起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS THE YELLOW MONKEYのライヴに行ってきました。

<<   作成日時 : 2019/03/29 11:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

THE YELLOW MONKEY 9th Album 『9999』 世界最速先行視聴会 / 2019.3.28 日本武道館





画像



イエモンの新アルバムの全曲視聴会
舞台はお金をかけて、あの日本武道館!!
(お客は全員無料!招待当選客のみ!)


まあ、武道館という場所を借り上げて、ただ客にCD聞かせて終わりってわけじゃないだろうから
最後にメンバーが出てきて挨拶かトークショーをするとか(尺は1時間30分用意されてることは明記されてたので)、もしくはラッキーだったら最後の方に1、2曲本人たちが歌ってくれるとかそういうことがあるかもしれない。

でもでも、もちろんそういうご本人登場のイベントにならない可能性もある。

今週は月曜日に大袈裟に言うと「このまま死ぬんじゃないか?」というくらいの体調不良で、週の真ん中に念のため脳神経外科に診察にいくほどの体調不良でもあったし、本人登場しても1、2曲とか挨拶だけとかのために武道館行くのもめんどくせーなあ。。。ちゃんとしたライブなら頑張って武道館に行くのに!と、思いながらも武道館は会社からも近いので武道館に向かいました。

この日用の限定グッズが出るというのは知っていて、それを目当てに申し込んだところはありました。
が、正直それほど興味をそそられるグッズはなく・・・武道館に着いて、すぐ入場待機列に。その時で17:25くらいでしたね。開場は18時。

で、開場は2分程度の前倒しでされたわけですが、スタッフの導線の作り方がめっちゃ下手・・・。
LINEチケットとEMGとかいう電子チケ(一昨年のKANPAI JAPANの時に使ったことあるサービスです)の入り口の他に自分が当選したスカパー!の当選者の入り口(アプリをDLさせ、QRコードでの入場)もあるのですが、待機列は全部一緒。
しかも、2階席の階段のところで入り口をかなり狭く設定・・・。なのに、細い導線はスカパー!当選者の入り口へ行くことはできないという・・・。

途中でスタッフが気が付いて扇型に導線を作り、スカパー!当選者ももちろん入れるような導線を作ってましたけどね。

今回の席は全席自由。(まあそういうこともあり、本人登場はないor少ないと思ってたのですが)
1人で武道館に行ったので、本来ペアで入れるところの1人なので、まあ隣の席に荷物置いておけばいいやって感じで気楽に考えていたのですが、もう開演30分前にもなると座席を探すのもよく探さないと見つからないほどまでの客の入り!(もちろん、その様子を見て、空き席が無くなってくると予想された時に椅子に置いた荷物は足元に移して、1人客の人が後ほどそこにちゃんと座ってくれました)

そして、開演10分前には暗幕張ってたステージサイドの席を暗幕外して座席を増設。
1階も2階もそうしてました。それだけ客が入ってるってことです!
つーか、絶対9999人募集とか言ってましたけど、もっとチケット発行したんじゃないだろうかと。。。

1階の南全てと1階の南東・南西の半分を関係者席のため?にスタッフを待機させ、入場を絞っていたようですが、それ以外は超満員という言葉がぴったりなくらいの会場の入りでしたね。
ちなみに関係者席(?)も開演の頃には8割は埋まっていたとは思います。(直前に来て席が見つからない人をそこに流し込んでいった可能性もありますが、自分の席の近くじゃないのでわかりません・・・)

そして19:06。
客電が落ちると前方に張った白い幕に新アルバムについてのメンバーインタビューやレコーディングの様子などがムービーとして映る。

そして、3、4分くらいでしょうか。
そのムービーが終わると、新譜1曲目「この恋のかけら」のイントロ部分が・・・。
でも、この音って生じゃね?一瞬でそう思うと映像を映していた白い幕が落ちて、そこからイエモン4人が姿を見せて、そのまま1曲目が始まったではないか!

全席自由席だし、アリーナ後方にはPAブースがあったけど、ずいぶん質素な感じだったし、アリーナ最前付近のスピーカーは小さいのがフロアに直置きされていた程度だったし、それらの要素を見ても本人の挨拶か、もしくは簡素なライブ程度を1、2曲程度だろうと思っていたのですが、落ちた幕の後ろはしっかりと嵩のあるステージが作られていたし、左右のサイドも白い幕で覆っていたので見えなかったけど、しっかりとサポメンもいたし、機材も入っていた。

これ、普通にライブじゃん!と。

1曲目はここではじめて聞いた曲ではあったのですが、続く2曲目が配信シングルにもなってる「天道虫」ということもあり、ああ新譜を1から順に演奏していくんだとここで理解。

もちろんアルバムということで初めて聞く曲もあったが、7曲は既にシングル(CD・配信)もしくは特典CDになってる曲たちなので、2016年のイエモン復活からちゃんと見続けている人であれば普通に知ってる曲も半分以上はあったので、新しい曲ばかりで戸惑うこともなく、ステージを純粋に楽しむことはできたと思う。

特に「ロザーナ」「砂の塔」「ALRIGHT」は好きなシングルだったので(ロザーナは正確にはシングルとは言えないかもしれないが)、久しぶりにこれらをライブでまた聞けて凄く嬉しかったです。

そして、「Horizon」の時に歌詞をロビンが間違えて、演奏中断(笑)

そこで、その演奏中断に乗じて、ようやくMCが入ります。
そこでは今回は新譜視聴会ということでMC無しでやりたかったけど、客のみんなを目の前にしてテンションも上がるし、ほんとは喋りたかった(笑)みたいな内容で会場を沸かせ、そしてその後でしっかりと「Horizon」を歌ってくれました。


そして、最後の曲、配信も既にされている「I don't know」で締める前に
「武道館で試聴会なんて前代未聞です、いろんな大人の問題もあります(笑)。でも何年も待ってもらったファンに一緒に聴いてもらうなら、我々が生で演奏するのが一番いいんじゃないかと」(音楽ナタリーより)

と、武道館での大規模視聴会が結局”ライブ”になった経緯を語ってくれた。

大変嬉しかった言葉でしたね。

まだ自分が若かった頃、彼らは噂ではギスギスしていながらツアーをやってるなんて聞いたこともあり、その当時は彼らのライブとかは行けていなかったんですが、その噂は真なのか?という感じで解散もされ、3年まえに電撃復活をし、その時にも一生解散しない宣言は出ていたのですが、パンチドランカーの頃の棘みたいなものがすり減った、この19年の間に歳と共にほどよく丸みを帯びてそして、バンドとして、チームとして一体感を”SUPER”が付いてからは感じられるようになり、その姿は復活から3年経った今でも続いていて。

それをこの日のライブからもヒシヒシと感じ取ることが出来て嬉しかったし、楽しかった。

MCでは4月から始まるツアーのことも話していた。
私も6月に見に行く予定ではありますが、8月にこの日本武道館で追加公演があるらしいので、ツアー2回目は行けたら行きたいですね、是非。

去年はあまりイエモンとしての活動をしてこなかったみたいですし、今年はその分楽しませてもらわねば!





start 19:06

end 20:18


01. この恋のかけら
02. 天道虫*
03. Love Homme
04. Stars*
05. Breaking The Hide
06. ロザーナ*
07. Changes Far Away
08. 砂の塔*
09. Balloon Balloon
MC1(10曲目Horizonミスにより中断を切っ掛けにMC)
010. Horizon*
11. Titta Titta
12. ALRIGHT*
MC2
13. I don't know*

(*既に発表されてるシングル(CD・配信)、また特典CDにも音源ありの曲)


新アルバム『9999』




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
THE YELLOW MONKEYのライヴに行ってきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる