隙間(2021.J1第21節@柏:勝ち点17)

柏レイソル 1-2 横浜F・マリノス (2021.7.3 sat)


得点:(レ)細谷 (マ)オナイウ、前田





20210703a.JPG

写真は、普通は試合後の1-2とかの載せるもんなんじゃないの?と思われるでしょう。

これを載せたのはわけがあって。
実は2失点目は見てなかったんです。トイレ行ってたわけじゃないのにね。

1人少ない横浜に先制されて、「何やってんだよ・・」と思い、1人マルコス・ジュニオールの名前が消えてるスコアボードにカメラを向けました。流れたボールを古賀が後ろに処理したくらいまでは見てたかな。
後ろに戻して、まあ普通にパスで繋いで組み立てるんだろうなと思って、スクリーンを写真で撮ろうとしてたわけですが、その瞬間に周囲から悲鳴が・・・。

え?と思ってとりあえず写真を撮ってすぐゴールの方向を見たら、ゴールを決めて前田が無人のアウェイゴール裏に設置されたカメラめがけて歓喜のパフォーマンスをしているところでした。
何があったのかわからず・・・。その数秒後の写真が下になります(苦笑)

20210703b.jpg

一緒に見ていた家族に聞くとスンギュがミスしたとのこと。
帰りにSNSを見ると、柏にいて今は岐阜のGK桐畑のSNSなどを見るとスンギュはチアゴが痛んでるのを見て、ボールを出そうとしていてそれを全力で詰めてきた前田に当てられてボールを入れられたとのこと・・・。
確かに映像で確認すると、それらしい間としぐさはあったね。

でもさ、前線の前田は知らんかったかもしれないし、それよりも何よりも審判が試合止めてないんだからセルフジャッジはダメだよ。
チアゴの様子を見てほしいなら取り急ぎボールを真横に、外に出して、審判にアピールすればいい。

気持ちはわかるけど、桐畑。でも、やっぱこれはスンギュのミスだよ。詰めてきた前田に焦って前に蹴ろうとしちゃったのかもしれないどさ。

それでもスンギュをどうこう言うつもりはないけどね。今までスンギュにどんだけ救われたか。そして、これからも救ってほしいし。

ただ、そのシーンもそうだけど負けてる状態なんだし、もっと貪欲に泥臭く行ってほしいとも思うわけで。彼だけじゃなくチーム全体でね。


前半にマルコスジュニオールが神谷にぶち抜かれた腹いせか、後ろからボールに関係ないところに脚を狙いにいってVARの結果、一発レッドで退場。
それまでは柏も集中していたとは思うけど、結果的にその退場によってできた緩みから敗戦につながったんじゃないかと。

周囲からも「1人少ないのに何もできない」という声は多かった。
確かに数字上は優位ではあるんだけど、相手が守備意識をもって固めてしまうと、1人多いからといって楽になるもんじゃないのがサッカーでもある。

まして、オナイウ・前田というJリーグ屈指の速さを誇る飛び道具がある横浜はそのやり方にハメれば十分戦えることでもあったろう。
後半開始時にエウベルを下げて中盤の喜田を入れたあたり、横浜がどういうやり方でくるのかってのは想像しやすかったはず。

相手が1人少ないということで攻勢に出ようとしたことと、三原が不用意なファウルで1枚イエロー貰ってから強くいけなくなっているのを見てなのか、そのあたりから横浜はよりいっそうやりやすくなっていたようにも思う。

最初の失点もロングボールでDFの裏を走らせた横浜。前田が古賀を手玉に取り、後ろを取りクロス。
そこから失点につながった。古賀はクロスを上げさせちゃいけなかったシーン。やっぱり悔やまれる。

前田大然は鬼のようなスプリント回数を毎回記録し、本当に素晴らしく好きな選手。
そういう選手だということがわかっていたら、もっともっともっと集中してみておくべきだったように思う。

結果論だけどね。1人多いということからそういうところでどこか緩みがあったのかもしれないなと。
1人少ない横浜に完敗でしたね。


ただ、ダメなことばかりじゃない。
今年はそこそこ機会をもらっていながらリーグ戦はJ2時代も含めてノーゴールだった細谷が1点取りました。
前線で収められる選手だし、足も速い。
今まで決め切れていなかったところ、ようやくリーグ初ゴールを決められた。
これをきっかけにいい方向に爆発してくれることを願うばかりです。



とりあえず、1人少ない相手なので最悪でも引き分けで終わらなければならない試合を落としてしまった。


厳しいけど、サポーターは目の前の試合の勝利を願って応援に駆け付けるだけ!それだけ!












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント