起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『靴職人と魔法のミシン』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/06/26 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そろそろシネマパスポート作って観まくる予定なので貯まってる感想文はとりあえず急いで書いてみる




画像

<2014.6.22 TOHOシネマズシャンテ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:俳優としても活躍し、『扉をたたく人』などの監督を務めたトム・マッカーシーによるヒューマンコメディー。さえない靴職人が、他人に変身できる魔法のミシンを手に入れたことで人生の喜びを見いだしていく姿を、行方をくらました父親とのストーリーも盛り込んで描く。恋も冒険も諦めていた孤独な中年男の主人公を、人気コメディアンのアダム・サンドラーが好演。共演にはオスカー俳優ダスティン・ホフマン、『ゴーストワールド』などのスティーヴ・ブシェミらが顔をそろえる。

ストーリー:ニューヨークの下町にある小さな靴修理店で働く中年男マックス(アダム・サンドラー)は、老母と生活しながら特に何の変化もない毎日を送っていた。ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖より代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身する。魔法のミシンによって他人の人生を体験できる楽しさに夢中になった彼は親孝行を思い立つが、予期せぬトラブルが生じ……。



本日、TOHOシネマズのシネマイレージが12000に到達しました!
2か月分無料ですよ、映画。見放題ですよ。
まあでも、とりあえず近いうち1か月分だけ引き換えしようかなと。
そうなると本数見まくって感想文もたまると思うので、今のうちかけるものは簡単にでも書いていきます。

ってことで、簡単に。

しょぼくれた靴職人が他人の靴を履くとその人物になりすますことができるということに気が付いて、それを利用して嫌な男に復讐したりとか、行方不明の父に代わって母ちゃんにひと時の夢を与えたりとか。

確かに横暴で嫌な客ではあってもあそこまでするかな〜と思ったり、他人の家に侵入するのにスタンガンの誤作動で気絶して相手に見つかったりとか・・・もうね。アホかと。

ダスティン・ホフマンがオヤジ役を演じてるわけですが、このオヤジもなぁ・・・。
ネタバレ直結になるから言えないけど、一言いうと「今更かよ」とか「おせえよ」とかそういう言葉しかかけられない。


まあ、主人公がアホすぎてイライラさせられるので我慢できる人はどうぞ。









・評価:★★☆☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
・公式サイト


【関連作品】










靴職人のシンボル 靴 製造 リペア 工具 ピンサー ペンチ ( ワニ )靴職人のシンボル 靴 製造 リペア 工具 ピンサー ペンチ ( ワニ )

カムリ研磨材
売り上げランキング : 62145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『靴職人と魔法のミシン』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる