起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/06/29 08:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

6/26 MX4D"東京"初上陸初日に行ってきました。




画像

<2015.6.20 TOHOシネマズららぽーと船橋、2015.6.26 TOHOシネマズ六本木 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、主演のメル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』などのトム・ハーディが受け継ぐ。共演にはオスカー女優シャーリーズ・セロン、『ウォーム・ボディーズ』などのニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じたヒュー・キース・バーンら多彩な顔ぶれが集結。

ストーリー:資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。


公開日初日に船橋でTCX、ドルビーアトモス、3Dという環境で鑑賞済ではあったのですが、6/26より一般解放が始まったMX4Dというアトラクション要素が満載の設備で見ることができるというので予約し六本木まで2度目の新作『マッドマックス』を観に行ってきました。

本当は『極道大戦争』でMX4Dを体験したかったんですが、あまりにもコケすぎたためか六本木のMX4D上映がなくなっていて同日一般開放の始まった新宿でも朝一番の回しか『極道大戦争』のMX4D上映がなく、とりあえずこの新しい環境を味わいたい気持ちが先にあったので映画も1回みて面白かったし、まあいいかなと思い六本木で観てきました。


画像


映画の感想の前にそのMX4Dの感想を簡単に。

良かったです。
利用料金は+\1200。(この作品は3D料金で更に+\300ありましたが)この金額上乗せでアトラクション体験できるのであればアリです。
ただ、期待しすぎるとショボイかもしれませんが、まあ値段相応だと思えばそれなりに。
ただし、映画との相性ってものはあるかもしれません。マッドマックスは常に車などがオフロード走行のために映画の9割近くがシートがボコボコと揺れるので臨場感を味わえてよかったです。

マイナス面を挙げますと、もうちょっと椅子が上下に動く幅が大きければもっと臨場感を味わえたのかな?と。
ストロボは劇場の両端の上部に設置されてるところから出るだけなので、目の前でもないしなんだか微妙・・・。
また、フォッグはスクリーンの最前方からもくもくと出てくるだけで私の座った席(これでも3列目に座ったのだけど・・・全然届かず)
また3D映画だと3Dメガネを装着しているのでウォーターブラストが発射されるとメガネに水滴がついてわざわざ拭かなければならないという・・・(苦笑)

まあでも、ウォーターブラストは楽しいし足元の空気管から突然出る空気の感覚がちょっと気持ち悪くて(褒め言葉)良かったです。

ちなみにMX4Dは膝の上に荷物を置かねばならなく、床に置くことはNG。スクリーンの外にコインロッカーがあるので、100円入れて利用。ただ、その100円は開けると返却になるシステムなので100円玉だけ用意してから行きましょう。
実際体験してみると・・・床に置いても大丈夫なような・・・でも、床に荷物を置いてそれが倒れて、座席の下に挟まると機材トラブルになる可能性もあるかなとも思うので、やっぱり荷物床置きは厳禁の方がいいかもですね。


さて、映画ですが面白い!!すべてが面白い!
このキチガイな世界観!これこそマッドマックスですよ。
リアル北斗の拳と呼ばれたマッドマックスですが(マッドマックスをモデルに描いたとも言われてます)、その世界観が現代の映像技術を駆使し、最大限のビジュアルで見せてくれる。

ラスボスのイモータン・ジョーは全身に気持ち悪いできものが出来ていて、酸素マスクみたいなものをつけた暴君。
その息子は明らかに奇形。そして、イモータン・ジョーを崇めるために手をクロスするポーズを民衆は見せる。

そして、3作目のサンダードームで少なくなった車のシーンもほぼ全面に復活。
オフロードのカーチェイスはマックスを輸血袋と称し、車の前方に括りつけてイモータン・ジョーを裏切る女戦士フュリオサを追いかけ、追いかけるジョーの軍団には戦士を鼓舞するためにエレキギターを弾き続けるキャラもいて、書ききれないほどのMADな世界がそこには広がっている。

改造車しかでてこないこの荒廃した世紀末感たっぷりの世界で繰り広げるカーチェイスバトルも激しく、ストーリー展開も追う、追われる、生きる、死ぬという単純明快な内容で難しいことを考えずに臨めるのもGOOD!

だからこそ、ストーリーについては深く語るようなところもないのですが、最低限のストーリー展開はしっかりありますし、ビジュアルについては120、いや150%の魅力に溢れるようなの映画。

面白い映画でありますので、一度は音響などが良い劇場でご覧になっていただいて、気に入った方はアトラクションとしてのMX4Dで2度目の鑑賞。
これがベストだと思います。


未見の方は是非劇場へ!!



追記

ちなみにこの六本木の鑑賞でTOHOシネマイレージが12000に到達しました!
六本木鑑賞含むフリーパスは9000なので無理ですが、他のすべてのTOHOシネマズで鑑賞が自由な6000マイルで作れるフリーパス2か月分のマイルに到達!!

いやあ、これでもうなんでもかんでも見まくるぞ!とりあえず1ヶ月分!
キッズ向け映画、キモオタ向け映画、JK、JCが集まるようなキュンキュン映画などなど・・・。
通常金出してまで見ない映画をどんどん観て行きたい!
※早速、「ラブライブ」「ストレイヤーズ・クロニクル」「天の茶助」「ラブ&ピース」の4作品をこの土日に鑑賞済です。




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★★★★ (20)
・公式サイト

※今季★20:『セッション』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード

【関連作品】








輸血パックスライミー輸血パックスライミー

株式会社 トライポッド
売り上げランキング : 822686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
満点来ましたね!鑑賞の環境が良くて羨ましいです。
旧作時小学〜中学頃に熱中した思い出が蘇ります!
家族の用事等様々有って出遅れていますが、
7/4鑑賞予定していますよ!
ぱたた
2015/06/29 08:47
昔熱中してた人であるなら、間違いなく楽しめます!!保証できます!
私も3作目では「え?」と思った口ですが、この4作目に値する本作はもしかしたらシリーズno.1かもしれないと思えるほどです。
是非、お早目に!(笑)
かつを
2015/06/29 08:56
こんにちは
凄まじかったですよね
スケールアップして
欲をいえばB級臭しなかったですよね
カズ
2015/06/30 16:16
ええ、もうB級ではなくAクラスのバカ映画って感じでしたね。
ちょっとさびしいような気もしますが、金かけた馬鹿映画も嫌いじゃないっすw
かつを
2015/07/01 09:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる