Carry On(2021.J1第2節@柏:勝ち点03)

柏レイソル 2-1 湘南ベルマーレ (2021.3.6 sat)


得点:(レ)呉屋x2 (べ)岡本



20210306.JPG

改めて監督の采配、力量ってすげーなって。

この試合、リーグ、ルヴァン各1試合を経てよくなかったこともあってか(まあ開幕戦は試合の2/3を10人で戦うことになったので判断材料としてはわかりませんが)、3バックでスタート。
そのシステムチェンジが功を奏したのか、クリスの大胆なサイドチェンジを峻希がボールを受けて、そのままクロス。
中には呉屋とクリスがいたが、手前側の呉屋が頭で当ててコースを狙うと緩い弾道ではあったものの、ゴール左隅に吸い込まれていき、公式戦3試合目にして待望の先制点を取る。

だが、相手陣内で奪われたボールを大橋@湘南に長い距離をカウンターでボールを運ばれると、DF大南の対応も遅れたこともありいっきにゴール前に。
そこにこれまた自分のペナルティエリア付近にいたはずの岡本がマッチアップしていた瀬川の横を駆け抜け、瀬川に勝ったところでボールを受けるとそれを流し込み1-1に。
この失点は本当にちょっとした「隙」をたった2人に突かれたもので、湘南の選手にアッパレという反面、柏としてはなんとか対応できなかったものかと。も思うわけで。

決定機こそそんなになかったものの、柏も決定機を作れずにいてモヤモヤしているところ、監督が動く。
ここで、セットプレーなどで一発の可能性もあるクリスを大谷に代えるんですね。

で、結果的にこれが神がかった采配だったわけです。
大谷を真ん中にどっしりとアンカーに落ち着けて、椎橋を左、ヒシャルジソンを右に回します。
ボランチを3枚というべきなのか、それとも、椎橋、ヒシャはインサイドハーフというべきなのか。とにかくそんな形で。
ヒシャのサイドってあまり見たことないような気がしたので大丈夫か?とも思ったのだが、江坂のパスに反応したヒシャが相手陣内深くでボールを受けて、それを中にクロス。
真ん中に居た椎橋が頭で流すと呉屋がそれを難なく脚で押し込み2-1と再びリードに成功!!

すごいね。
エースのクリスを下げて、ポジションを違う大谷を入れてどうすんだろうと思ったらこうしてチームを修正!
そして、これがこのまま決勝点になって今年初勝利!日立台の勝利も10月の神戸戦以来の勝利!

もちろん、最初から試合を掌握出来ていれば良いに越したことはないので、いい試合とは言い難い試合であったと思う。

それでも、こうして勝ち点3を苦難の末につかめたことは素直に喜ばしい。
そして、これを次にも続けていきたい。

各シーンで個人技がもうちょっとあれば、と思う所も多々あるので、新しい外国人選手が来日できるまではこうした苦しい時間もまだまだあるとは思う。
でも、監督をはじめ、ここは総力戦で乗り切り続け1つでも順位を上にあげて行ってもらえたら嬉しいですね。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント