起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『劇場版 零〜ゼロ〜』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/10/06 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

由利 徹




画像

<2014.9.26 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:本作が初の映画出演となるモデル出身の中条あやみをヒロインに迎え、ホラーゲーム「零〜zero〜」を基に映画化した学園ホラー。学生寮を舞台に、少女たちが連続で行方不明になるという事件に巻き込まれていく模様を描き出す。『リアル鬼ごっこ』シリーズなどの安里麻里が監督と脚本を務め、民俗学者で作家でもある大塚英志の原作を映像化した。謎が謎を呼ぶ物語に引き込まれる。

ストーリー:アヤ(中条あやみ)は山間部の町にある、ミッション系女子高校の学生寮で生活していた。ある日、彼女はまるで自分の死を予告するような鮮やかなビジョンを見て以来、部屋に引きこもるようになる。それと同時にあちこちで少女の幽霊が現れるようになり、目撃者たちが次々と姿を消す中、寮住まいのミチ(森川葵)も、自分の目前で親友を見失い……。



※9/28まで有効のTOHOシネマズフリーパスポートでの鑑賞。


簡単に。

全く怖くなかった。怖さを期待したのだけれど、ま〜〜〜ったく怖くなかった。
苦手な音でビックリさせる演出も無かった。(いや、マジびっくりするからあったら困るけどw)

総じての感想。

「あまりにも百合百合しくて、ちょっと引いた・・・(笑)」

これが「モーリス」とか「トーチソング・トリロジー」とか(選ぶ映画が古いなw)みたいな最初からホモ映画です!レズ映画です!みたいな同性愛全開アピールもんだったらそれなりに構えて鑑賞に臨むからいいんだけど、原作ゲームも知らないで臨んだので普通に「呪怨」とかその手の心霊映画と思ってしまったべな。

あと、途中で出てくるイタコのハゲ兄ちゃんはあれ要らなくてもよかったような・・・。


まあ、百合好きの人は是非。





・評価:★★★★★★☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (6)
・公式サイト

【関連作品】









午前0時の忘れもの (集英社文庫)午前0時の忘れもの (集英社文庫)
赤川 次郎

集英社 1997-09
売り上げランキング : 104291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『劇場版 零〜ゼロ〜』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる