『女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』:今日も元気にカルト映画館~第131回

最初から配給会社が”カルト”推しで売ってましたが・・・




画像

<2012.5.2  銀座シネパトス にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:京劇などでも知られる中国の物語「楊門女将」をベースにした、ジャッキー・チェン製作による歴史アクション。西夏王朝からの侵略に立ち向かって命を散らした将軍とその一族の未亡人たちが、剣術や武術を習得して復讐(ふくしゅう)を果たしていく姿を活写していく。『PROMISE プロミス』のセシリア・チャン、『アクシデント』のリッキー・レンら、実力派たちが体を張った渾身(こんしん)のアクションを披露。シリアスなテイストでありながら、荒唐無稽(むけい)な描写や展開が満載だとして中国版ラジー賞「金のほうき賞」に全部門ノミネートされた。

ストーリー:中国、宋の時代。楊宗保(リッチー・レン)が将軍を務める名門武家・楊一族の部隊は、宋への侵略を図る西夏軍を相手に戦いを繰り広げ、国境防衛の要である天門関を1か月にわたって守り抜いた果てに全滅。悲しみに沈む楊宗保の妻・穆桂英(セシリア・チャン)のもとに、兵士1万人を束ねる大元帥に息子の文広(シャオ・ミンユー)を任命して西夏軍と戦えという命令が下される。楊一族たった一人の男となった文広を守るため、そして命を奪われた夫たちの復讐(ふくしゅう)を果たすためにも、穆桂英をはじめとする楊一族の未亡人12人も戦地へと乗り込む。



お蔭様で、本業のサッカーブログよりもカルト映画などの感想文の方での来場者が多くて戸惑っている当ブログですが、お断り書きにあるように「みんながカルト映画と認めるもの」というものと、あと本当に「(個人的な願望で)カルト人気が出てほしいと願うもの」の2パターンに沿った映画感想文を書かせてもらってるのですが、もう1つありました。稀なパターンですが、こういうパターンも紹介させていただきます。
そのもう1つというものが「映画配給会社が公開前からカルト映画推ししてくるもの」ですね。
先日紹介した『セルビアンフィルム』とかあとファンの声で公開まで漕ぎ着けた『ホット・ファズ』などがそういうものに相当するかもしれません。(「ホット・ファズ」はもともとカルト人気があったものが根底にあっての公開だからちょっと違うのかもしれないけれど)


さて、そんな感じの映画会社がカルト推しで売っている本作を観に行ってきました。
(数回はみうらじゅん×安齋肇のツッコミ・コメンタリー付き上映なんてのもやってるから最初からそっち狙いなのもわかります。)


感想としては・・・「うーん・・・。ややつまんない。」
そんなところでしょうか。

宗の時代に冒頭で将軍が戦死しました。そこで遺された未亡人となった彼の妻(セシリア・チャン)が立ち上がり、復讐に燃えるというわけですが・・・なんで女性たちだけなのかわからない。
その楊門女将と呼ばれる女性だけの戦闘集団。邦題である誰が誰の未亡人なのかよくわからん。

・・・。
と、なんか色々ツッコミどころを挙げて書きたいなーと思っても、正直あんましぶっ飛んだ映画って印象は無かった(苦笑)ただの拍子抜け映画でした。

まあ、断崖絶壁みたいなところまで敵の攻撃から逃げてきて、逃げ道がなくなったときに男どもが手足を握り、対岸まで人間橋を作り、その上を婆や楊門女将たちが渡るシーンは「んなwwwアホなwww」と思ったけれど、MAXの変態シーンはそこくらいかなー。

陣形切って敵の軍団と戦うあたり面白いんだけど、作戦が風待ちとかガッカリする(苦笑)。
武器や兵器なども面白そうなものも沢山見かけるんだけど、どれもこれもなんかそれらが生きてない。
メインの戦闘はロープ?ワイヤーアクション?を駆使したカンフーバトルだったりするし。

お金かかってるのはわかるんですけれど、なんか使い方が間違ってるような気がす。

なんだろう、思ったよりもほんとに普通に見れました。
よっぽど期待値が高かったんだとは思うけれど、もっともっとぶっ飛んでてもいいような。
確かに糞映画ではありましたけれど、単純に糞な映画ってだけでその糞さを笑うにもちょっと笑いきれなかったかなーとは思います。

安斎さんとみうらさんのコメンタリー付きだったらそのトークの相乗効果で笑うことができるのかもしれないけれど、普通に見ただけでは意外とあんましツッコミどころも無かったねぇ。
あまり変な映画に慣れてしまってる私だからこその感想なのかもわかりませんが。
再度申しますと、普通の糞映画。それだけでした。





・評価:★★★★★☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(5) 
公式サイト


・暴力殴打度:★☆☆☆☆ 
・理解不能度:★★★☆☆   
・キ●ガイ度 :★★☆☆☆  
・グロゴア度 :☆☆☆☆☆
・下品汚物度:☆☆☆☆☆  
・おバカ様度 :★★★☆☆ 
・御エロ様度 :☆☆☆☆☆



【本作品・関連作品】









魁!!男塾全20巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)魁!!男塾全20巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)
宮下 あきら

集英社 2010-11-01
売り上げランキング : 36338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

"『女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』:今日も元気にカルト映画館~第131回" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]