ALL-OUT ATTACK(2019.J2第34節@柏:勝ち点69)

柏レイソル 3-0 東京ヴェルディ


得点:(レ)オルンガx2、クリスティアーノ



201090928.JPG

ラグビーのワールドカップが開催されている今。
ルール余り知らないけど、見ていて迫力あって、面白そうな感じがするラグビーに日本が盛り上がっています。

そのラグビーの日本代表の試合がある裏でこのJ2の柏レイソルvs東京ヴェルディの試合がありました。

まあ、ラグビーは面白そうではありますが、やっぱり私個人としてはサッカー>ラグビーであり、サッカーならレイソルなのですよ。
そんな柏バカが終結して迎えたこの一戦。(と、言っても今回栃木から毎回遠征して日立台に来る私の両親は所用で久しぶりにホーム戦欠席ではあったのですが・・・)

前節、試合の入り方が悪かった愛媛戦をなんとか逆転勝ちし、その逆転した時の空気をこの試合でも維持したいところ。

前半、瀬川のクリアが中途半端になったところ、河野に巧みなボレーシュートを放たれましたが、航輔がここはファインセーブ!
これが失点に繋がったらどうなっていたかわかりません。頼れる守護神です。

その後、サヴィオのCKからなんと相手のGKの伸ばした手よりも上に跳んだオルンガがヘッドで流し込み先制!!
これはもはや反則!!(笑)
その数分後は、クリスの豪快なサイドチェンジ一発から瀬川が反応し、追いつきダイレクトでクロス。これをまたもオルンガが相手のDFよりも早く足を延ばし、押し込み2-0!
クリスのキックの後の2人はワンタッチで回して決めるという。これは今年の柏のゴールでもベストに近い!と思ったのは私だけだったのか、DAZNのゴールランキングでも入らず・・・。いいゴールだと思ったんすけどね…(苦笑)

後半はヴェルディの動きがなくなってくると、柏もチャンスをたくさん作りますがゴールまでは至らず。
そこでサヴィオをサントス・ジュニオールに代えます。
正直なところ、上手ではない・・・が、一生懸命でどこか憎めない(笑)
左サイドでボールを受けて、江坂が中央でフリーになっていて出したパスが弱弱しいポテポテのゴロ球で、もちろん相手にカットされるわけですが、その時の江坂の力が抜けたかのようなガッカリを前面に出した表情は、一緒に観戦した弟とツボにハマって、少しだけ笑ってしまいました。

でも、そんなサントスがレイソルでようやく初仕事をする!
ドリブルで駆けあがってくると、相手を引付けてクリスに速いショートパス。ちょっと、ボールが速い気もしたけどクリスが上手くトラップし、そして、上手く相手GKの触れられないところに浮かして流し込むループシュート!これで3-0。
終了間際にこのサントスと同じ様に中央をクリスらを横に引き連れながらドリブルで駆けあがってきた途中投入の高校生の細谷。
クリスもゴールを決めた時のようにフリーで少しサイドに張っていたのだけど、強引にシュートを放ち、それが大きくゴールを逸れるミスシュート。
クリスも「俺に出せよ!」とばかりに直後に怒ってみせたものの、その後にはこの試合で全力を出したのでしょう。このカウンターの時に駆けてきていた瀬川と共に勝ったのに、座り込んでしまいました。
それほど全力でプレーしてくれていたということなのでしょう。

こうして3-0で勝ちました。
前節同様に守備の要のヒシャルジソンを温存しての勝利。

そして、懸念されたオルンガ、クリスもイエローをもらわず、オルンガの代表合流のタイミングが気にはなるところではなるけど、とりあえず出場停止者を出さないまま強敵・横浜FCに挑めそうです。

愛媛戦からのいい流れに乗って、次も勝ちましょう!










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント