ベストライバル (2020.J1第7節@柏:勝ち点12)

柏レイソル 5-1 ベガルタ仙台 (2020.7.26 sun)


得点:(レ)オルンガx3 (べ)西村



20200726.JPG

超限界態勢マッチの中行われるベガルタ仙台戦、なんとかチケットが取れたのでまた日立台へ行きました。

前節、浦和レッズにアウェイながら4点取って快勝したものの、試合内容は航輔の神セーブ連発がなければそこまで大差がつく内容でもなかったようにも思います。

それだけに次のこの仙台戦の行方が気になるところでした。
先発メンバーは前節でゴールを決めながらも負傷し、途中交代をすることになったヒシャルジソンはベンチからも外れ、久しぶりに先発に三原をその代わりに入れて臨む試合。

仙台との日立台の対戦は恐らく2011年以来無いような気もするところですが、先制点は好調な前線により生まれた。
江坂の浮かせたスルーパスに反応した仲間がそれを流し込み1-0!!
仲間は3試合連続得点になるという!乗ってる時の勢いをそのまま試合の展開に乗せたいところ。

その好調の前線の1人であった神谷が不調で瀬川に交代する。
ところがここで良い意味のポジション争いが生きる。このチャンスを逃すまいと瀬川は投入直後からフル回転。
それが生きたのが柏の2点目。

ゴールラインを割りそうなパスに駆け付けて反応した瀬川が中に折り返すとアウトになると思い、気を緩めた仙台のDFからフリーになったオルンガがヘッドで押し込み2-0とする。

瀬川の執念が生んだこのゴールは実に大きい。これで前半を2-0で折り返す。

後半、ゴール前の混戦から仙台に復帰した西村に押し込まれるも、瀬川から前線のスペースに出したパスに反応したオルンガが抜け出て相手DFを1人剥がして、ファーサイドに流し込み再び2点リード!

その後、オルンガが相手GKに倒されてPKゲットするもそれを止められる・・・。ハットかと思ったのに・・・。
この日はこの決定機の他に前半にオルンガ、仲間が1つづつ決定機を持ってたが、そう全て上手くいかないのがサッカーですし、こういうもんか・・・と思っていたところ!

ボランチの三原からの高速パスをピタッと足元でトラップしたオルンガは、すぐそれを流し込み4-1!
そして、PKを外したのにハットトリック達成!

どこか体が重そうに感じたのに、それでもしっかり点を取るあたりはさすがにオルンガ!ミカ!

その後、瀬川が神谷からまたポジションを奪い返す勢いのミドルを決めて5-1!

こうして試合は大勝で、久しぶりのベガルタ仙台にここ日立台で勝利という!

嬉しかったね、ほんと。

ちなみに取れたチケットはMR席。
そう、13-1を見たあたりです!
MRで見ると何かいいイメージばかりありますね!

こうして再開後の3連敗のあとの3連勝。

この3連勝には今年柏に加入したメンバーが大きく貢献してくれています。
神谷、仲間、三丸、高橋祐治、大南。
瀬川にアシストした戸嶋も活躍しましたし、連敗後はスタメンを外れてますが春はそのポテンシャルを感じさせてくれたGKスンギュ。
そして、2得点と結果は出しているがオルンガとの兼ね合いが難しいのかベンチになっている呉屋などなど。

この節活躍した瀬川のようにポジションを取り戻す熱意なども奏功し、良い雰囲気で3連勝できています。

今年はコロナウィルスの影響で過密日程を組まざるを得ない状況になっています。

それだけに層厚く、このムードで行ければこの先も楽しみになってきます。
これからが楽しみですね!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント