましたが、まあ想像の域は越えなかったのでこれくらいで。それにしても長髪の小関裕太が気持ち悪かった・・・・。」







●『シュガー・ラッシュ:オンライン 』
2018.12.20 TOHOシネマズ六本木
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
「公開は12月21日なのに、前日の20日に六本木でイベント上映があるというので、しかも特別料金じゃなく前売りも使えるというので、せっかくだからとそれで見に行ってきました。舞台挨拶は声優を務めた山寺宏一、諸星すみれ、そして菜々緒のトークがあり、そして青山テルマの生主題歌と、前売り券で入場したにしてはお得感満載の上映でした。映画本編ももちろん、楽しみましたし、終わり方もディズニー映画にしては珍しくリアリティのある締め方をしていて、賛否あるみたいですが私は「賛」です。まあ、続編あるかもね。あと、エンディングロールのラフルとヴァネロペの残酷な小ネタも好きですw」







●『ニセコイ』
2018.12.21 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「『3D彼女』を見た時に中条あやみって可愛いなって思って、この作品も楽しみにしておりました。ちょいミスキャストな気もしますが、でもこれはこれで彼女の演じた新しいキャラの1つということで財産になるかもしれませんね。映画はまあまあ少年漫画のノリで楽しめました。」







●『アリー/スター誕生』
2018.12.21 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★☆☆☆☆☆ (14)
「『スター誕生』という昔の映画のリメイクらしいですが、レディ・ガガの歌声には魅了されますし、ブラッドリー・クーパーもかっこいいです。酒に潰される有名ミュージシャンと成り上がっていく歌姫の運命が交差するあたりのドラマは良かったです・・・が、終わり方はもうひとひねりで来たんではないだろうかと思うのですが・・・。」







●『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
2018.12.22 イオンシネマ市川妙典
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★★☆☆ (18)
「公開日初日、初回で見てよかったです。一般公開が始まるまで情報が漏洩することなく防ぎきった製作側。だから初日初回の上映で、出るとは思わなかったし、事前情報もなかった佐藤健の姿をスクリーンで確認した時の劇場に広がる歓喜の大絶叫!!もちろん、自分も鳥肌ものでしたよ。そして、うっすらとですが泣けました。この後、もう一回イオンシネマでこの映画を観まして、今年は同じ作品を2回以上見たのはこの作品だけになりました。ちなみに、2回目見た時は情報が解禁されたので、驚きの声とか無かったです・・・w佐藤健の話ばかりですが、いいんです!この映画はちょっとの出演だけでも「佐藤健」が全てです!!!ただ、映画としても電王の設定を生かしつつ、ジオウの時代移動と組み合わせて物語としても完成度高くできていますよ。無駄に他のライダーを多く出してスポット当ててストーリー性を崩していないしね。」







●『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
2018.12.28 TOHOシネマズららぽーと船橋
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★☆☆☆ (17)
「お涙頂戴どストレート映画ではありましたが、狙い通り泣けましたね。どストレートを投げられて打ち返せる映画はくそ映画。そのままミットにずどんと刺さる映画は★高めで。」











●『黒い箱のアリス』
【2018.1.14 公開】
画像

・評価:
★★★★★★★★★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)






●『ザ・ミッドナイトマン』
【2018.7.15 公開】
画像

・評価:
★★★★★★★★★☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (9)



●『ブリグズビー・ベア』
【2018.6.23 公開】
画像

・評価:
★★★★★★★★★★   
★★★★★★★★★★ (20)

今年6回目の★20
本年度★20:『パディントン2』、『シェイプ・オブ・ウォーター』、『孤狼の血』、『愛しのアイリーン』、『若おかみは小学生!』、『ブリグズビー・ベア』



●『リディバイダー』
【2018.6.9 公開】
画像

・評価:
★★★★★★★☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (7)




●『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
【2018.5.4 公開】
画像

・評価:
★★★★★★★★★★  
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック