MANNISH BOYSのライヴを観てきました。

MANNISH BOYS 2019 TOUR "Naked ~裸の逃亡者~" / 2019.1.12 横浜ベイホール





画像


当ブログへお越しの皆様、遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年一発目のライブは2年ぶりのマニッシュです。
マニッシュということは、当然ライブハウスでのライブです。

しかも、横浜ベイホールという未踏のライブハウス。。

詳しく道順を示してくれているブログがあり、そのおかげで迷うことなくたどり着きました。ただ、元町・中華街駅より徒歩15分くらいかかりましたが・・・。

で、開場20分前に会場に着くと事前クローク受付を行ってました。
クロークといっても、500円取って、大型フェスみたいにビニールの45リットル袋みたいなものに荷物を入れて、スタッフに預ける。そして、出し入れ禁止というクロークです。(開場20分前には締め切りしてました)
この日のカッコはTシャツの上に長袖のTシャツ。その上にアウターで、とりあえず、リュックとアウターを預けて開場を待ったのですが、1月で時折雨もパラつく中なのでくっそ寒い!!!!!
1100人収容のライブハウスで310番台だったので早めに入れる位置であったのが救いか。
で、入場すると入り口のところで物販が!マニッシュのタオルは1枚だけ持っていたのですが、この日出かける前に探したが見当たらず・・・なので、1枚購入。で、その先に階段をあがってそこでチケットもぎり&ドリンク代500円支払いなので、物販にかまけてる間にちょっと入場が遅くなりました。

で、入場しましたがこの横浜ベイホール。1991年に有名な海外ミュージシャンのプリンスがプロデュースしたグラムスラムというディスコの建物を再利用し1995年にオープンしたライブハウスということで、ディスコ時代から考えると28年にもなる建物なので、ちょっと年季も感じられる建物でした。
で、こういう経緯があったから仕方ないのかもしれないが、事前情報通り、ステージ前方・・・1/3くらいのところにステージの左右の角、端っこあたりを正面に大きな柱が2本そびえ立っています。
だから、本当は後ろの方でもいいので、段差がある柵の前に陣取ってゆっくり見ようと思ったのですが、既に2段目、3段目当たりの柵のところには人が陣取っていて、その背後くらいにピタッと立つことはできて、恐らくゆっくり見ることもできるのでしょうけれど、何も後方なのにまだ人も埋まっていない時間帯でピッタリくっつくのもなんか嫌なので軽く回って、結局ステージ向かって左端の前方エリアに入ることに。
前方・・・ということはもう汗かくことは必至です・・・。ちょっとそれだけ考えても気が滅入りましたし、私がここでミスしたのですが、カラビナも持ってきていないのにドリンクチケを早々に水に交換してしまった・・・。
と、いうことはライブ中ずっと水のペットボトルを持ったまま見なきゃいけないという・・・。ほんと、少し飲んで邪魔だからすぐ捨てたかったです(苦笑)。Zepp関連の施設ならカラビナも一緒にくれるんですけど、それ以外はくれたことはありません。だから、次回ライブハウスでのライブに臨む時にはペットボトルホルダー付きのカラビナ持参した方がいいと改めて実感しました。

で開演はほぼ18時。
暗転し、BGMが流れ、メンバー3人が入場しての1曲目はインストの「裸の逃亡者」!
2019年最初に聞いたライブ曲はこれで今年はスタートです!

もちろん、1曲目が始まると、後ろから前方に全力で押されるものだから、苦しいし、暑いしって状態がここからスタートです。
こんな感じで斉藤和義、中村達也の2人にサポートとして堀江さんを加えた3ピース編成でのライブ。
最初から盛り上がりました!

でも、客のヘトヘトな空気を読んでくれたのか?!わかりませんが、MCは短めに、そしてほとんどMCもなく進み終盤はぶっ壊れるほどのノリの曲を挟んできて、久しぶりのライブハウスの最前エリアスペースでヘトヘトになりながら、すぐ横のスピーカーに耳を破壊されながら、本編が終わりアンコール。

新アルバムからは、ガラスの十代ならぬ「硝子の50代」を改めてメンバーソロやりながらの紹介も兼ねて、遊び心満載に歌い、ラストはマニッシュのテーマで締め。

最初の頃なんて持ち曲少なかったから、マニッシュのテーマを2回やったりしたときもあったのに、持ちネタ増えたなあ・・・ってしみじみ感じました。


思いっきり汗かいて、カオスな空間に揉まれて楽しんで。
新年一発目のライブをこうして楽しみました。
こんな感じで今年もライブはガンガン楽しんでいきたいですね。



映画・ライブ・サッカーの個人的観戦備忘録みたいなブログなので
見に来る人はあんまりいないかもしれませんが、もし、いらっしゃいましたら今年そんな感じで行くので、よろしくおねがいします。




18:02

19.37


01.裸の逃亡者
02.Sweet Hitch Hike
03.蠍座の鍵盤
=MC=
04.レモン
05.曲がれない
06.天使とサボテン
07.DIRTY BUNNY
08.レモネード
09.Only You
10.ユー・メイ・ドリーム
11.I need somebody to love
12.赤い椅子
13.吠え面
14.グッグュギャラッグッグ
15.Mach Venus
16.GO! GO! Cherry Boy!
17.マタンキ

EC
18.硝子の50代
19.LOVE&LOVE
20.MANNISH BOYSのテーマ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱたた
2019年01月16日 15:05
本年もよろしくお願いいたします。

グラムスラム時代・ライブハウス時代も
どちらも参加したことあり… 最後に行ったのは
スティーヴ・ヴァイ Ultra Zone Japan Tour 2000
(1月29日 横浜ベイホール)でした。B'z繋がりで
彼女(現妻)と後ろの高い位置からライブを観てましたネ。

今年も映画ネタ中心にたまにライブレポにも出現します。
よろしくお願いします!
かつを
2019年01月17日 08:35
こちらこそよろしくお願いします。
スティーヴ・ヴァイ、あそこでライブやったんですか!
あのライブハウスはあの柱がなければ結構良いと思うのですが、あれだけがね・・・。

また、宜しくお願いします!

この記事へのトラックバック