喜びの唄(2019.J2第16節@柏:勝ち点27)

柏レイソル 1-0 FC岐阜


得点:(レ)オルンガ



画像



相手の岐阜は現時点で最下位。
でも、ここまで長崎戦以外はスッキリする勝ち方が出来ていない今年の柏レイソルですし、なんといってもゴールデンウィークに戦った当時の最下位の鹿児島にぎゃくてん負けを喫した我がレイソルですし、油断も何もあったもんじゃないのはみんな心にはあったと思います。

前半。
引き気味にくる岐阜に対し、ポゼッションは出来るものの相手は引いてるだけだし、そりゃボール持てるわなという展開が続く。。。続く。。。

続くだけでなかなか決定機が生み出せない。
サイド深くボールを持って行っても、無理をしないでバックパス。を受ける後方の選手、横パスを何度か入れて、サイドに出して、またバックパスして・・・。

という繰り返し、悪い時の吉田達磨サッカーみたいな感じだなぁ。。。と、ツイッターのフォロワーさんとツイ上で会話しましたが、そんな感じの前半でした。

ただ、こんな中でも前半唯一の決定機だったのがオルンガ。
前節の大宮戦のようにボールを受けて、反転し、シュート!惜しくもポストをそれていきましたが、こんなグダグダな前半でも可能性を感じたシーンではありました。

大宮戦ほどの暑さもなく、風も心地よく、サッカーをするのには少しだけ蒸し暑いかもしれないけど、それほどでもないのに体がみんな重そうでした。

監督ももちろん、この状態に不甲斐なさを感じたのか、負けているわけでもないのに後半いきなり2枚替え!

小池を菊池にし、左サイドの高橋を右に回す。
また、ボランチの小林を手塚に替える。

これで柏に勢いが出る。手塚が枠を捉えたミドルで相手ゴールを脅かすと、高橋・菊池の両サイドも高い位置取りから効果的な攻めが見せられるようになってくる。

が、やっぱりゴールが遠い。。。

江坂のクロスにゴール前に飛び込んだクリスが合わせるもボールが左に逸れていったシーンや、2本目の手塚のミドルが相手にあたってコーナーになるなど惜しいシーンもある。
(一方、相手の決定機も。航輔が手一本で防いで難を逃れたが・・・)

まーた、クリーンシート達成も自分たちもクリーンシート(0-0)かなぁ…と思った終了間際。

クリスの浮き球のパス。GKとDFの間に落ちるボールでそこに脚を伸ばしたオルンガが先にそれに触りそのまま、ボールはゴールに流し込むと1-0とようやく先制!!!


結局、それが決勝点でホッとするレイソルの選手、スタッフ、サポなどみんなが胸をなでおろしたことでしょう。

もちろん、勝った時くらいみんなで勝利を、喜びを分かち合わないとある意味そのためにみんな応援してるとところもあると思うので、思いっきり喜んでいいとは思いますが、ただ、このままじゃいけない。これもみんなわかってることと思うので、次の試合はそれはそれでみんなで集中して迎えたいですよね。


とりあえずはこの日だけは劇的勝利に喜んで・・・。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック