"超英雄祭2020"を観てきました。

超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2020 / 2020.1.22 横浜アリーナ





20200122.jpg

今年は結構迷ったんですけどね。超英雄祭、またまた行ってきました。

何故、迷ったかというと前作のルパパトは食い入るように見ていたけれど、今回の戦隊ものは間違いなく通算2回程度しか見てないんです。
だからキャラと名前とか、そのキャラのノリとか全然わからんわけですよ。たった2回(ライダー映画と同時上映の映画も含めると3回になるかな?)見ただけじゃ。

また、令和最初のライダーというゼロワン。
一応見てるんですけど、一応程度なんです。惰性で見てる感じというか。
初期から変身する女性ライダーが初登場するなんて設定は好きで、社長が主役というのも好きなんですけど社長が社長らしくないからですかね。
クールな感じの、シリーズでいえばカブトの天道とかゼロワンでいえばもう1人の社長ライダーの天津みたいなああいう空気感の社長ライダーだったら面白いかもなーと思うのですけれど、純情青年キャラってのはもうお約束の主役パターンで飽きてるんですよ。
それで、そんなに思い入れはないもののとりあえず見てるってとこで。

そんなことからも、ほぼ全く見てない戦隊と面白いと思って見てないライダーのトークショーで楽しめるのかと。
去年のルパパトとジオウが大好き同士だっただけにね。
また会場がいつもの日本武道館から改修中のために横浜アリーナでの初の開催という。

新幹線を使えば簡単に行けるけど、区間が短くても新幹線は新幹線。高い!

そんな感じであまり気ノリしないまま横アリへ。武道館の時もそうだけど、横アリもそうで。
導線作るのがくっそ下手で・・・。どこに頼んだんだろう、シミズオクトじゃないとは思うけど。
入場して入口付近は暖房が効きすぎてむしろ暑いわ、このイベントは男性も女性もほぼ同じくらいの率なのに女性トイレにするために男性トイレが臨時女性トイレになり、トイレに行くには遠くまで行かされたりとか・・・。

いろいろモヤモヤする要素がたくさんあって、正直少しモヤモヤがイライラになってたとこもあったかもしれません。
それでも、コンコースからドアを通ってアリーナに入ると、暑い空気は納まっていたし、真横の席にちょっと不愉快な20代半ばくらいのお兄さんがいたものの、たまたま右側の席が空いていたので楽に座れたりしたし、着席してからはモヤモヤとかイライラは治まった。

開演はいつもジャスト程度で始まったのにこの日は約10分押し。
ディケイドの2人が出てきて、前説みたいなものを軽くこなすんだけど、士も海東も髪の毛の色とか変わってたからかな。最初、気が付かなかった。そして、またまたハローキティとのコラボの宣伝をするのだけど、今回はディケイドとコラボということ。
キティはガンダムとコラボしたりとほんと節操ねーなと思いながら見てました。

そんなわけで開演ですが、最初はゼロワンのトークショー。
こちらはそんなわけで一応ながらもよく見てるキャストのトークショーだったので楽しく見れました。
アンジャッシュ児嶋も登壇してくれたので、あの弄りも見れて面白かったです。
次いで、リュウソウジャーのトークショー。
これはレッドの人が言っていたけど、各種イベントでみんなでのトークには慣れているということであったからか、司会者を無視して、好き勝手にしゃべるところが多くて、結果的にそういうノリに司会者も持って言っていたけれども、まあ仲の良さが物凄く感じられて、いい現場だったんだろうなと垣間見ることができました。
でも、あまりにも暴走しっぱなしでそれほどこの特撮を知らない私から見たら、「・・・。」なところも。
でもでもでも、まあこの特撮のファンは大いに楽しんでたぽいし、そのファンのためのイベントだからこれで良いのかもしれませんね。


その後はライブステージなのですが、今年は趣向が変わっていて、昭和・平成・令和をまたぐイメージ構成で、最初にゴレンジャーのカバーが歌われて、そこからしばらく昭和戦隊のカバーが。サンバルカンとかデンジマンとかバトルフィーバーJとか聞きたかったな、どうせならw
ただ、最後まで戦隊で突っ走らず、途中で昭和ライダーコーナーにスイッチ。
同じような構成でライブが行われます。

そして、また戦隊にパートが戻ってくると、戦隊のEDダンスコーナーになり、会場全体がダンス色一色に・・・。
いやー、みんな楽しそうなんだけど、オッサンはついていけませんでした(苦笑)

ライダーも同じように本編ラストのゼロワンを歌う、西川貴教とJのユニットのライブまで繋いでの約2時間50分のライブタイムでした。


また、行く前は気ノリしないとか色々言っておりましたが行ったらいったで楽しかったです。はい。
でも、ゴーストの時からこのイベント行ってるので今年で5回目かな?その中ではやっぱり一番楽しんでなかったかもしれないです。

いあー、過去の英雄祭の感想でアリーナ席は仕方ないにしてもスタンド席は小さい子供に配慮してか、みんな座って見てる人が多くて暖かいあいなことを書いた気がするのですが、この日はスタンド席でもあちこち立つ、立つ。。。
まあ、ダンスコーナーとかあるくらいだから、立ってノリノリになるのが楽しみ方としては正解なのかもしれませんけどね。
パッと見、戦隊ダンスコーナーは大好評っぽかったから、来年以降も続くんだろうなぁ・・・・。
客層は97%くらいはパッと見、成人以上の大きなお友達ばかりで小学生以下のキッズはほとんどいない。
だからしょうがないのかな。。。

あと、クウガのカバーをビバリーちゃんが歌ったりしたんだけど、やっぱり女性の声でのカバーはなぁ。。。と思ったり。

楽しい時間であることには変わりなかったのですが、どうしても過去のステージと比べてしまうとちょっと違和感が。

来年は・・・月1ライブ参戦の一環で来年の1月に何か他のライブの予定がなかったら行くと思います。(チケ取れれば。これを理由に来年も行くような気がします・・・。)
そうでなくても、3月からの新戦隊や推定来年の9月からの新ライダーが好きだったら見に行くと思います。
(お披露目で新戦隊のキャストのみなさんが登場してたけど、新戦隊は良さそうな雰囲気はありました)
そんな感じでしょうかね。総じて楽しかったけど、まあ自分の思い入れが足りなかったのでその分は、、、ってとこですかね。



start 18:39

end 21:30

""超英雄祭2020"を観てきました。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。