NEVER GIVE UP BOYS(2019.J2第39節@栃木:勝ち点33)

栃木SC 2-1 アルビレックス新潟


得点:(栃)ユウリ、田代 (ア)シルビーニョ



20191103.JPG

前日が大宮だったので、このまま実家に直帰することは予定に入っていたのですが、翌日3日は宇都宮餃子祭りに行くつもりでいたので、グリスタの新潟戦は行かない予定だったんです。
でも、今年グリスタにはほとんど行けていなかったし、3連休の中日で行くにはいいタイミングだしってことで、数日前に決定し急遽グリスタに!(餃子祭りを少し楽しんでからね)

そんなわけでギリギリにグリスタに着いたわけですが、アルビレックス新潟側の客入りがすごい!!
ゴール裏は完売レベルだし、B席もいっぱいオレンジ色で埋め尽くされていて、S席も同様!

ギリギリに着いたけど、私は栃木側のS席でなんとか席を取り、観戦することができました。

アルビレックスといえば、今でこそ中位ではあるがそれなりの力を擁するチームだし、なんといってもJ2断トツの得点王のレオナルドがいる。
厳しい戦いになるだろうけど、目の前の1戦をとにかく勝ってほしい。。。
そういう気持ちで観戦に臨んだ。


が、試合は予想外な方向へ。
いや、いい意味で予想外の方向に進んだ試合でした。

栃木の選手のモチベーションが上がっているのか、今年は生でこれで4試合目、DAZNでも毎回栃木の試合はチェックしていますが今年最高、いやここ数年で最高の動きで新潟の攻撃をシャットアウトしている。中盤でもボールを拾えるし、それをちゃんと前線に繋げられるし。
強いチームにドン引きでワンチャン狙ってるような臆病なチームではなかった。
ボランチのユウリが相手と接触しながらも放ったシュートが突き刺さったのも至極当然の流れ。こうして1-0とリードする。

しかし、その数分後。
鳴りを潜めていた新潟の攻撃陣のパス回しが上手く入り、ゴール前に抜き出てきたシルビーニョに流し込まれあっという間に1-1に追いつかれる。


いい試合の入りだったのに、栃木SCらしいっていえばらしい感じの取られ方だった。
どうせ、ここから押され気味になって・・・。と、通常パターンが頭によぎったのだがこの日の栃木SCは違った!
この同点でもひるむことなく、新潟のゴールに迫り続け、一方では完全にレオナルドを封じ込め、恐らく試合通じての決定機はその失点シーンだけだったように思うくらい守備もしっかりと仕事を果たしていた。

でも、それでもゴールを奪えないのが栃木SCの現状。

こんなに素晴らしく、こんなにいい試合運びをしているのに2点目が決まらない。
決める選手がいない。

何度もゴールライン付近までボールが飛び、あと1歩足が伸びれば・・・というシーンも数回あったがそれでもゴールを割れない。
これまでやって勝てないなんて、なんて残酷なんだよ・・・と思っていたほぼラストワンプレー。
瀬川のCKに対し、大黒らがニアで相手を引付けて潰れ、ファーサイドを相手のマーカーをかく乱し、抜け出た田代がミートしなかったものの、右足にボールを当てるとそれがネットに吸い込まれ、劇的な勝ち越しゴール&決勝ゴールとなる!!

歓喜に沸くグリスタで私もこれ以上ないくらい喜んだ。
そして、栃木SCのポテンシャルを垣間見て、率直に思ったのが・・・これだけ出来るチームがなんで残留争いを・・・ということ。

とりあえず、勝った時くらいは素直に喜ぶことにして、栃木の次の相手は大宮。
柏が負けたばかりの相手だ。

かなり強いし、厳しい戦いになるだろう。こんな好ゲームはそう何度も続けられないだろう。
それでも勝ってほしいし、応援してます。

J2残留争いは20位の鹿児島、19位の町田が勝ち点37で並び21位の栃木と勝ち点差4と引き離してる。
奇遇にもこの2チームは柏レイソルと対戦を残してるチームでもある。
別に栃木SCのため!なんてことは言わないが(私個人的なことですしね)、ただ結果として栃木のためになるように柏レイソルもきっちりとこの2戦を勝てるよう私も応援するだけです。


だから、大宮に勝ってね、栃木SC!



20191103a.JPG


20191103b.JPG









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント