夕陽のアンジェロ(2021JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節)

柏レイソル 3-3 浦和レッズ (2021.5.5 wed)


得点:(柏)アンジェロッティx2(1PK)、古賀 (浦)キャスパーユンカー、伊藤敦、関根





20210505.JPG

GW最終日。
ルヴァンカップではありますが、仙台戦を誤審(※ジャッジリプレイで満場一致でハンドということになったし、そう呼んでもよいでしょう)で失った勝ち点に対するモヤモヤした気持ちを少しでも晴らしてくれるならと日立台へ向かいました。


柏はGKに若い佐々木、CBに2種で高校生の田中、そして新外国人選手4人のうち3人を先発。
また、憶測ですがコロナになっていたと思われるサヴィオが復帰し先発。
テストの印象が強いです。

対して浦和はGKこそ鈴木という若手ではあるものの、槙野や岩波もいるし、ガチ度は柏よりも高め。
そんな中、キャスパーユンカーが国内公式戦デビューとなりました。
彼は俺たちのミカ(オルンガ)も選出された、FIFAが選ぶ無名のストライカー5選に入るほどの逸材です。

敵ではありますが、FIFAの御眼鏡にかなった選手はどんなものなのか楽しみにもしておりました。

すると、試合開始し、数分でその実力の一端を見せつけられます。
右サイドエメルソンサントスが処理しなきゃいけないボールを汰木に拾われるとエメルソンサントスをぶっちぎる。
斜めに走りこんだキャスパーユンカーにボールを流すように出すと、それを受けてすぐシュート。
それがファーサイドに流れ込み先制点。0-1

前半はそのまま進むのですが、前半終了間際にポストプレーに可能性を見ていたペドロハウルが負傷で交代。
代わりに入ったのはアンジェロッティ。

万事休すかと思ったが、ここで大活躍したのがこの男、アンジェロッティである。

もともと、過去の実績・経歴からも正直新入団の外国人選手たちの中では、失礼ながら一番期待値は少なかった。

ただ、試合に出ると労を惜しまない前線からの果敢なプレッシングなどで「一生懸命」にハードワークする選手なのは伝わっていた。

だが、この試合はそれだけではなかった。

ペドロハウルのやっていたようなポストプレーも冴えていたし、足も速いし、何しろボールを受けて前を向けるそのスタイルがすごくよくて、アクシデント投入どころか、停滞したチームの改善に一役も二役も買っていた。
セットプレーからのゴールではあったものの、ゴールはその証みたいなところもあったし、勝ち越しのPKも実に落ち着いていて、さらに3点目のゴールもアンジェロッティの得点にはならなかったものの、もう少しでハットトリックというところまでのプレーを見せてくれた(結果として、こぼれ球を蹴りこんだ古賀のゴール)

最後の最後に2失点連続で喫してもったいないことをしたが、この日いいプレーをしていたペドロハウル、ドッジの他にポテンシャルをこの試合だけでも十分に感じさせられるアンジェロッティの発見は大きい収穫だったんじゃないかなと。
(ただし、エメルソンサントスに関してはまだコンディションが上がってない気がする)

ポテンシャルをポテンシャルで終わらせてしまうのはこれからの実績によると思う。
この浦和戦だけの一発屋で終わらせてほしくない。
是非、これからも試合に出続けてチームを牽引してくれる選手になることを願っています。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント