テーマ:今日も元気にカルト映画館

今日も元気にカルト映画館~第99回 『エル・トポ』

久しぶりにホドロフスキー あらすじはgooより(途中まで) あらすじ エル・トポ(アレハンドロ・ホドロフスキー)は流浪のガンマンで、息子ブロンティス(ブロンティス・ホドロフスキー)を連れて旅をしている。ある日、村を襲った山賊を退治した。退治した大佐の女マーラィ(マーラ・ロレンツィオ)を見染め、息子を置き去りにし女と出発…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『グロテスク』を観た。:今日も元気にカルト映画館~第98回

”痛い”映画。文字通りの意味でも、違う意味でも。 あらすじはgooより 初デートの日、喫茶店で恥ずかしそうに向き合う男女。和男は、会社の同僚であるアキに想いを寄せている。そんなデートの最中、二人は突然何者かに襲われ、見知らぬ地下室で目を覚ました。手足は拘束され、口には猿ぐつわ。完璧なる監禁に、事態を飲み込むことができるは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第97回 『悪魔の赤ちゃん』

こんな時に録り貯めが役に立つ 解説・あらすじはgooより 解説 生まれた赤ん坊がお産に立ち合った医師と看護婦の惨殺死体を残して姿を消した……ロサンゼルスの街を恐怖のどん底に叩き落とした怪奇な事件を描く。製作・監督・脚本はラリー・コーエン、製作総指揮はピーター・サビストン、共同製作はジャニール・コーエン、撮影はフェントン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第96回 『大脳分裂』

危険な妄想爆発 内容説明とかはamazonより。  内容(「キネマ旬報社」データベースより)理性を司る左脳が完全に破壊され、直感力と想像力を司る右脳だけで生きる男は、まさに人間の凶悪性を象徴する存在となる。理性の抑制が無くなったことで、心の奥に潜んでいた妄想だけが自我となってしまう。ストックホルム他、各国の映画祭に正式出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第95回 『ハピネス』

ハピネスハピネスハッピネス、ロリネスロリネスロンリネス 解説・内容はamazonより 新鋭トッド・ソロンズ監督による愛と笑いと風刺がたっぷりの群像劇。アメリカのニュージャージーで育った三人姉妹。今は家庭をもったり、仕事をしていたりとそれぞれの道を歩んでいる。彼女たちとそれを取り巻く人々のさまざまな思いと日々。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第94回 『ザ・キープ』

まるでゴーレム。 あらすじなどはgooより 解説ある城郭に閉じ込められていた怪物をめぐるオカルト映画。製作はジーン・カークウッドとハワード・W・コッチ・Jr。監督・脚本は「ザ・クラッカー」のマイケル・マン。原作はF・ポール・ウィルソンの『城塞』(角川文庫)。撮影はアレックス・トムソン、音楽はタンジェリン・ドリーム、視覚効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第93回 『丑三つの村』

ナイスおっぱい あらすじなどはamazonより 内容紹介 皆様方よ、今に見ておれで 御座居ますよ・・・・・・ 「これほどまでに危険な映画は日本映画史上かつてなかった!」 昭和13年岡山県苫田郡西加茂村で起こった有名な大量惨殺事件“津山三十人殺し”を描いた異色作! <ストーリー>戦時下の昭和13年、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第92回 『おそいひと』

輸入盤DVDで逆輸入して鑑賞。 あらすじはgooより 電動車椅子で移動し、ボイスマシーンで会話する重度の身体障害者・住田は、介護者のサポートを受けながら一人で暮らしている。また、バンドマンの友人たちと時に酒を飲みながら、平穏な日々を過ごしていた。やがて、彼のもとに介護を経験したいという大学生・敦子が現れる。その時から住田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第91回 『ミート・ザ・フィーブルズ/怒りのヒポポタマス』

珍しい”怪作” 解説・あらすじはgooより 解説 パペット(人形)だけによって構成される劇団のスキャンダラスな内幕を描くブラック・コメディー。監督の「バッド・テイスト」のピーター・ジャクソンがジム・ブースと共に製作を兼ね、脚本はフランシス・ウォルシュ、スティーブン・シンクレア、ダニー・マルヘロンとジャクソンの共同、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第89回 『ザ・バニシング- 消失 -』

日本未公開の秀作サスペンス映画の紹介です。 あらすじはAmazonより。 Amazon.co.jp オランダ人の若者レックスは、恋人サスキアとともにフランスへの自転車旅行に出かけた。しかし帰国途中にサスキアが姿を消してしまい、レックスは以後3年にわたって恋人を捜し続ける。この心理サスペンス作品『ザ・バニシング 消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第88回 『新しい神様』

軸足ぶれる あらすじはyahooより。  民族派パンクバンド“維新赤誠塾”に属する雨宮処凛と伊藤秀人。デジタルビデオを介して彼女たちと、彼女たちとコミュニケートを試みる反天皇派監督の姿を赤裸々に描いた衝撃のドキュメンタリー。主人公、雨宮処凛は子供の頃に手ひどくいじめられた経験があり、成長してからも社会の中に自分の存在価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第87回 『シリアル・ママ』

ジョン・ウォーターズのキチガイ映画 解説・あらすじはgooより(途中まで) 解説 社会に溢れる理不尽な輩に怒りの鉄槌を降り下ろし、殺人を繰り返す良き家庭の平凡な主婦の姿を通して、現代人の心の中に巣食うフラストレーションと怒りと殺人衝動を鋭くえぐる悪趣味なブラックユーモアに満ちたホーム・ドラマ。ドラマは実録形式で描か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第86回 『東京残酷警察』

しいなえいひは角度によって美人にも不美人にも見える。 解説とかあらすじはgooより。 近未来・東京。自らの肉体を凶器化して無差別殺人を繰り広げるミュータント“エンジニア”と、それを狩り出すために民営化された警察組織“東京警察株式会社”。その壮絶な闘いの中で、ルカはためらうことなく“エンジニア”を殺戮し、治安維持のために貢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第85回 『吐きだめの悪魔』

良い意味でゴミ屑映画(笑) あらすじなどはgooより 解説 古い安物ワインを飲んだ浮浪者が続々と溶け、爆発するというホラー。製作・脚本はロイ・フランクス。監督はジム・ミューロー。撮影はデイヴィッド・スパーリング、音楽はリック・ウルフィック、特殊メイクはジェニファー・アスピナルが担当。出演はビル・チェピル、マイク・ラッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第83回 『プリティ・ベビー』

バ㌍タ 解説 1910年代のニューオリンズの赤線地区を舞台に、淫売の子として生まれ、育った12歳の少女が、頽廃にまみれながらも、愛情を求めて生きてゆく姿を描く。製作・監督は「ルシアンの青春」のルイ・マル、脚本は「スター誕生」のポリー・プラット、原案はポリー・プラットとルイ・マル、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第82回 『ブラッド・エイプリル・フール』

4月バカ 日本未公開映画のしかもDVD化されていない昔の作品だからでしょうか? いいあらすじ引用元が見つからないので、今回はよく参考にさせてもらっています「死霊のゴアゴア洋画劇場」様のあらすじ紹介より引用です。 あらすじ アメリカのどこにでもあるようなハイスクールが舞台の物語。 4月1日のエイプリルフールの日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第81回 『マン・ハンティング -人間狩り-』

餌付け禁止 あらすじはgooより 解説 東アフリカ、ケニアのジャングル地帯を舞台に、旱魃から人間を襲い始めたライオンと、包囲された白人家族の対決を描く。製作総指揮はデレク・ギブソン、製作はサンディ・ハワードとラルフ・ヘルファー、監督はロバート・コリンズ、撮影はロニー・テイラー、音楽はパトリック・ケネディ、特殊効果はロイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第80回 『処刑教室』

世紀末救世主伝説 解説、あらすじはgooより。 解説 ある地方の高校に赴任して来た教師と、学園を牛耳る不良学生の対決を描く。製作はアーサー・ケント、エクゼキュティヴ・プロデューサーはマーク・レスターとメリー・リン・ロス。監督は「ローラー・ブギ」のマーク・レスター。脚本はレスターとジョン・サクストン、トム・ホランドが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第79回 『女優霊』

・・・本物の・・・ゆ・・・ゆうれいが出てるよ・・・。 あらすじ、解説はgooより。 解説 未現像だったフィルムの発見を機に、撮影所内で次々に起こる奇怪な出来事を描いたホラー映画。監督は故・神代辰巳や澤井信一郎の助監督をつとめてきた、OV『裏盗撮ナンパ道』の中田秀夫で、劇場用としてはこれがデビュー作となる。脚本を「ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第78回『タクシデルミア ある剥製師の遺言』

ゲロ、グロ、エロの三拍子。(でも、エロは特殊な方向性で。) あらすじはgooより。 兵士モロスコヴァニは、上官の中尉とその太った妻と二人の娘しかいない人里離れた前哨地点で、奴隷のような生活を送っている。不倫により彼の子を宿した中尉の妻はカルマンを産む。成長し、巨漢になったカルマンは、共産政権下のハンガリーで国を代表する早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第77回『血のバレンタイン』

2/14には3Dでリメイク版公開です。 解説・あらすじはgooより 解説 小さな鉱山町を舞台にバレンタイン・デーにまつわる不可解な殺人事件を描くホラー映画。製作はジョン・ダニング、アンドレ・リンクとスティーブン・ミラー、監督は“Pinball Summer"のジョージ・ミハルカ、脚本はジョン・ビアード、撮影はロドニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第76回『ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団』

ウルトラ兄弟によるゴモラへの壮絶リンチ! あらすじはgooより あらすじ 突然、太陽の活動が激しくなり、燃えさかる炎となって、地球に接近し始めた。焼けるような太陽が降りそそぐタイ国の寺院の広場では、伝説の白猿ハヌマーンのお面をかぶった少年コチャンと友達のアナンダ2人による雨乞いの踊りが行なわれていた。ちょうどそのこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第75回 『薔薇の葬列』

ピー夕一(ぴーゆういち) 解説・あらすじはgooより 解説 実験映画、記録映画、テレビ、ラジオ等の作品を発表してきた松本俊夫が自から脚本を書き、監督した異色作。撮影は、「キューバの恋人」の鈴木達夫が担当した。 あらすじ エディは、ゲイ・バー“ジュネ"のNO1だったが、経営者の権田と情事を持った。権田と同棲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第74回 『スウィート・ムービー』

キチガイ・ムービー あらすじ・解説はgooより。 解説 処女かどうかを鑑定するコンテストで選ばれたミス・ワールドの体験する出来事と、女船長の支配する船に乗り込んだ水兵とその女船長の行動を並行して描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはエレーヌ・ヴァジェール、製作はヴァンサン・マル、監督・脚本は「コカコーラ・キッド」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第73回 『ありふれた事件』

最近この手の記録物が多いですが、これは1992年の作品です。 あらすじはgooより(途中まで引用) あらすじ 監督のレミー(レミー・ベルヴォー)、カメラマンのアンドレ(アンドレ・ボンゼル)、録音技師のパトリック(ジャン・マルク・シュニエ)の撮影クルーは、殺人犯ベン(ブノワ・ポールヴールド)のドキュメンタリー映画撮影のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『落下の王国』を観た。:今日も元気にカルト映画館~第72回

ちょっと小汚い映画館で、美しい映画を。 あらすじはgooより 1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入院中の5歳の少女、アレクサンドリア。人懐こい少女は、あどけない笑顔で病院中の人々に可愛がられていた。ある日、足の怪我でベッドから起きられない青年と知り合う。病室に入ってきた利発そうな少女に、青年は自分が作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第71回『ディレンジド~人肉工房~』

翻訳・佐川一政 解説はallcinemaより 【解説】  「サイコ」「悪魔のいけにえ」、そして近年では「羊たちの沈黙」と、数々の映画の基となった実在の殺人鬼“エド・ゲイン”をモデルに描いたサイコ・スリラー。74年に製作・公開されたが、その後、製作者が消え、フィルムが行方不明になるなどして長い間、幻のカルト作品と化し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も元気にカルト映画館~第70回『博士の異常な愛情』

(タイトルのつづき) または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』 あらすじはgooより 合衆国の戦略空軍基地。リッパー将軍の副官として赴任したマンドレイク英空軍大佐(ピーター・セラーズ)は、突然「R作戦」開始の命令をうけて愕然とした。ソ連攻撃に備えた緊急かつ最高の報復作戦「R」を下令するのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more