久保田利伸のライブに行ってきました。

TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2019-2020 "Beautiful People" / 2020.2.19 NHKホール





20200219.jpg

前から一度、ライブに足を運んでみたいミュージシャンに名前を挙げさせてもらっていた久保田利伸さん。

正直なところここ数年は聞き込んではいなかった。でも、高校・大学・社会人初期の頃はよーく聞き込んでいたので、一度ライブ行きたいってずっと思ってたんですよ。
一番好きなアルバムは兄が買って持ってて、よく借りて聞かせてもらっていた「Neptune」ってアルバム。
アルバムの入り方からもうかっこよくてね・・・。ただ、有名どころの曲はそのアルバムにないので知らない人も多いかもしれないなぁ・・・。

そんなわけで、まず久保田利伸さんのライブに行きたいって気持ちが先行していて、チケットを確保出来てから後追いするように新アルバムの曲を手に入れて、スマホに入れて予習をしながらもベスト盤も聞きながらこの日を待ち望みました!

会社に行った後でNHKホールに向かったので、18:30の開始予定時刻の少し前に到着したため、いつから始まっていたのかわからないが、会場に入ると向かって左奥のステージでDJが軽快な音楽を流して、客を迎え入れている。
開演時間が近くなるとその音楽も大きくなってきて、客を盛り上げ、そして8分押しで消灯し、公演が開始された。


アルバムの1曲目である「Beautiful People~Foreplay~」が奏でられ、ステージが始まるが久保田さんの姿が見られない。
なので、ステージの裏で歌ってるのか、音源を流してるのかはわからないが、そんな入り方です。

そして、その次に始まる「JAM fo' freedom」から久保田さんが登場し、軽快にあの今シーズンのBリーグのテーマ曲を歌ってくれるわけですよ!!
去年からBリーグファンのニワカですが、これにはもう私も大満足です!

次の曲は「Club Happiness」などけして新しいアルバムだけになるようなことはなく、実にバランスよく新アルバムをメインにしつつも、過去の名作を歌って、踊ってくれるというステージでした。

既述のように新しいアルバムももちろん聞き込んでの参加ではありましたが、やっぱり昔の名曲は嬉しいものです。聞けると。
「雨音」や「Missing」はもう名曲中の名曲ですし、特に「Missing」には感動して泣きそうな気持にもなりました。

途中はJUJUのジャズカバーアルバムに参加した時に歌った「Englishman in New York 」なども歌ってくれて。
久保田さんの歌うジャズってめっちゃオサレでかっこいいんですよ・・・。
これだけでも映像化したものほしいと思いましたね。

そして、お昼のバラエティ番組の『バイキング』(Make U Funky)の主題歌だったり、馴染みのある曲が聞けて、ラストは「LOVE RAIN」で締めてくれるという。

そして、アンコールはみんな大好き、もちろん私も大好きな久保田さんの代表曲「LA・LA・LA LOVE SONG」も聞けて、そしてアルバム曲の「その人」でフィニッシュ。

約2時間10分というステージではあったものの、バンドメンバーやコーラス隊、そしてダンサーとの呼吸がバッチリ合った素敵なステージでした。
もらったチラシに来年はアリーナパーティと書かれていたので、どこかのアリーナで記念ライブとかやってくれるんでしょうかね。
その場合は、ぜひとも行きたいですね!

初めての久保田利伸さんのライブ。そういうわけで大満足でした!!




start 18:38

end 20:53


01.Beautiful People~Foreplay~
02.JAM fo' freedom
03.Club Happiness
04.So Beautiful
05.LIFE
06.雨音
07.Free style
08.You Go Lady
09.Missing
10.killing me softly (カバー。即興でのコーラス隊の歌唱のみ)
11.Englishman in New York (スティングのカバー)
12.MAMA UDONGO ~まぶたの中に~
13.Make U Funky
14.2 Beatz
15.Bring me up !
16.FUN FUN CHANT
17.LOVE RAIN~恋の雨~

EC
18.LA・LA・LA LOVE SONG
19.その人






"久保田利伸のライブに行ってきました。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。