2019.10月劇場鑑賞分映画感想

①『ジョーカー』、②『蜜蜂と遠雷』、③『ジョン・ウィック:パラベラム』、④『HiGH&LOW THE WORST』、⑤『イエスタデイ』、⑥『スペシャルアクターズ』、⑦『空の青さを知る人よ』、⑧『楽園』




ここ最近、映画鑑賞に対するモチベーションが上がりません。
といっても、恐らく一般の人よりも多い鑑賞頻度だと思います。
今月は8本。まあ、普通の人は年に3or4本見るかどうかくらいでしょうからね。

このモチベーションの低下の原因はなんとなくわかるのですが、来年の10月中旬まで貯まりに貯まったTOHOの無料鑑賞ポイントがあるので、あと11か月でそれを消化しないとさすがにもったいないので、映画を全く見ないということは来年も無いとは思うのですが、そんな感じになっていくのである程度の予告としてお願いします。
(ああ、来年の6月にシン・エヴァをポイント使って、もう何度も何度もリピートするのもアリやな!)




●『ジョーカー』
2019.10.4 TOHOシネマズ八千代緑が丘
jocker2019.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★★★★ (20)
「アメコミ映画というよりも1人のダークサイドに堕ちる人間の1つのドラマ」
今年4回目の★20
本年度★20:『七つの会議』、『アルキメデスの大戦』、『ハッピー・デス・デイ』、『ジョーカー』






●『蜜蜂と遠雷』
2019.10.4 TOHOシネマズ八千代緑が丘
mitusbachi_enrai.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★☆☆☆☆☆☆ (14)
「」






●『ジョン・ウィック:パラベラム』
2019.10.7 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
john_wick_3.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
「だんだん面白くなくなってきてるような・・・」






●『HiGH&LOW THE WORST』
2019.10.7 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
high_low_the_worst.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「対立する2校を共闘させるには、両方を騙し撃ちという典型的なヤンキーパターン。まあでも、近年貴重なヤンキー映画なのでがんばってほしい」






●『イエスタディ』
2019.10.17 TOHOシネマズ上野
yesterday.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「監督がダニー・ボイルと知らずにみた。」






●『スペシャルアクターズ』
2019.10.18 TOHOシネマズ八千代緑が丘
special_actors.jpg
・評価:
★★★★★☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (5)
「劇中劇の2段重ねでサプライズを狙ったんだろうけど、あっと驚くことはなかった。あと、公開日初日でいくら八千代という土地だからといっても、客が自分含めてたった2人はないだろ・・・」






●『空の青さを知る人よ』
2019.10.18 TOHOシネマズ八千代緑が丘
sorano_aosa_shiruhito.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★★★☆ (19)
「予告のあいみょんの唄と高校生の男女が空を飛び跳ねてるシーンを見て、そこだけで期待はかなり薄かったんですが、そのおかげかもしれないけれど、反動で結構良かったように思えます。エンドロールの写真でその後を語ってくれるのも〇」






●『楽園』
2019.10.24 イオンシネマ市川妙典
rakuen_m.jpg
・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「結局、剛はやったんか?え?やったんかっつーの!?」

"2019.10月劇場鑑賞分映画感想" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。