2021.6月劇場鑑賞分映画感想映画

①『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』、②『はるヲうるひと』、③『るろうに剣心 最終章 The Beginning』、④『シドニアの騎士 あいつむぐほし』、⑤『Mr.ノーバディ』、⑥『キャラクター』、⑦『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』、⑧『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』、⑨『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』、⑩『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』、⑪『漁港の肉子ちゃん』、⑫『モータルコンバット』、⑬『夏への扉 キミのいる未来へ』





6月は久しぶりに結構な数見たね!10本以上1月に見たのは何年ぶりでしょうか?去年の10月以来かな?

というのもイオンシネマのワンデーパスポートは最高で、2600円(アップグレードシート使うなら+500円)で映画を1日見放題、かつソフトドリンク飲み放題!

6月は夕方に行って、2本見て。それでも1作品ドリンク付きで1300円と思えば余裕で払える額なので楽しんで。
それ以外でも会社が緊急事態宣言枠で午前中のみの勤務だっただった6月4日には3本、日曜日の6月27日には4本とこのパスポートを利用して鑑賞しまくりで、「13本」。
久しぶりに映画を堪能しまくった1か月でした。

レギュラー化してくれないかな~~~、これ。急に、突然この企画発表されるんだよね。

あ、ちなみにハサウェイはパスポート対象外でした。これはそもそもの興行形態が他の映画とは違うみたいなんで・・・よくわからんけど。





(019)『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(2021年6月1日公開)6/2 TOHOシネマズららぽーと船橋にて鑑賞。
★★★★★★☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(6)
・・・このシリーズ好きなんだけど、人を餌に高い窓から突き落としたり、各所爆破したりそういう殺人まがいの脅迫を使ってギャンブルに勝つというこの映画のラスボス視鬼神の姿勢は苦手。
そして、それであっさりとメアリや夢子なども敗戦を受け入れてしまうのもなんだかなあ。人質取れば簡単に負かすことができるってのも、ギャンブル命の賭ケグルイとしてどうなの?と。
視鬼神はラストゲームで工作入れるんだけど、その見破り方ってのもとってつけたようでなんだかなあと。
この手のギャンブル映画・漫画・ドラマなどは「巧い!」と思わせるような細工や、その見破り方が肝なのにこれはそういうのが全くない。




(020)『はるヲうるひと』(2021年6月4日公開)6/4 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★☆☆☆☆☆☆(14)
・・・あのオトボケ演技に定評のある佐藤二朗の監督2作目(1作目は2008年にあったんですね)の作品。先ほども書いたけど、ドラマ、映画で演じる役はオトボケのおっさんが多いので、ああいうイメージを勝手に持ってましたが(某映画の舞台挨拶で直接、彼を生で見た時もトーク内容はやっぱり面白くてそんな印象ありました)、この作品では怖い怖いw 愉快そう、面白そうなだけにそのギャップが怖い怖い。
薄汚い売春宿の様子もそれなりのイメージで伝わって来たし、面白かったですね。





(021)『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(2021年6月4日公開)6/4 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★★☆☆☆(17)
・・・このシリーズのゼロ的な映画作品で、シリーズで逆刃刀を持って人斬りをしてこなかった抜刀斎が人を斬りまくってた頃の話で、彼がどうして斬らなくなったのかもここで明かされます。なので、ストーリーとしては超濃厚でよく出来ています。
が、この映画の魅力でもあるアクションシーンがぐっと減ったような気がするのが残念か。なので、ドリフト走りとかは出てきません。。
でも、先ほども書いたように話としては重みがあって良いので見て損はないと思います。





(022)『シドニアの騎士 あいつむぐほし』(2021年6月4日公開)6/4 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★☆☆(18)
・・・シドニア、面白くてテレビアニメシリーズとか見てたんですけど・・・テレビの2期って6年前だっけか?だいぶ経ってて忘れちゃってるところも多いから心配してました(苦笑)。
でも、見始めてつむぎちゃんとか緑川とかイザナとか思い出してきて、たぶんだいぶ忘れてしまった箇所も多いんだろうけど、楽しんで見れました。

凄く面白かったんだけど、1つだけね・・・ネタバレになるので伏せるけどあの死ぬ死ぬ詐欺だけはなんか安っぽくって好きじゃないかなw






(023)『Mr.ノーバディ』(2021年6月11日公開)6/15 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★☆☆☆☆☆☆(14)
・・・その道のプロフェッショナルが平凡な人生を送っていたけど、ある時そのセンスが呼び起こされる・・・そういう映画は面白いけど新鮮味というところでは薄さを感じるかな。





(024)『キャラクター』(2021年6月11日公開)6/15 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★★☆(19)
・・・FUKASEのサイコパス演技よかったなあ。まあ、ぶっちゃけサイコパス演技って特徴がありあまるくらいの役が多いんで、演じやすいっちゃー演じやすいところはあるんですけどね。それにしてもいい味だしてました。面白かったです。





(025)『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(2021年6月11日公開)6/17 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★☆☆☆☆(16)
・・・アニオタだった高校1年くらいの時に買って読んだような記憶が。でも、もう30年くらい前のことだし、たぶん最後まで読んでないので内容は覚えてない。
だから、映画でストーリーに接して「ああこんな内容だったんだっけ」と。面白かったです。
で、次回作に繋がるんですけど、次はいつなのかな?最後に予告欲しかったかな?なんか数秒イラスト出てたけど、すぐ終わったんでよくわからなかった。あれ、予告?





(026)『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(2021年6月18日公開)6/21 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★☆☆☆☆☆☆(14)
・・・1作目からそうだったけど、なんであの家族常に裸足なんだっけ?音が出にくいためだっけ?まあ、室内とかならわかるんだけど、林の中とかアスファルトの上とか普通に裸足なんですよね。何か足に刺さる可能性は莫大なわけでそっちの方が危険じゃないかと。
1作目は確か「こういう状況なのになんでそんなことするん?」ってのが幾つかあって個人的な評価は低かったんですけど。2作目はそこまでではなかったかなと。まあ、相変わらずガキめらにはイライラさせられましたが。





(027)『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021年6月18日公開)6/21 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★★☆☆☆(17)
・・・面白かったし、アクションもよかった。原作は未読なんだけど、原作通りなら普通に続編もありえそうなので期待。





(028)『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』(2021年6月18日公開)6/27 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★☆☆☆☆(16)
・・・以前、アンビリーバボーで再現してたのを見たような気がする。良かったのだけれど、残念なのは映画化ということもあり設定などを史実と少し改編してしまってるところ。実際のテストジャンパーは女性1人では無かったりね。あと、みんなの記憶にも新しいところではある話だけど、ラストあたりに実際の選手やテストジャンパ―たちの「今」を紹介してほしかった。西方のその後と女性のスキージャンプはその後正式種目になったという紹介はあったものの、それだけだったのは残念。





(029)『漁港の肉子ちゃん』(2021年6月11日公開)6/27 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★★★★☆☆☆(17)
・・・この日は初めて1DAYパスポートで朝から夜まで居続けようと決意した日で、2作品目は何にしようかと思い、『ピーターラビット2』かこの作品かで迷い、チケの売れ具合や2週間以上公開から時間が経ってて、もうすぐ終わりそうなんでこの作品
に。
1日1回上映のためか、1,2席空いてる以外は満席という状況でした。
吉本をバックにさんまがプロデュース、大竹しのぶが肉子ちゃん、その娘をキムタクの娘ということで、そういう外野向けに入る情報では叩かれやすいし、客も入らず大爆死と笑われたりしておりました。まあこの日は先ほど書いたように1日1回、しかも日曜日ということでほぼ満席だったのは間違いないんですけど、たぶん平日だと空いてるんじゃないかなとは思います。
でも、意外と良かったですよ。キム娘の心美さんもまあ巧いってほどではないにしろ、下手でもなかったし。ただ、小学生にしては大人びた声かなとは思ってたけど、キャラ自体スラっとしていて大人びた小学生っぽかったんでね。ただ、同級生の二宮くんを演じた花江夏樹・・・あの鬼滅の炭次郎やってた彼ですけど、同様に小学生の男の子には聞こえなかったですし、いいのかな?と。
151cm67kgだっけ?肉子ちゃん。その割にはデブすぎに描かれてるしとか、細かいところは気になったものの本編は人情味あってお人良しの肉子ちゃんを中心にその生活が描かれていて良かったです。
あーただ、1つ嫌な方面で気になるところが基本脇役などにもちゃんとした声優を起用していてそういうところは好感持てるんだけど、独り言を言う蝉の声を宮迫がやってるんですよね。ヤモリなどは下野紘という声優がやってるんだけど、蝉は宮迫。
無理矢理感があって、そういうところでやっぱり芸人映画なんですかね?って思わせるところがマイナス。それ以外は意外と良かった。





(030)『モータルコンバット』(2021年6月18日公開)6/27 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(3)
・・・いやー、つまんなかった。4作品も1日で見たので睡魔が心配だったけど、唯一睡魔に襲われた映画でした。
あんまり映像は綺麗でもハリウッド映画のレーザービーム発射、雷ドドド!など肉体アクション以外のエフェクト頼りのバトルは面白味がない。
もちろん、肉体アクションもある映画ではあったけどね。まあ、パスポート使用じゃなきゃこんな映画見なかったけど。





(031)『夏への扉 キミのいる未来へ』(2021年6月25日公開)6/27 イオンシネマ市川妙典にて鑑賞
★★★★★★★★★★ ★★★★☆☆☆☆☆☆(14)
・・・良かったんだけど、悪人はもう序盤で成敗されていて、後はどう過去に戻って未来につなげていくか、なんだけど実は映画で描かれてるリアルタイムでは既にその影響を未来から受けてるんですよね。
だから、過去に戻ってもネコが逃げ出すシーンや家の爆発シーンなどもその影響を受けてるってのは後々でわかってくるんですけど。
でも、その「実は」はリアルタイムの物語からも推測しやすくて、「驚き」というものは意外に少ないし、先ほども書いたように悪役は早々に淘汰されてしまうので、盛り上がりどころには欠けるんですよね。でも、そこそこ面白かったけど。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱたた
2021年06月29日 11:55
私は6月5本鑑賞でしたヨ。


「賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」…イオン三川上映無しで
車で2時間のイオン天童で妻と子が鑑賞。私は呟きネタ探しに天童を散策(^-^)

「シン・エヴァンゲリオン(4回目)」…薄い本欲しさに4回目の鑑賞。
本編新ヴァージョンなのに違いが分からずでした。5回目も検討中です。

「モータルコンバット」…内容不明ですが真田広之見たさに夫婦鑑賞。
確かに真田広之の殺陣と日本語台詞は◎。他はキャラは及第点かな…?

「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」…券当選で個人観賞。吹雪の場面が
CG丸分りで雪国在住の私的に残念。もっと胸に迫るドラマが観たかったな…。

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」…「1」に引き続き夫婦鑑賞。
野球場で教えられた手話があんな所で伏線回収や、少ない台詞の中で
過酷なサバイバル演出は見事!姉弟のクライマックスの活躍も素晴らしい!
「3」もこのトーンで展開してほしいです。(軍隊とかは世界観が合わない)

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」…我が家は岡田准一物は必ず劇場鑑賞で
「1」同様楽しみました!ドラマ部分は安定している中、アクションの
レベルが上がっていたので満足でした!続編も勿論期待大ですよね♪


7月は「ゴジラvsコング」「竜とそばかすの姫」「シン・エヴァ(5回目)」
「SEOBOK/ソボク」を予定しています。7月も劇場鑑賞での贅沢な時間を
満喫していきたいですね!
かつを
2021年06月30日 09:05
おはようございます。

結構、見てらっしゃいましたね!
シンエヴァはもう1回ほど見たいのですけど、どうも近所では真昼間に1回のみくらいで・・・。土日などの休日を使えば行けなくもないけど。。

7月は私もゴジラやそばかすは見たいですね。
あと、アニメもサブスクで見て面白くてはまってる東京リベンジャーズも期待しています。

今年は映画鑑賞50本行かないだろうと思ってたけどイオンの神サービスのおかげでなんとか50は行きそうですw