試してみたい(2021JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第4節)

横浜FC 2-0 柏レイソル (2021.4.28 wed)


得点:(横)ジャーメイン、岩武





20210428.JPG

完敗です。完敗。
柏はチャンスらしいチャンスを1つも掴めていなかったんでは?

たぶん互いにメンバーは落としているんでしょうけど、レイソルは落とすというよりもチームに合流して1週間程度の新外国人を一気に4人同時先発起用。
正直、それを見に三ツ沢に行ったこともあるんですけど、でもツイッターの方には試合前に書いたのですけどいきなり徳島戦(リーグ)のように5点とかは無理だと思う。この試合はコンディション、連携の確認などだと思う。と。

でも、私個人も甘さはありました。快勝などは無理だろう。それでも惜しいシーンとか作れたりすれば・・・と思いながら見ていたけど、全くなかったですね。

前半は互いに見どころもないけど、同じような静かな展開が続き、後半に椎橋や上島などいつものメンバーを3人交代で出す。
そして、北爪のクロスを受けた椎橋がボレーを打ってゴールか????というところで、空振り。
それを拾われ、ゆっくりカウンター。
すると、CB上島と川口の間を走るジャーメイン良にスルーパス。そしてGK佐々木と1対1を冷静に決めて1-0

その後、セットプレーから手塚が絶妙なFKを蹴って、それを頭で押し込まれて2-0

これで終戦。。。


まあ、舐めていたってことは無いでしょうけれど、やっぱりルヴァンとリーグであれば大切なのは降格もあるリーグ戦で。
そこで使えるかどうかを実戦で試したい監督の意図はわかりますし、私も同意だったのでそこについては深く触れませんが、、、。
こうなりますよね。いきなり4人も加入後間もない選手が出たら、みんな能力高い選手であっても1人でやるスポーツじゃないサッカーだとこおうなりますよね。

本当はみんな熟成してきているチームの中で、新加入選手が1人、2人など入り周囲の空気を理解してもらいながら溶け込んでもらうってのがパターンなんでしょうけれどもね。

新外国人選手たちに至っては、まだわからない部分が多いかな。
ただ、ペドロハウルの収まり具合は十分伝わった。
あとは、収まるだけではなくその収まったボールをどう受けるか、でしょう。
そこは熟成が必要ですかね。
彼の足は何かのインタビューで「身長の割には速いほうだと思うよ」と、自称していましたけど・・・遅い・・・かな、やっぱ(笑)

GKは佐々木くん。
湘南戦で感じたキックの精度の悪さはあまり感じませんでした。あの日より風強かったんですけどね、この試合。
あの時はたまたま調子悪かったのかな?あとは手塚のマウス捉えたFKをファインセーブで切り抜けて、期待できるGKだと思いました。

高校生の田中くんはこの日もCBの真ん中で左右にゲームキャプテンの川口、新外国人のエメルソンサントスを従えての真ん中でしたが、安定していたと思います。彼が抜けてから失点してしまいましたね。

ということで、素直に認める完敗でしたが、色々試した結果が故のものであるので、「しょうがない」という気持ちが強かったです。

もちろん、どんな試合でも勝てればそれに越したことはないし、監督もそのつもりだったんでしょうけどね。

今回、新外国人4人+ヒシャルジソンが外国人枠を使いました。

この5人が次の試合に顔を並べることはないと思いますが、この5人・・というか、ヒシャ以外の4人全員ベンチ入りってことはないでしょう。
でも、そこは実力と状態に応じて試合に勝てるメンバーを選出してくれると信じています。

次の試合、期待しましょう!











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント