明日へ向かって(2019YBCルヴァンカップGS 第6節)

柏レイソル 1-1 ベガルタ仙台


得点:(レ)瀬川 (べ)田中



画像


グループステージ突破を決め、プレーオフに出場決定してる仙台と、ステージ敗退決定の柏。
数字の上でも消化試合ではありました。

まあ、横一列でルヴァン杯をやってくれればいいんですけど、J1からの降格組2チームだけ参加という変則形式dのJ2組参加でしたので、今年の敗退に関しては気にしていません。

ただ、チームはなかなか勝てず、状態も上向きにならず苦しい日々が続いている。
だからこそ、この消化試合でも出場する選手にはいいプレーを見せてもらって、明日に繋がる試合を見せてくれればそれでよかったし、それを見届けるために日立台へ向かいました。

出場する選手は全員前節リーグ戦で見るとスタメン以外の選手で構成されている。
ものの、大谷も瀬川もいるし、普段であればスタメンクラスの選手もちらほら。
(ちなみに前リーグ節のスタメンは古賀が控えにいるのみで他の前節リーグ戦スタメン組はこの試合、ベンチ外でした)
その一方で、公式戦デビューとなる杉井がCBとして出場し、控えにはこの試合まで杉井と同様に公式戦の出番がなかった山田が名前を連ねる。結果から言うと山田も途中出場しているので、これで今年の柏レイソルのメンバーで出場歴がないのは第4GKの猿田のみとなっている(はず、もし私の認識が間違っていたらコメント欄で訂正いただけれいただければ幸いです)。

仙台ももちろん控え中心ではあるが、梁や関口、石原などもいるのでJ1を沸かせてきた名前が連ねるし、楽ではないことは想像できた。

で、キックオフ。

開始直後から、2枚のFW、瀬川とガブリエルが猛チャージを掛けて、仙台のボールを最前線から潰しにかかる。
これがかなり効いていて、柏はパスを何本も繋げ、攻撃をしかけることができた。
特に良かったと思うのはこれが公式戦デビューになった杉井。

3バックの左に入っていたのだけど、まるで中央のCBかのように一緒に組む中川創、田上に常に声をかけて、手ぶりなども見せながらコーチング。

そして、パスも前を向いて精度の高いものを何本も味方に入れていた。
これらのプレーを見て、中山雄太にすごく似てるなーと思ったけど、杉井の試合後のコメントで
起点となるパスをつけていくというところは目標としている中山雄太くんに少しでも追いつけるように頑張りたい。

と、発していることからもなるほどと思った。

先制点は時間の問題と思った前半のうちにその杉井のボールカットを拾った瀬川が個人技でゴール前を切り裂き、強烈なシュートを叩き込んでもぎ取った。

仙台の決定機は一本、ヘディングシュートが枠に飛んだのを桐畑が弾いたのがあったくらいで、柏はその後もクロスバー直撃のシュートや反対側の攻めだったのでよく見えなかったが、ポストを叩いたシュートもあったのではないかと。

久しぶりに”いい試合”を見た前半だったが、後半にそれが変わる。

後半もいい攻めを序盤は見せてくれていたが、59分にゴールを決めた瀬川が田中陸と交代する。

まあ、瀬川は前半でイエローを1枚もらっていたし、万が一もう1枚もらって退場するとルヴァンは今年はこれが最後の試合なので直後の公式戦、つまりリーグ戦の大宮戦が出場停止になってしまう可能性もあったし、またこの試合で恐らくネルシーニョ監督からも合格をもらったという意味もあるとは思うので、日曜日のリーグ戦・大宮戦のためにそれ以降は温存をさせる意味合いもあったのだろうと思う。

消化試合のルヴァン杯で無理することはもちろんないし、瀬川の交代は納得のところもあった。

ただ、そこからがよくなかったかな。

私はユースの試合を観る方の人じゃないのでよくわかりませんが、田中陸は前目のポジションは得意なのか?わかりませんが、少なくてもこの試合では瀬川の位置をそのまま田中陸が務めることになり、ガブリエルとの連動したプレッシャーはなくなり、そこで出来た隙に乗じて仙台が逆に攻勢をかける展開になってくる。

そして、この日大活躍だった杉井が脚を攣って、古賀が緊急出場したあたりでそこの綻びが出たのか、右からのグラウンダのクロスが上がっていた時に中央の選手についていた中川よりも深い位置にいた古賀。
その古賀がいるあたりのスペースを入り込んだ仙台の田中がそのままボールを流し込み同点に。


結局そのまま1-1で終了。


苦手仙台に勝ってムードを上げるいい機会だったのに勝てなかったのは実に残念。
でも、この試合の位置づけは控え選手の奮闘というところにあったと思うし、そういう意味では瀬川、ガブリエル、大谷、そして杉井なんかはその位置づけ通りのプレーをしてくれたと思います。

この試合が結果的にこの試合に出た控え選手たちの、そして柏レイソルの明日に繋がってくれるようになればいいなと願って、日曜日の大宮戦を心待ちにします。














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック