起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/01/13 08:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年劇場鑑賞初めはこの作品で!




画像

<2015.1.9 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が総監督、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズなどの虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当した人気アニメの劇場版。人間の心理状態や性格を計測し数値化できるようになった近未来の管理社会を舞台に、治安維持活動に奮闘する公安局刑事課一係の刑事たちの姿を描く。キャラクター原案を手掛けた人気漫画家の天野明、監督の塩谷直義もテレビシリーズから続投する。

ストーリー:人間の精神を数値化するシビュラシステム管理下の2112年、新人監視官の常守朱と執行官の狡噛慎也は、ある大事件の黒幕・槙島聖護と出会う。狡噛は自らの信念を貫き槙島に復讐(ふくしゅう)を果たした後、姿をくらます。2116年、日本政府が輸出したシビュラシステムを内戦状態のSEAUn(東南アジア連合)が実験的に導入するが、SEAUnから日本へテロリストが送り込まれ……。


映画関連でお越しの皆様、改めましてあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、本年の一発目の鑑賞作品ですが・・・昨年、ハマったアニメとして紹介させていただいた『サイコパス』シリーズの劇場版です。
ムビチケも買っていtので早々に席を抑えて劇場に行ったのですが、秋葉原も近いこともあるからでしょうかね?場内は満席近かったです。公開日初日ということもあったのでしょうけれど。

それで見てきたわけですがまずまず楽しめました。
一言での感想で言えばそれです。

ではなぜ「まずまず」なのかというと、テレビシリーズ1期で行方不明になった狡噛慎也のその後の行方こそわかって、この劇場版のメインキャラクターになるもののそれを除けば今後3期などが出来た場合でもこの劇場版は見ておかなくても困ることは無い・・・という内容だからでしょうか。

何かこの物語の進歩みたいなものが少しでも見えるともっとよかったように思います。
結局、狡噛慎也も・・・とここはネタバレになるので伏せさせていただきますが。

1期で正義感だけ強くてどこか浮いてるようなところのあった主人公の常守 朱は2期ですっかり逞しくなり、彼女について猜疑心を持ち合わせる後輩の霜月 美佳存在などもありその人間関係の描写も含めて面白い作品になっておりましたけれど、狡噛が何をしていたかというところ以外バイオレンスやアクション、そしてビジュアルに優れた本作に加わる楽しみの1つである人間関係の面については物足りなさが残った。

タイミング的にも恐らく劇場版ありきの2期シリーズだったと思いますしね。
劇場版で言えば『タイガー&バニー』だったり『ヤマト2199』だったりその類だったですかね。
見なくてもまあ問題ないという。

ただ、この作品のファンであれば新しい作品を見ることができるという意味だけでも良いのかもしれません。
私も昨年で一気にファンになったニワカですが新作は待ち遠しかったですもの(笑)



・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】








犯罪者はどこに目をつけているか (新潮新書)犯罪者はどこに目をつけているか (新潮新書)
清永 賢二 清永 奈穂

新潮社 2012-09
売り上げランキング : 90127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる