2020.4月劇場鑑賞分映画感想

①『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』、②『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』







(015)『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』(2020年3月27日公開) 4/6 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。
★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★☆☆(18)




(016)『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年3月20日公開)4/7 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。
★★★★★☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆(5)





4月もまだ上旬だというのに劇場鑑賞は締めです。
というのも、昨日『ハーレイ・クイン』を見てる最中に緊急事態宣言が出され、その宣言を受けて、東京・神奈川・千葉・埼玉の映画館施設の休業を要請されたこともあるからです。その期間が5/6まで。


最近、映画館鑑賞も少なくなってきてるし、わざわざ生活圏以外まで出てまで映画を見るつもりもないしってことで、かなり早いのですが4月の鑑賞の締めということになりました。

本当は「映画館鑑賞も自粛しろよ!」とお叱りになられる方もいるかもしれません。
もちろん、その通りでございます。
ただ、映画館の方も客席の間隔を空けた販売方法をしてましたし、もともと私は人が近くにいるところで見るのが鬱陶しいので、人がいないところで見る人で今回もそれをしていましたし、それにこういうご時世だからか、かなり映画館も空いていて閑古鳥が鳴いてる状態でしたし。

怒られることも承知してるのですが、お許しいただけたらと・・・。

「いや、最近映画館行ってないんだったら、別に無理していくことなくね?」
と思われるかもしれません。確かにどうしても見たい作品・・・(いや、『サイコパス3』は正直見たかったですけど)でもなければ我慢すればよくね?と思われるかもしれません。自分でもそう思う所もあります。


でも、でも・・・1か月、映画館で映画見ることできないんだよ!と思うと何か行っておきたかったんですよ。
暫くのお別れの前に。

先月、3月も2本しか見てないくせにと思うのですが、急に会えなくなると会っておけばよかったという人とかいるじゃないっすか。
そんな感じです。


だから、今思うともっともっと映画館に通っておけばよかったかなって思うのです。

ということで、とりあえずは映画館とも最低でも5/6までお別れ。
その期間が延長になるかもしれないけど、とりあえず約1か月のお別れ。


また通えるようになったら今度は映画を映画館で見ることが出来るありがたみを噛みしめて劇場に行きたいですね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱたた
2020年04月10日 14:24
4/10時点ですが「劇場版ハイスクール・フリート(2回目)」1本で
平日無料券なのに何と<貸切>でした!申し訳ない気分でしたね…。

こちら山形県鶴岡市でも感染者が出てしまった為、
市の施設(観光施設、図書館、博物館、文化会館、児童館 等)
全て5/6まで休館。我が子はせっかく志望高校に合格したのに、
同じく5/6まで通えません!(入学式まだなんです…)

一応地元の「鶴岡まちなかキネマ」と「イオンシネマ三川」は
営業中ですがいつどうなるかは不明です…。
まちキネ支配人は延期ばかりになり上映作品選択大変そうでした…。

かつをさんの千葉の方がもっと大変な思いでしょうが、
まずはとにかく前向きな気持ちを常に持ちたいですね!
かつを
2020年04月13日 08:04
お子さんの入学式も延期になってるのですか・・・。
これはもう日本、いや世界中での事件ですからね。

しょうがないとはいえ、毎日テレビをつけてもコロナ、コロナ、コロナ・・・。

もうテレビ見るのも嫌なので、昨日はあまり見てないまま所有していた音楽系のブルーレイBOXを頭からずっと見てる一日を過ごしました。。。

本当は金がなくなるくらい外出たいですけど、いつまで続くのやら・・・。
ぱたた
2020年05月25日 08:59
新型肺炎の猛威による休業要請で4/19から休館していた
「鶴岡まちなかキネマ」が休館のまま5/22に閉館となりました…
丁度その日が開館10周年…私は10年で368回鑑賞で伺い、
オープン時は子供とTV取材もうけ、家族でお世話になって、
館長、支配人、スタッフさんとも親しく接して頂きました。
仕事リタイヤしたら夫婦で毎日のように通うつもりでしたが、
少し前に井浦新さんの舞台挨拶や食映画の催し等、
盛況だっただけによもや一番の常連館がこんなにも
突然無くなってしまうなんて…
まちキネのロスがきつすぎて、休業要請あけて
他の映画館が再開始めたと聞いても、明るい話なのに
悔し涙しか浮かんできません…
重い話でしたね…ゴメンナサイ…
かつを
2020年05月28日 09:19
いえいえ、通い詰めた劇場が閉館になってしまう寂しさはよくわかります。
また、コロナのせいでやっぱりギリギリのところで頑張って営業を続けてくれた劇場は体力も奪われ、哀しい事に見舞われてしまいます・・・。

9年前の東日本の受けた震災などと違って、今回は全国民、いや全世界の人々が被害者ということもあり、どこかに余力のある人、団体、会社などの力も借りにくく、何とかしてあげたくてもじゃあ何ができたのかとなると言葉に詰まる。そういう歯がゆい気持ちに色々な場面でさせられます。

東京・千葉も先日、緊急事態宣言が解除にはなりました。
近所のイオンシネマは明日、29日から再開します(その気持ちはまた別のブログエントリーで)。
でも「日常」を少しづつ取り戻しても、完全に取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうです。

一日でも早く、みんなで泣いて笑って、興奮して。そんな劇場が戻ってくることを願います。