PERFECT HUMAN (2019.J2第19節@柏:勝ち点31)

柏レイソル 2-0 ジェフ千葉


得点:(レ)クリスティアーノ、瀬川



画像


前節の福岡戦。
サザンオールスターズのライブを観に行っていて、DAZNで見てませんでした。
見逃し配信でも今回はなんか見る気起きなくて、結局ダイジェストを見るにとどまってます。

でも、この試合を見たライターさんなどの記事を読むと、どうやらこの試合は4バックに戻した!とのこと。

これはちょっと楽しみでもあります。
いつの間にか最初は試験的に導入していた3バックがメインになって、失点も減ったけど攻撃力も減ってしまったという結果になって、ここのところずっと来ていて。
失点を恐れてるの?確かに失点しないことは大事だけど、得点力も減ったら意味ないような・・・って思ってたので。

その福岡戦はあまりよくなかったとは聞きます。

ただ、あの試合から約1週間経ってるのでその数日の間にどう仕上げているかも見ものでしたが・・・。



・・・完勝でした。



通常は少しは謙遜したり、予防線張ったりしながら言葉を選ぶものですが、逆にこの試合を見て、「楽じゃなかったよ」とか「ジェフも強かったよ」と言うのは、今までの試合とかではなく、あくまでも”この試合を見て”の言葉になりますが、もしそんなこと言ったらそれこそ”嘘”、”薄っぺらい言葉”だと誰もがわかる試合だったと思います。


それくらい良かった。
スコア的には3-0だった長崎戦の方が良いけれども、シュートらしいシュートはアディショナルタイムの茶島の脇に逸れたミドル一本くらいに抑えたこの試合の方が今年No.1の試合運びだったと思います。


もちろん、相手のGKの好守によって2点に収まったけどそれでも、あと2点は最低でも欲しかった試合でもあったかなという課題はあります。

素直に言いますが、今年は、、とりわけ4月中旬以降は、あまり柏レイソルの試合を見ることにテンションが上がらない自分がいます。
別にJ2だからとかではないですよ。過去のJ2の2シーズンもちゃんと応援、、、遠征とかまでしてましたしね。
単純に試合運びがワクワクしない。それが理由です。
「あれ?ネルシーニョってこんな采配しかできなかったっけ?」と思うことが多々。

ただ、この試合ではちゃんと相手を分析して、試合に挑み。恐らくネルシーニョがやりたいことをすべてで来ていたのではないかと。
その証拠にアディショナルタイムに江坂→手塚の交代をするまで、選手交代なし。結局その1つの交代しかしないほど。

恐らく柏は下位に取りこぼす試合ばかりしていたので、ここぞとばかりにジェフ千葉もハイプレスのハイラインを取ってきたのでしょうけれど、千葉の船山をはじめ、最初はハイプレスに驚いたものの、そのプレスもすぐに鳴りを潜めると余裕の試合運びで、結局、クリス・瀬川が1点づつ取りましたがゴールもまあ必然だったかなと。

もちろん、千葉が前目に出てくれたことで柏の攻撃も最大限に発揮出来たこともあると思うので、この試合で喜んだと言っても次もこうも上手くいくとは思っておりません。

なんせ、次は苦手にする山形・・・。
すみません、今年の山形の試合はDAZNでも見ていないのですが、1位を走るチームですしドン引きして固めてということにはならないんじゃないかと思うものの、じゃあジェフのように前に出てきてくれて、やりやすいかと言えば、現時点で1位のチーム。
残り2試合のJ2前半折り返しを2位以内濃厚で走ってるチームですし、今までの対戦成績の相性も良くないし、やりやすいってことは無いんじゃないだろうかと予想します。

それでも、浮上のきっかけにするには十分自信になる内容であったと思うし、1位の山形を撃破し、それを自信から確信に変えなければならないと思います。

難しい相手だけど、是非、勝ち点3。。。お願いします!
そして、これからもテンション上げて日立台に通わせてください!
期待してます!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック