春の憂鬱(2021.J1第17節@柏:勝ち点14)

柏レイソル 1-2 北海道コンサドーレ札幌 (2021.5.29 sat)


得点:(レ)クリスティアーノ(PK)、(コ)小柏、岡村





20210529.JPG

私はネルシーニョ監督が大好きです。
99年に西野監督でナビスコカップを取った時以降のチームを見て、ああこのチームでもうタイトル取るのは難しいのかな?
と、そう感じていた時にJ2優勝からのJ1リーグ優勝。天皇杯優勝、2回目のナビスコカップ優勝。ACLでも決勝までは行けなかったけど、ベスト4まで進んだり、クラブワールドカップという晴れ舞台で自分の愛するチームを応援できたことは一生の宝物です!
こんなかんじで、いっぱいいっぱい夢を現実にしてきてくれました。

2019年に柏に戻り、J2優勝。そして、翌年は決勝で負けはしましたが、ルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)の決勝の風景を新国立競技場で見せてくれました。

今でも大好きです。



でも、心を鬼にして言います。



監督は交代した方がいいように思います。


前半、本当に何にもできないまま札幌の攻撃を受け続けてきた。
でも、公式の監督のコメントを引用すると
前節に引き続き敗戦を喫してしまったが、同じ敗戦でも前節とはシナリオが全く違った。選手が非常に自信を持ってプレーしてくれていたと思う。ボールの支配率も序盤から優位にゲームを進めていたと見ている。後半に入ってからも相手陣地に押し込む時間帯が長く、なかなか相手が出てこられないような状況を作れていた。

と、あるが後半に入って、細谷が入ってタメが出来るようになってからはまあ、間違ってはいないけど「後半に入ってから”も”」ということは前半も柏ペースで出来ていたって思ってるのだろうか?

クリス(だったと思う)からの縦パスに反応した峻希が相手に倒されてPKをゲットし、クリスが決めて同点に追いついたけどそのシーンまでシュートは1本打った?打ってない?とかそんなレベルだったし、先発のアンジェロッティが前線で溜められないのでボールが収まらないし、全くといっていい形が出来ていなく、今季ワースト2か3(ワースト1はどうみてもFC東京戦)の前半だったと思います。

後半に関しては確かに柏ペースだったとは思います。
でも、ゴールが割れなきゃいっしょ。

これで、代表週間のためのリーグ戦のお休みが約3週間続きます。
現在は首の皮一枚降格ゾーン前で踏みとどまっていますが、勝ち点並ぶ仙台に辛うじて得失点差で上回ってますが、リーグ折り返し最終戦に同じく残留争いしてる清水を残していることもあり、柏は降格ゾーンでの折り返しも十分あります。
ガンバはコロナで試合数少ないので、勝ち点差1リードしてるけど、試合数が並ぶ頃には上回られてる可能性大です。


他のチームは監督を解任したり、新戦力を取ったり、そういう報道があったりです。

ガンバはクラブのレジェンドで去年リーグ2位の実績をあげた宮本監督でさえ更迭してます。
代行の松浪さんでそれまで1勝だったところを既に2勝もあげていて、そのまま続投か?という話もあります。(2勝2敗なんですね)
4月7日の試合では柏は負けはしたものの、どっちが勝ってもおかしくないくらいの凡戦を繰り広げた鹿島はザーゴ監督を切って、相馬監督にしてから急上昇。
監督を代えても上向かない横浜FCもいるので、監督を代えることが一概に良いかどうかとは言えないかもしれませんけど、ここ最近のネルシーニョ監督については疑問があります。

コンディション上がってない外国人選手をその向上のためにリーグ戦で使ったり(FC東京戦)、この試合のように誰がどうみてもクソみたいな前半を評価したりと。

2019年J2の最後の試合のとこで、私は
それは、来年のネルシーニョ監督体制を継続することを宣言したところです。
報道でわかってはいたけど、これは心から歓迎することなのでそこだけは拍手しました。”そこだけ”ね。
ネルシーニョ監督との契約が残ってるあと残り2年。思いっきり楽しみたいです!


と書きました。
これは間違っていないです。でも、この”時”の感情です。
この時の契約のままであれば、今年で監督との契約も切れるところですが、2025年まで延長したという話が昨年くらいに噂ですけど、入ってきました。
ということは、もし今年いっぱいであれば解任しても残り半年。違約金もそんなに発生しないでしょう。
でも、この2025年が本当ならあと、4年半もあるわけで・・・。自分で辞めると言わず、チームから解任となると莫大な違約金も発生してしまいます。

ドッジ選手は当たりで、ペドロ・ハウル選手は負傷中につきまだ是か非か言えないけど、エメルソン選手についてはコンディション不良のまま出たこともあるのでしょうけど良くないし。アンジェロッティもルヴァンの浦和戦では絶賛しました、たしかに。でも、それ以外の試合では良いところがほとんどなく・・・でも、あの試合が出来たのだからポテンシャルとしてはそこまで行けるものはあるのでしょうけど、なかなかそれが出ない。

この4人にお金を注ぎ込んだのか、この4人以降補強などで気前のいい話が入ってこない。。。

アンジェロッティはそもそも実績で目を見張るものがなかったし(だから格安だった可能瀬もあるけど)、ペドロ・ハウルもいい選手ですけど、ポストは絶品でも点を量産するような選手でもないですよね。やっぱり、ミカ(オルンガ)の穴が痛いのであれば、点を量産できる可能性のある選手を取るべきだったかと。
また、CBの補強は必要だったとは思うけど本当に身長が184もあるのか?という疑問もあるけど、エメルソン・サントスは本当に見て欲しいと思った選手だったのかな?と。

色々と代理人などにいいようにやられたりしてない?
強化担当の布部さん、大丈夫?
チームのトップで責任者でもある瀧川社長、大丈夫?


と、まあここまで書いてしまったけど、不快に思われた柏サポの方がいましたら本当にごめんなさい。

監督を代えてもいいことがないかもしれない。
それは2018年下平→加藤望などを見てもそう思ってしまう人もいるでしょう。

より一層悪くなることもあります。


まあでも、先ほど並べてきたようなことから、たぶん、この6月での監督更迭はないと思います。
4年半分の違約金を考えると簡単に決断できることでもないでしょうからね。

でも、だったらもう少し「信じられる」材料が欲しいんです。
それだけです。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント