Teenage walk(2021JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節)

柏レイソル 1-1 湘南ベルマーレ (2021.4.21 wed)


得点:(レ)呉屋 (べ)古林





20210421.JPG


昨年、秋に続きチームでまたコロナ陽性者を多く出してしまいました、柏レイソル。
昨年は選手も数名感染者がいましたが、ほぼスタッフ陣が全滅なくらいの感染でしたが、今回は選手がメイン。

もちろん、昨年秋のこともあったので、選手ロッカーの入場者を制限したりなど感染症対策は十分に行っていたらしいですが、それでも結果こうなってしまう。
個人の感染だけなら、家族からということもあるので仕方ない部分もあるが、チームで複数出すということはどこかで注意が無意識に抜けてしまった部分もあったのかもしれない。
完全な憶測だけど、スポーツ選手ですしマスクをして練習などはできるわけないので、練習での選手間の意見交換などが必要以上に距離が近かったりなどかもしれません。

わからないんですけどね。

ただ、他のチームの様子なども見ていると昨年秋に柏が叩かれていたようなスタジアムのロッカールームでみんなで記念撮影したりとか、そのチームに主なコロナ陽性者が出ていないからなのかもしれないけど、今でも普通に去年柏が叩かれていたような写真撮影などをやってSNSにアップしたり、某チームスタッフが大人数で普通に会食していたりとか目にしたりしています。

そういうチームに限って陽性者報告などが無いのだから、感染の確認がないのでしょうし、わからないんですよね。
ただ、チームで複数人同時期に出しているってことで、ちゃんとやってるつもりでもどこかに落ち度はあったのも否めません。

クラスター扱いになると思いますが、感染症対策は先ほど書いたように行っていて、濃厚接触者の居る居ないの確認もできて、保健所から活動のGOサインをもらったうえで、この状況で整備したルール「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」に則って試合開催されることになりました。
よく休業しろ!という人もいるかもしれませんが、外食屋さんなどのガイドラインを先ほど見ていたのですがよく言われる14日という期間は合理的な根拠がない、とまで言い切っているくらいですし、クラスター出した普通の会社なんかも念入りに消毒後、すぐ業務始めていますしね。

去年の今頃は、対策や蓄積されたソースなどにも乏しかったので仕方がないところもありますが、今はその時と状況が違うのでそれに見合ったルールというものがあるのでしょう。


そして、その検査の結果なのかどうかはわかりませんが、スタメンには4人もフレッシュな10代の選手が顔を並べることになりました。
前節のルヴァンカップで浦和を完封したGK佐々木、リーグ戦でも出場機会を増やしてるFWの細谷、そして新人の大嶽は初公式戦、そしてそして、まだ現役高校生の2種扱いの田中が先発となった。
私は見ていないのですが、大南はスタンドで見ていたというので、コロナでの欠場ばかりではなく今まで試合に出ていた選手たちをまた使うのではなく新しい可能性を試したかったのだろうと思います。

ルヴァン杯はそういう位置づけにしてるチームも多いので湘南も例に漏れず出場機会の少ない選手を並べてきました。
それでも、そういう位置づけでも公式戦は公式戦。

出ている選手はアピールの場にしたいのはもちろんですし、全力でみんな試合に臨んでおりましたよ。
楽しみだけど、少しばかり心配していた10代の選手たちもスムーズに試合に入れていましたし。
特にCBの真ん中を務めた現役高校生の田中くん!頼もしいですね。こんな重要な位置でコーチングも随時行いつつ、DFを統率しておりました。
ルヴァン杯ってリーグ戦よりもお客が少ないのですけど、私はこういう新しい戦力を見る機会でもあるので、楽しみにしていますが、その楽しみに応えてくれるようなプレーをみんなしてくれたと思います。

アウェイ浦和戦で公式戦デビューした佐々木くんも落ち着いていたし。
ただ、彼のプレーを見て、キックの精度が結構良くなかったので、これからの成長と改善に期待したいですね。

初公式戦の大嶽くんもよかったし、よく試合に出ている細谷くんも流石の出来。

彼らの成長を公式戦で見ることができるというのは本当に嬉しいし、楽しい事です。

試合はヒシャのミドルからのポスト跳ね返りを呉屋が決めたものの、終了間際にゴール前で相手の根本をぴったりマークして古賀が押さえていましたが、ジリジリとゴール前まで押し込まれてしまい、そこから反転してシュート。
至近距離からのシュートを佐々木くんが反応し、よく弾くのですが・・・湘南の古林の前に転がるとそれを押し込まれました。
大嶽くんも必死に脚を伸ばしたし、佐々木君もこぼれ球に反応したのですけど、2人とも間に合いませんでした。

こうして試合は1-1で終了。


昨年度は準優勝の大会ではあるけれども、先ほど書いたようにルヴァンは新戦力のアピールの場的なものでもあると思ってるので、残念なドローではあるけれども、どこかスッキリした気持ちでもおりました。

10代の選手が4人出場しましたけど、細谷くん以外でもリーグ戦で見ることになるかもしれないと思いましたね。
CBの田中くんもリーグ戦で見たいし、GKの佐々木くんも外国人枠の関係でスンギュが外れることになったら、恐らく出てくるのが佐々木くんになるだろうし、そう考えたら今からもうワクワクです。

新外国人も合流し始めましたし、これから巻き返していきましょう!!レイソル!










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント