有頂天(2019.J2第30節@柏:勝ち点62)

柏レイソル 1-1 アルビレックス新潟


得点:(レ)マテウス・サヴィオ、(ア)レオナルド



20190831.JPG

いやー、連勝が止まってしまいました。
6月22日のジェフ千葉戦から続いた11試合連続勝利がここでストップ。

でも、仕方がないと納得できるほど新潟は強かった。
当初、不安定な柏の右SBのあたりを狙ってくるのかと思いきや、左SBの古賀のところを狙ってきていて、古賀は結構いい攻撃参加をするのですが、守備にはちょっとまだまだなところがあり、そこを突いたというか。
で、CBの2人もクロスが上がっていた時はレオナルドを2人で離してしまい、楽にミドルを打たせる格好になってしまった。

それからというものの、柏にスペースを与えない配置を敷いて、柏の細かいパスワークを分断。
前がかりにもならないので、裏に長いパスを・・というのもなかなかできない。

完全に柏を手玉に取った前半でした。

しかししかし、後半。
川口が新潟からのレンタルということで契約上出場できず、高橋が怪我というために回ってきた右SB先発の田中陸がお世辞にもいいプレーが出来ていたとはいえず、そこを代えてきた。
となると、左SBはやったこともある菊池を回すのかな?と思えば、なんと、交代選手はマテウス・サヴィオ。
そして、マテウスは瀬川がいたところに入り、その瀬川がなんと。。。右SB!?!!

驚きもしたが、これがいい!
クリスとの息もあっていたし、守備にも奔走し、攻守において大活躍で意外な掘り出し物を見つけた感じでした!

まあでも、誰もが驚く起用でしたし、新潟にとってSBの瀬川のデータはもちろん無いのでそういう虚を突いたところもあったと思うので、今後は素直に川口で行くとは思うけど、まだまだトップ出場では厳しい田中陸ではなく、序列では2番手右SBとなっていくかもしれませんね!

そして、そんなネルシーニョの采配は大当たりし、マテウスがクリスのポストからゴールを決めて1-1!

結局そのまま1-1でフィニッシュ。

マテウス・サヴィオ→江坂へのループのスルーパスなど、惜しいシーンもあったんだけどもね。。

まあこうして、連勝はストップしてしまいました。
正直なところ、11連勝もしていて有頂天になっていたところもあると思います。
少なくても、サポーターは。

こうして連勝が止まり、「そんなに甘くないぞ」と改めて思い知らされ、今度こそ気を引き締めて次の試合の応援に臨みます!

まあ、一応、連勝から無敗という繋がりでいけば6/22の千葉戦よりも1つ繰り上がり6/16の福岡戦から11勝2分で13戦無敗、続いていますしね。
ちなみに、マテウスが相手に手で引っ張られて倒されてPKじゃないか?!と騒然としたシーン。

そこに触れないのは、実はその時、スタジアムで近くにゴキブリかコオロギがうろついてて小さい飛行を繰り返してて、自分の開けっ放しのバッグに入ってしまう恐れがあり、慌ててバッグの口を締めたりしてて、そんなことをしていたため実は見てなかったんです・・・。

まあ、あとで映像見ましたけど、完璧にPKでしたね・・・。タラレバになるけど、PKもらって、決めてたらなあ・・・。
まあまあ、過ぎたことは仕方ない。前向こう。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント