のがすなチャンスを(2020JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節)

柏レイソル 1-0 湘南ベルマーレ (2020.8.5 wed)


得点:(レ)呉屋



20200805.JPG

ルヴァン杯。
もちろん、狙いに行くとは思っていたが、それでもコロナ禍でスケジュールがぎゅうぎゅう詰めになってるところであるし、
またここのところの猛暑で選手の体調管理にも気を付けなければならないところ。

なので、大幅にリーグ戦とはスタメンを変えてくるだろうと言うことは想像できた。

では、ここのところスタメンを奪われているスンギュが先発なのかな・・・と思ったところ、
この日のスタメンは滝本選手!

これは驚いた。いや、滝本くんは個人的には応援してます。
10数年アソシエイツに加入している母が10数年アソシエイツ抽選に外れまくってきたところ、昨年初めて当選!
それで当たったのが滝本くんのサイン色紙だったので、そういうことからも勝手に応援させてもらってるんで、嬉しいんですけどね(笑)

結果的にリーグ前節のスタメンと同じなところは瀬川とCBコンビの山下、大南の3人でした。
スタメンを並べると、滝本、川口、大南、山下、高橋峻希、小林、三原、戸嶋、瀬川、山崎、呉屋。

CBは山下、大南、鎌田、高橋祐、染谷で組みまわしてる印象ですし、前はほぼスタメン固定だった瀬川も神谷負傷後活躍したものの安泰とは言えないし、呉屋は敗戦した試合でも唯一の光と言えるような活躍をしていたものの絶対的エースのオルンガとの共存は難しいのか、結果を出しても試合に出られない日々が続いている。

そんなことからも、控え中心というようなメンバー構成であったが、相手湘南も控え中心とはいえどんな試合を見せてくれるか、どんな意地を見せてくれるか、この公式戦というチャンスをものにできる選手たちに期待したいと思い試合を観戦した。

試合開始からはほぼ湘南ペース。
柏はボールを保持してあがっても、途中で詰まってしまうことも多々。
一方の湘南は柏のゴール前にボールを運べていたし、決定機もあった。

やられっぱなしの試合の入り方であったけれど、給水タイムの際に監督から指示が出たのか、柏も盛り返してくる。
結局前半で柏も1個か2個は決定機を作って0-0で折り返していた。


後半開始時。
両チーム選手交代は無し。

そんな膠着状況を打破したのは柏だった。

FKを山崎が蹴り、それに合わせた呉屋が相手GKのパンチングもかすめてボールが右サイドに吸い込まれ、先制点が生まれる!

そして、やはりゴールが決まると試合が動くもので。。
湘南はやはり点を取りにくるし、そこには当然隙が出来、柏はその隙を突くようなパスワークで攻め立てる。

後半の試合は完全に柏のものでした。

そして、危ないシーンもあったが、滝本がファインセーブで無失点に抑え、1-0で柏が勝利!

その結果、ルヴァン杯はまだGS第3節を残すが1節が柏1-0G大阪、湘南1-0大分であったものの、
もし柏が次節の大分に負けて、湘南がG大阪に勝って勝ち点を6で2チーム並べても並んだ場合は得失点差ではなく、該当チーム同士の対戦成績が優先されるため、この試合で湘南に直接勝ったことでノックアウトステージ進出!ベスト8以上決定!となったのです。

もちろん、柏もそうだけど相手も控えメンバー中心ということもあり、そういうところも頭の片隅には入れなければならないのかもしれないが、それでも控えメンバー中心でもゴールに迫ったパスワークは健在で、もう1、2点柏がとってもおかしくないシーンもあったし、見ていて楽しかった。

特に後半途中から入った山田選手は注目したいと思った。
いつもは笑顔の可愛らしい青年だけど、試合に入るとその推進力を生かしたプレーでゴールに迫り、この試合でもプロ初ゴールまでもう一歩!というシーンもありました。

そのようにポテンシャルを公式戦で感じ取れる楽しみもあるのがルヴァンカップです。
次節、来週の大分トリニータ戦は消化試合となってしまいますが、この試合のように”チャンス”をモノにしようとギラギラしている選手たちがいます。
そんな彼らの活躍する姿が見たいので、来週も消化試合でも日立台に駆け付けたいですね!(チケットが手に入れば)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント