テーマ:今日も元気にカルト映画館

今日も元気にカルト映画館~第129回『イレイザーヘッド』: ATB10(5)

これこそ真の”鬱映画”! あらすじなどはgooより 解説 - イレイザーヘッド フィラデルフィアの工業地帯を舞台に、1人の青年の周囲に起こる奇怪な現象をシュールなタッチで描く。製作・監督・脚本・製作デザイン・編集・特殊効果は「エレファント・マン」のデイヴィッド・リンチで、彼が個人資金で作り、AFIが出資協力したもの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第128回『赤い密室(へや) 禁断の王様ゲーム』

Z級のオリジナルビデオです。 あらすじなどはamazonより 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 誰もが一度は経験したことのある「王様ゲーム」を引き金に、人間の本性が暴露されるエロスドラマ。真っ赤な照明に照らされた不気味な部屋で、賞金欲しさに「王様ゲーム」に興じる4人の男女。だが、彼らのバトルと命令は次第に激しさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第127回『時計じかけのオレンジ』: ATB10(4)

これから文字数考えて「オールタイムベスト10」兼用の時はATB10と略します。なんかちょっとAKBみたいで気になるけど(苦笑) あらすじなどはgooより 解説 - 時計じかけのオレンジ 人々は生活を賭けた労働から解放され、衣食住の心配をすることがなくなった世の中。15歳のアレックス少年は、機械的に規則正しく過ぎてゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セルビアン・フィルム』を観てきました。:今日も元気にカルト映画館~第126回

嗜好の表と裏 <2012.3.9 シアターN渋谷 にて鑑賞。> あらすじなどはシネマトゥデイより チェック:生活のために高額ギャラの仕事を引き受けた元ポルノ男優が、悪夢のような出来事を体験する戦慄(せんりつ)のハードコア・スリラー。そのあまりにも過激でグロテスクな内容から、世界各国のホラー・ファンタジー系映…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第125回『ロボコップ』:オールタイムBEST10③

今回カルトコーナーとオールタイム10コーナーを同時にやってみました! この映画。私が中学生の頃にロードショーになったんですよ。 結構、大ヒットしていたイメージがあるのでごく一部の人たちのための映画って感じではなかったので今までここで紹介してこなかったんですけれどもね。 でも、公開から24年。 3作目まで劇…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第124回『ムカデ人間2』

20歳以下、閲覧禁止! ※日本でDVD販売になるか、もしくは劇場公開された場合はそれに準じたタイトルに書き直します。 2012年7月14日よりR18でロードショー公開決定だそうです。タイトルも「ムカデ人間2」でOKだそうです。 あらすじなどは海外wikiの翻訳(英語力がない私なのでサイトの直訳をベースに個人的な意訳あり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第123回『ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ ~血まみれの天使~』

『キル・ビル』へ あらすじなどはamazonより 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 「キル・ビル」シリーズのダリル・ハンナ演じるエル・ドライバーのモデルとなった作品をDVD化。幼少期に変態オヤジに襲われ言葉が喋れなくなった美少女・フリッガ。成人後、男に騙され売春婦となり、片目までも奪われた彼女は復讐を開始す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ヒミズ』を観てきました。:今日も元気にカルト映画館~第122回

園子温 x 染谷将太 x 古谷実 <2012.1.14 TOHOシネマズ 船橋ららぽーとにて鑑賞。> あらすじなどはシネマトゥデイより チェック:『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を映画化した衝撃作。ごく平凡な15歳の少年と少女の運命が、ある事件をきっかけに激変する過程を園監督なら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第121回『ヒルコ / 妖怪ハンター』

20年前から気になっていた作品でした。 あらすじなどはgooより 諸星大二郎原作「海竜祭の夜」の映画化で、脚本・監督は「鉄男」の塚本晋也。撮影は「大誘拐 RAINBOW_KIDS」の岸本正広がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋) 解説 - 妖怪ハンター ヒルコ ある田舎の中学校にて巻き起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第120回『悪魔の植物人間』

鑑賞は『ザ・フリークメーカー』という原題で出ていた時のDVDにて。 あらすじなどはgooより(途中まで引用) 解説 現代科学の進歩をベースに、人間と植物を合成した怪奇な植物人間を創り上げるというホラー映画。製作総指揮はJ・ロナルド・ゲッティ、ロバート・D・ウェインバッハ、監督はカメラマン出身で「あの胸にもういちど」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第119回『イディオッツ』

偽善を嘲り笑う あらすじなどはgooより 本作品は昨年のカンヌ映画祭パルムドールを受賞し大ヒット記録中の『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の前に製作されていた作品。『奇跡の海』で“過剰なまでに感情的”な表現手法を確立したトリアー監督が、もはやその作品を形容する際の代名詞になったともいえる得意の全篇手持ちカメラによる撮影(自ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第118回 『顔のない眼』

古典名作 あらすじ、解説はgooより 解説 今までの怪奇映画とは違い、新聞の三面記事的な事件の設定から、恐怖の本質をつこうとするもの。「白い少女」のジョルジュ・フランジュが、ジャン・ルドンの同名小説にもとづく、ボワロー・ナルスジャック、ジャン・ルドン、クロード・ソーテの共同脚本を監督した。台詞はピエール・ガスカル。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第117回 『新・死霊のはらわた』

『コリン』のような低予算映画ですが、これも面白い! 内容紹介 解き放たれたゾンビたちに殲滅部隊「ゾンビ・スクワッド」が立ち向かう! サム・ライミ製作総指揮の幻のゾンビ映画が、ついにデジタル・リマスター版で日本初DVD化! 8ミリで撮影された自主映画ながらも、今なおゾンビ映画ファンの間で語り継がれる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ムカデ人間』を観た。:今日も元気にカルト映画館~第116回

久しぶりにこのコーナー更新 (あらすじなどはgooより) オランダの鬼才トム・シックスが叩きつける衝撃のインモラル・センセーション。オランダ、イギリスの合作でドイツ人俳優ディーター・ラーザーを主役に迎えた本作は、誰しもの想像を絶するショッキングな内容から、本国やアメリカで公開された途端、大きな物議を醸し映画界を震撼させた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『コリン LOVE OF THE DEAD』を観てきました。:今日も元気にカルト映画館~第115回

地震による鑑賞休止前の最後の鑑賞作品。 <2011.3.9 ヒューマントラストシネマ渋谷 にて鑑賞。> あらすじなどはgooより 製作費わずか45ポンドで作られ、その低予算とは思えない完成度の高さで国際マーケットで話題騒然となり、レインダンス映画祭最優秀マイクロ・バジェット映画賞をはじめ数々の映画祭で賞を獲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『冷たい熱帯魚』を観てきました。:今日も元気にカルト映画館~第114回

人生二度目の京成ローザへ! <2011.1.29 京成ローザ10 にて鑑賞。> あらすじなどはシネマトゥディより チェック:上映時間約4時間の『愛のむきだし』などで話題となった鬼才、園子温監督による人間の狂気と愛を描いた作品。実際の猟奇殺人事件に触発された園監督が、猟奇殺人事件に巻き込まれることになる男性が…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第113回 『アメリカンゴシック』

変人一家 あらすじなどはgooより あらすじ 不注意から赤ん坊を死なせ精神を病んだ若妻のシンシア(サラ・トーゴフ)を含む、六人の男女がバカンスに出かけることになった。だが彼らの乗った水上飛行機は故障のためある小島に不時着する。その島には老夫婦(ロッド・スタイガー、イヴォンヌ・デ・カーロ)とその子供たちがひそんでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第112回 『黒い太陽七三一 II 悪魔の生体実験室』

※2011.5/23追記。まさかのDVD化決定 あらすじなどはallcinemaより 【解説】  1946年、731部隊の残党がある屋敷に集められる。招待主は謎の外人女性で、彼等から731部隊の機密を買おうとする。話そうとする仲間を引き留めるため、部隊員の一人、飯田太郎の物語が回想される。飯田は人体実験、細菌を充填した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『マチェーテ』を観てきました。:今日も元気にカルト映画館~第111回

2010年公開作品劇場鑑賞100本達成! <2010.11.8 ワーナーマイカル市川妙典 にて鑑賞。> あらすじなどはワーナーマイカルHPより 【ストーリー】 すご腕のメキシコ連邦捜査官マチェーテ(ダニー・トレホ)は、正義感の強さがあだとなり、麻薬王トーレス(スティーヴン・セガール)に妻子を惨殺されてしま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第110回 『人肉ラーメン』

このコーナーって安定のカニバリズム率 あらすじなどはamazonより ・内容紹介 マッハ!やチョコレートファイターを生んだ、ガチンコ映画の国タイから生まれた、情け容赦ないスラッシュムービー ・内容(「キネマ旬報社」データベースより) 人肉を使ってラーメンを作る女の狂気を描いたタイ発のサスペンスホラー。ラーメン屋を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第109回 『ホラー喰っちまったダ!』

奇跡の2日連続このコーナー更新 あらすじなどはallcinemaより 【解説】  夫婦げんかの末、妻を殺してしまった男が、試しに妻の身体をレンジで調理して食べてみる。思いがけずイケることを発見した彼は、それ以来、人肉を求めて街をうろつくようになる……。コミカルな味付けのホラー。 いやあ、正直つまんなかったです(苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第108回 『ザ・クレイジーズ』

今週、この作品のリメイク作品を見るので復習鑑賞しました。 あらすじなどはgooより 妻を殺害し、二人の子どももろとも我が家に火を放つ男。それが事件の始まりだった。消防士のデヴィッドは同僚のクランクと共に火災現場へ急行し、デヴィッドの恋人ジュディもまた勤務先の病院に向かう。そこには白装束の一団と軍人たちがいた。伝染病が発生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第107回 『愛欲のえじき』

したいとしたい? あらすじなどはallcinemaより 【解説】  葬儀を執り行う教会を訪れては死者に触れ、くちづけをかわすリンジー。彼女は死体にしか愛情を抱けない女だった。屍体愛好者である葬儀屋のフレッドはその事に気づき、リンジーを仲間に引き込もうとする。やがてリンジーは画商のマーティンと恋に落ち結婚するが、どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キャタピラー』を観た。:今日も元気にカルト映画館~第106回

僕のエントリーで一番アクセスがあるのが『肉だるま』の記事です。(注:リンク先、微グロ注意) <2010.8.23 ヒューマントラストシネマ有楽町 にて鑑賞。> あらすじなどはgooより 一銭五厘の赤紙1枚で召集される男たち。シゲ子の夫・久蔵も盛大に見送られ、勇ましく戦場へと出征していった。しかしシゲ子の元に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第105回 『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』

久しぶりにこのコーナーを更新!!!! あらすじなどはgooより あらすじ 寛永5年、長崎。長崎奉行所与力・佐々木伊織は、狩りに出かけ、まむしに噛まれてしまうが、丁度、通りがかった野良着姿の登世が、何のためらいもなく唇を真っ赤に染めて伊織の肌から毒を吸い出した。数日後、伊織は登世の家を訪ねるが、禁教令にそむく邪宗徒として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『隣の家の少女』を観た。:今日も元気にカルト映画館~第104回

輸入版DVD鑑賞:NTSC リージョン1 あらすじなどはgooより 1958年、閑静な郊外の町での、ひと夏の出来事…。12歳の少年デイヴィッドの隣に住むチャンドラー一家に、ミーガンとスーザンのローリン姉妹が越してきた。凄惨な交通事故で両親を失い、孤児になってしまった二人は、伯母のルス・チャンドラーの元に身を寄せることにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第103回 『のぞき魔!バッド・ロナルド/十代の異常な欲望』

リフォームは匠の業 解説はallcinemaより 【解説】  3人娘を抱えた一家が越してきた旧家に奇怪な人影が現れる。それは以前からこの家の秘密の隠し部屋に住んでいた精神異常の少年だった……。奇妙なシチュエーションの特異なサイコ・スリラーで、タイトにまとめあげられた小品。怪奇短編の味わいがある。 すごい久…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第102回 『悪魔の追跡』

これがほんとに”カルト”映画(扱うという意味でね) 解説・あらすじはgooより 解説 キャンピング・カーで旅する4人の男女と悪魔崇拝集団の戦いを描く。製作総指揮はポール・マスランスキー、製作はウェス・ビショップ、監督は「クレオパトラ危機突破 ダイナマイト諜報機関」のジャック・スターレット、脚本はリー・フロストとウェス・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第101回 『ミディアン』

デヴィッド・クローネンバーグ”を”観る作品。 あらすじなどはgooより 解説 禁断の秘密都市“ミディアン"に足を踏み入れた青年が直面する恐怖を描くホラー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソンとジョー・ロス、製作はガブリエラ・マーティネリ。クライヴ・バーカーの原作『死都伝説』を、自ら監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『愛のむきだし』を観た。:今日も元気にカルト映画館~第100回

急遽差し替え あらすじなどはgooより 幼い頃に母を亡くし、神父の父テツと二人暮しのユウ。理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見ながら、平和な日々を送っていた。しかしテツが妖艶な女サオリに溺れてから生活は一変。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツはユウに毎日「懺悔」を強要するようになる。父との繋がりを保つために盗…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more