2019.10月劇場鑑賞分映画感想

①『ジョーカー』、②『蜜蜂と遠雷』、③『ジョン・ウィック:パラベラム』、④『HiGH&LOW THE WORST』、⑤『イエスタデイ』、⑥『スペシャルアクターズ』、⑦『空の青さを知る人よ』、⑧『楽園』




ここ最近、映画鑑賞に対するモチベーションが上がりません。
といっても、恐らく一般の人よりも多い鑑賞頻度だと思います。
今月は8本。まあ、普通の人は年に3or4本見るかどうかくらいでしょうからね。

このモチベーションの低下の原因はなんとなくわかるのですが、来年の10月中旬まで貯まりに貯まったTOHOの無料鑑賞ポイントがあるので、あと11か月でそれを消化しないとさすがにもったいないので、映画を全く見ないということは来年も無いとは思うのですが、そんな感じになっていくのである程度の予告としてお願いします。
(ああ、来年の6月にシン・エヴァをポイント使って、もう何度も何度もリピートするのもアリやな!)




●『ジョーカー』
2019.10.4 TOHOシネマズ八千代緑が丘
jocker2019.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★★★★ (20)
「アメコミ映画というよりも1人のダークサイドに堕ちる人間の1つのドラマ」
今年4回目の★20
本年度★20:『七つの会議』、『アルキメデスの大戦』、『ハッピー・デス・デイ』、『ジョーカー』






●『蜜蜂と遠雷』
2019.10.4 TOHOシネマズ八千代緑が丘
mitusbachi_enrai.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★☆☆☆☆☆☆ (14)
「」






●『ジョン・ウィック:パラベラム』
2019.10.7 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
john_wick_3.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
「だんだん面白くなくなってきてるような・・・」






●『HiGH&LOW THE WORST』
2019.10.7 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
high_low_the_worst.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「対立する2校を共闘させるには、両方を騙し撃ちという典型的なヤンキーパターン。まあでも、近年貴重なヤンキー映画なのでがんばってほしい」






●『イエスタディ』
2019.10.17 TOHOシネマズ上野
yesterday.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「監督がダニー・ボイルと知らずにみた。」






●『スペシャルアクターズ』
2019.10.18 TOHOシネマズ八千代緑が丘
special_actors.jpg
・評価:
★★★★★☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (5)
「劇中劇の2段重ねでサプライズを狙ったんだろうけど、あっと驚くことはなかった。あと、公開日初日でいくら八千代という土地だからといっても、客が自分含めてたった2人はないだろ・・・」






●『空の青さを知る人よ』
2019.10.18 TOHOシネマズ八千代緑が丘
sorano_aosa_shiruhito.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★★★☆ (19)
「予告のあいみょんの唄と高校生の男女が空を飛び跳ねてるシーンを見て、そこだけで期待はかなり薄かったんですが、そのおかげかもしれないけれど、反動で結構良かったように思えます。エンドロールの写真でその後を語ってくれるのも〇」






●『楽園』
2019.10.24 イオンシネマ市川妙典
rakuen_m.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「結局、剛はやったんか?え?やったんかっつーの!?」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱたた
2019年11月14日 10:54
「空の青さを知る人よ」妻が長井龍雪作品を初鑑賞。
私は過去作も好きでしたが本作はより伝わりやすく
グッと感涙してしまいました。

「蜜蜂と遠雷」は原作読了で映画版は機会があれば…

「ジョン・ウィック」シリーズ1~3は私の常連館の
鶴岡まちなかキネマとイオンシネマ三川で上映されず…
パラベラムもディスク化を待ちます…

「イエスタディ」はまちキネの遅延上映で鑑賞予定です。

この中ではかつをさんよりグッと少ない1本のみ…
でも他作品、様々劇場鑑賞はしていますよ~
かつを
2019年11月19日 09:05
長井監督の作品は好きなものが多いのですが、上記の本文中にも書きましたが予告見た感じでは期待全然していなかったんですよね。
でも、よく芸能人の声優っぷりを叩く人も多いけどこのアニメの吉沢亮や吉岡里帆はしっくりハマってたし良かったと思いますし、作品もファンタジー要素はありますが、受け入れられる設定でもありましたしね。
あと、後で気が付いたのですがあの落合福嗣くんが声優やってるのは知ってましたが、彼の作品を初めて見たかもしれません。
本当に上手い声優になってたんですねー。とても落合家にテレビが取材に来てカメラの前で放尿かました福嗣くんとは思えないですねw

良い作品でした。今年のベスト10候補です。