→Pia-no-jaC←のライブに行ってきました。

EAT A CLASSIC 7 Release TOUR 2020「The Dark Side Of The CLASSIC」振替公演 / 2020.10.11 EX THEATER ROPPONGI






20201011.jpg

個人的にライブ参戦再開となったのが先日の10月7日。
そこからすぐ本公演に参加することに。

そのライブはPJのライブです。

確か東京公演って当初は3月か4月の土曜日か日曜日の公演だったような。
基本的に土日はレイソル優先なので、たぶん被ってたのでスルーしていて、いつが延期前の日程だったか覚えてないですが、そんなところだったと思います。

それでも、コロナで延期し、それを切っ掛けに今年もPJのライブを観に行けました。PJ自体は去年の1月ですから、1年9カ月ぶりですかね。
ほぼ2年ぶりですね。

先日のマキ姐もそうですし、このPJもそうですし、来月予定してるライブもそうですが、コロナ禍でのライブ再開公演は当初はサッカーの日程と被りを気にしてギリギリまでチケを購入せずに様子を見ていたり、日程が被っていて鼻からチケを買わず諦めていたりした公演ばかりで、これも何かの縁なのかなとそんなものを感じます。

コロナ禍でのライブは先ほども書いたように2度目。
でも、大黒摩季の時とは違って、そんなには厳しくはなかったかな。
もっとも開場からの開演の間が30分だけなので厳しくできないのかもしれないが。
身分証明書を持参~と書いてあったのに全然チェックなかったしね。

まあでも、色々なところでコロナ対策への配慮はあるので、もちろんきちんと運営はされていたと思います。
客席も1席間を空けての客入れでしたしね。

でも、客は1Fのみ解放で6割くらいだろうか。1Fは約700人収容でその半分の350。その6割だと約210人くらいでしょうか。

もちろん、このような状況下なのでPJが好きでも足を運ぶのも躊躇した人も多いでしょう。

でもでも、楽しみたい気持ちもあるし、PJの2人もライブで音楽を共有し合えて本当に嬉しいと言ってくれておりました。
やっぱり、生です。ライブです。

直前の注意事項アナウンスはHIROが行うのですが、この日も客のみんなは叫んだりできないけど、その代わりに私たち(PJの2人)がみなさんの分まで叫びます!と言ってくれたりし、もうそれは最大限の配慮の元で決行してくれました。

17:01、客電が落ちてライブが始まり、EAT A CLASSIC 7から静か目の「ムソルグスキー: 組曲「展覧会の絵」~プロムナード」でスタート。
正直、このライブもともと行く予定がなかったので全然予習とかしてないんだよね(苦笑)
でも、有名なクラシックの楽曲を扱っていたので、名前を知らなくても「ああ、聞いたことある!知ってる!」って曲が並ぶ。
のだめカンタービレなんかでも演奏されてた曲なんかも出てきてたしね。

最初の方のMCで大声出さなければ、笑うも良いし、立ったり座ったり自由にしても良いです。と言ってくれたので、本当に自由にみんな楽しくライブを楽しんでおりました。

このような状況なのでタオルを振り回す曲や、みんなと手を繋ぐエンディングなどはなかったが、大きく手拍子で乗って、大きく腕を振って、許される範囲で最大限にみんなでこのライブを楽しんだ。そんな2時間でした。

そして、最後に
「いつも僕らは公演後にサイン会や握手会をするのですけれど、こういう状況でそれもできません。だから、何か出来ることを考えました。」
と、言って出した案が、客を送り出す演奏を生で弾き続けるということでした(笑)
むかーーーーし、THE ALFEEが開場後のお客を入れる客入れの音楽を自分たちが演奏し、唄って行うってことをやったことがあるというのをどこかで聞いたことがありますが、その逆です!
これでは誰も帰れなくなっちゃう(笑)とみんな思ったのを察してか、
「ずっと座ってて、その後別の曲になったり、盛り上がったりするかと思うでしょ?でも、そんなことないし、最後の1人が帰るまで僕ら演奏してるけど・・・わかってるよね、さっさと帰ってや(笑)」
と言い、笑いを誘っていました。

そんな送り出しの曲「HAPPY」を耳にしながらホールを後にしました。

久しぶりのPJのライブだったけど、やっぱりすごく楽しかったです。
ボーカルなしでこれだけ会場を沸かせられる人ってそうそういないですしね。


本当はタオルぶんぶん回して楽しみたかったけど、それはまたいつかのお楽しみで・・・。
(あ、締めの隣の人と手を繋ぐあれは苦手・・・)





start 17:01

end 18:54 (遅くまで残ってた人はend時刻はもうちょっと遅いかも)


セトリ(LiveFansさんより引用

01.ムソルグスキー: 組曲「展覧会の絵」~プロムナード
02.ドヴォルザーク, ショパン: 8つのユーモレスク 作品101 第7曲 変ト長調 & ワルツ 第1番 変ホ長調 作品18「華麗なる大円舞曲」

03.ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー 変ロ長調
04.ベートーヴェン: ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2「月光ソナタ」第1楽章
05.ジムノペディ 第1番

06.メドレー
交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」 第4楽章 [ドヴォルザーク]

ボレロ~歌劇「カルメン」よりハバネラ

メドレー (ウィリアム・テル序曲~ピアノ・ソナタ 第2番 第3楽章 変ロ短調 作品35「葬送」)

交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第4楽章 [ベートーベン]

07.リスト:パガニーニ大練習曲集 第3曲「ラ・カンパネラ」嬰ト短調

08.shine
09.台風
10.METROPOLIS
11.ショパン: 練習曲 作品10 第3番 ホ長調「別れの曲」

EC
12.Jack
*13.HAPPY (客送り出し生演奏)




"→Pia-no-jaC←のライブに行ってきました。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。