起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS リセット (2019.J2第5節@柏:勝ち点12)

<<   作成日時 : 2019/03/25 15:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

柏レイソル 0-1 ファジアーノ岡山


得点:(フ)イ・ヨンジェ




画像


ここまで4連勝。
でも、全て1点差の僅差で試合内容もそれほど褒められたものではなかった。
それだけに9年前みたいに19戦無敗とかは難しいだろうなーと思っていたが、こ5試合目にて途切れた。

守備の要、中村航輔、中盤の要ヒシャルジソン、勝ち星稼ぎに貢献しているオルンガ(今回は怪我)の3枚不在に加えて、前節の殊勲者である鎌田が控えにもいなく、代わりにルーキーの上島くんが入り、そしてルヴァンでテストしているが上手くいっていない3バックでの試合の入り。

と、スムーズにはいかないのかなという予感がしていたが、その予感通り。
前半は両方とも決定機がなく、3月下旬の昼間だというのに季節外れの寒さだけが身に凍みただけの前半でした。(公式記録:7.2℃!

後半もこのようなグダグダな展開は両チーム続くが、柏はFKからのトリックプレーで放った大谷のミドルがクロスバーを叩いたり、CKから上島のヘッドがクロスバーを叩いたり、アディショナルタイムにはクリスのミドルがポストを叩いたりなどの決定機を逃すシーンが多い一方、岡山は2つのうち1つを決めた。
CKからの流れで中に折り返したボールに反応しきれず、流し込まれて失点。

これが決勝点。

映像見るとギリでオフサイドではなかったと思うし、まあ誰のせいとかいうのも難しいかもしれない。
しいて言えば、どちらかが残ってると判断されたでろう、染谷か大谷はラインに注意して欲しかったし、GK桐畑は飛び出すにしては・・・・うーん難しかったか?な・・・?
(それよりも、桐畑はCKを弾きそこねてそれが敵か味方かわからないがボールが当たってゴールを割りそうになったシーンがあったが、カバーに入ってた選手のクリアで何とかなったもののあれにはつい「おい!」と叫んでしまった。)

と、ミスといえばミスの相手の2つの決定機だったので、けして岡山にいいようにやられていたわけではない。
柏は既述のように決定機はそれなり生んでいたしね。これを想えばよっぽど新潟戦の方が負けてた可能性があったようにも思うが今回の試合は「負け」に運命が転がった。

だからこそ、最低限勝ち点1は掴んでなきゃいけない試合でそれを取りこぼしたことが悔しい。

首位の琉球が山形に引き分けたため、連勝街道を走るチームは無くなった。そして、2位の座も何とかキープした。

が、代表で不在が多くなる航輔やオルンガの不在、またこの試合でその存在の重要性がよくわかったヒシャルジソンのカードコレクター癖による不在も今後も想定できるだけに彼らがいなかったから勝てなかったでは言い訳としては苦しい。

ムードメーカーとしては抜群ではあるものの、もう年齢もいい年の桐畑に代わる2ndGKの育成は急務だと思うし、トップのFWとしては機能しないクリスを思うと、FWオルンガ不在時の戦い方の再構築など、シーズン始まったばかりではあるけれど、色々と考えなければならないことは多々あるようにも思う。


リーグ戦の無敗も途切れて、連勝だとか、DAZNで見るたびに実況から連呼される「ネルシーニョはJ2では今までたった2敗」という言葉から一度、そういう余計な考えをリセットするにはいい切っ掛けだと思う。

次節は今期まだ1勝ではあるが、そのポテンシャルは誰もが認めるであろう強敵ヴェルディ。
ここにしっかり勝って、またチームを建て直していってほしいと願います。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リセット (2019.J2第5節@柏:勝ち点12)  起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる