起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『TOKYO TRIBE』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/09/17 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

園子温監督の作品?ちょっとカラーが違うような。




画像

<2014.8.31 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:井上三太の人気コミック「TOKYO TRIBE2」を実写化したアクション。近未来都市を舞台に、ストリートギャングの若者たちが繰り広げる抗争の行方を映す。メガホンを取るのは、『冷たい熱帯魚』『地獄でなぜ悪い』などの園子温。主演を務める『HK/変態仮面』などの鈴木亮平とラッパーのYOUNG DAISを筆頭に、佐藤隆太、中川翔子、染谷将太、でんでん、窪塚洋介、竹内力などバラエティーに富んだ顔ぶれが結集。彼らが織り成す熱演や怪演に加え、園監督ならではの鮮烈な演出も光る。

ストーリー:数多くのトライブ(族)がひしめき、それぞれが自分たちの暮らす街を暴力で牛耳る近未来のトーキョー。ブクロWU-RONZを率いるメラ(鈴木亮平)は、何かと敵視していたムサシノSARUのメンバーである海(YOUNG DAIS)と衝突する。そして、それが引き金となって、シンヂュクHANDS、ブッバ家や怪しげな者たちを巻き込んだ一大抗争が勃発してしまう。トーキョーの各地で暴力が吹き荒れるが、その一方でさまざまな愛と友情をめぐるドラマも交錯していく。


※9/28まで有効のTOHOシネマズフリーパスポートで6回目の鑑賞。前売りと 想定すると+1400円でここまで【\8,500】購入からここまででプラスになっております。

園子温監督の作品は好きなものが多く当然期待して鑑賞したのですが・・・うーん、ちょっとどれも弱いような。

近未来の東京を舞台とした作品で、池袋だの渋谷だの武蔵野だのを縄張りにした若者の抗争などがあるような架空の設定での作品で。
あれですよ、近未来の『池袋ウェストゲートパーク』みたいなもんです。

その世界観を最初に登場した染谷将太がラップに載せて語るのですが、いかにも主人公的な雰囲気あったのに彼はストーリーテラーとしての立場であり、主人公ではないんですね。

この映画で面白いのは主人公と明らかに定義付けられるような人物がいないことでしょうか。
結局、クレジットの最初に出てきたのは鈴木亮平。彼はメラという人物で言わば敵役のラスボス的存在。
クレジットで言えば2番目かラストに出てくればそれっぽいのですが、トップに登場するとちょっと違和感が。

もちろん架空の東京が舞台ということでロケも難しいのでしょう。
全編セット撮影だったようにも思いますが、このこじんまりとした地域の抗争やそうした窮屈そうなセット撮影のためか。どこか狭さを感じるような本編だったようにも思います。

この映画の指定されているR15と言えばドラッグ、エロ、バイオレンス描写。
そのあたりがまとわりつきますが、園監督にしてはバイオレンス描写は意外と地味。
去年の『地獄でなぜ悪い』がトロマ映画ばりに人体破壊、流血の海をやっておきながらR15じゃなくてPG12でしたが、そっちも相当意外でこっちも相当意外。
エロいシーンもありましたが、そこまで行き過ぎてるような気もしませんでしたしね。
アングラ世界のお話も絡んでるということで、そっちに中学生が憧れちゃいけないということなんでしょうかね?
よくわかりません。


まあ話はとっても浅く、鈴木亮平たちの組織と戦うためにいがみあってた各地域の人たちが集結して最後は大バトルを広げるという展開。
まあ、よくありますね。

園監督ならもうちょいひねるところかな?と思ったのに、あまりひねりもない展開で。
また、最後の方に巨大な換気扇に人が巻き込まれて死ぬシーンがあるんですけれど、しょぼいCGでぶしゃっと一気に潰れて殺すというシーンはギャグっぽくって、まるで井口昇監督が作ったかのようなシーンで。


バイオレンスもエロも「ちゃんと伝える」や「希望の国」など郷愁を誘う作品も出来たりと本当に多彩なのにこの映画に関しては本当に凡作と呼ぶにふさわしいほど普通の作品でした。


いや、つまんなくはないんですけど、本当に普通すぎて困った(苦笑)
とりあえず次回作に期待します!




・評価:★★★★★★★★★★★
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
・公式サイト

【関連作品】










池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX

ジェネオン エンタテインメント 2000-10-25
売り上げランキング : 4192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『TOKYO TRIBE』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる