A・RA・SHI(2021.J1第6節@柏:勝ち点03)

柏レイソル 1-2 清水エスパルス (2021.3.21 sun)


得点:(レ)神谷(エ)鈴木、チアゴ・サンタナ



20210321.JPG

まずいね。最悪だね。
今までの敗戦は1位から4位に喫したものだから・・・と鳥栖戦の時の実況の方が慰めてくれたけど、今回の清水は中位。
そんな慰めはもう効かない。

開始3分。CK。
この日の天候は嵐でも起こってるかのような風と雨(まあ、雨は後半の方に酷かったが)。
そんな嵐のような天候でも清水の西澤のCKは正確でファーサイドの密集地帯に離れたところから走り込んできた鈴木の頭に合わせると柏のGKスンギュの手前でバウンドするという難しい弾道でスンギュのセーブをすり抜けあっという間に失点。
そして、28分には右サイドからのクロスにフリーで合わせるチアゴサンタナ。これが決まって0-2。
チアゴには大南が付くことになってたのか、はたまた上島が付くことになってたのだろうか?
大南は盛大にかぶって、ボールを中に入るのを許し、上島はチアゴの前に入られた状態でクロスを許した。
これじゃスンギュだってどうしょうもない。

確かに荒れる天気でやりづらいところもあるだろう。でも、それは相手だって同じ。
しかも、エンドはコイントスから清水にはやや向かい風になる感じの前半だったのに。

清水のチャンスなんてそう多くはなかった。でも、数少ないチャンスをものにされたらもうどうしようもない。


この日は日本代表に選出された江坂、5試合で2ゴールの柏レイソルだがそのなけなしの2点を取っていたFW呉屋、前節の鳥栖戦で初めて試合に出た右サイドの1番手、北爪。
このあたりが先発もベンチからも外れた。
江坂は代表に備えて温存?呉屋は2点取ってるとはいえその他の試合のパフォーマンスは褒められたものではないし、北爪は推測ですが怪我していてそこからの復帰でまたどこか痛めて外れた?
試合前にはまたコロナの陽性者を1名出した報告もあったので(江坂はさすがに代表辞退になるだろうから彼は違うと思うが)、もしや・・・でも、トップチームで試合に出てない選手はいっぱいいるのでこういうご時世だし責めに結びつけられてもたまったもんじゃないし、誰かわからなくてはいいけど、出るつもりだった選手が急遽出れなくなっていろいろ狂ったところがあったのかな?

とかとか、要らぬ妄想ばっかり出てきて勝手に不安になってしまいます。


昨年秋のコロナクラスター以後、去年はオルンガというチート選手のおかげで隠れていた「まずい」部分が見えてきたということなのでしょうか。

この試合で辛うじて久しぶりのゴールが生まれ(神谷)、そこは少しだけ・・ほんの少しだけ喜びではあるもののどうなってしまうのかという心配はしてしまう。

入国できない外国籍選手は2名。
ドッジとアンジェロッティの2名ですが、FWはアンジェロッティ。
でも、過去の実績を見るとほとんど活躍した形跡がなく、将来性を見込んでの獲得なのかな?と推測できますが、そのような選手なので即戦力かどうかと言えば計算するのは難しいのではないかと。
(もしかしたら過去はMF起用が多かったのかもしれませんが)


柏の名物サポのみゃ長さんも「あぶない。はじまったばかりなんていえねえや。」とツイートしていて。
いつも、負けても自分たち柏サポを鼓舞し続けたみゃ長さんでさえそう呟いてしまうような状況。

彼よりも小心者の私が心配でないわけはないわけで。


でも、どうすることもできないから出来ることをやって応援するしかできないわけで。
だからコロナ禍で拍手だけしかできなくても、また応援にいきますよ、うん!

いつも身内には言うんだけど、結果わかって見に行くならそれはスポーツ観戦じゃねえしね。
ほんの少しでも勝つために繋がることができるなら微力でも役にたちたい。そう思います。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント