起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『猫侍 南の島へ行く』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/09/17 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TOHO横浜3本ハシゴの1本目




画像

<2015.9.5 TOHOシネマズららぽーと横浜 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:こわもて浪人と白猫コンビが評判を呼んだ『猫侍』の続編。自身の運命を変えた猫を伴い家族のもとに戻った主人公が、仕官の口を求めて一路南国土佐を目指す姿を笑いを交えて描写する。前作同様主人公を『ザ・レイド GOKUDO』などの海外作品にも積極的に参加する北村一輝が好演。浪人と猫の大冒険に目を見張る。

ストーリー:元加賀藩剣術指南役の斑目久太郎(北村一輝)は江戸での浪人暮らしを切り上げ、白猫の玉之丞を連れて斑目家に戻ってくる。彼は義母タエ(木野花)のあてこすりもどこ吹く風で、妻お静(横山めぐみ)や娘と暮らせる喜びをかみしめていた。そんな折、タエが土佐藩に仕官するための紹介状を持ち帰り、久太郎は玉之丞と共に土佐へと向かう。



今年2度目のシネマパスポート・8作目の作品鑑賞。です。


ミスチルのライブを日産スタジアムに見に行く前に近くのTOHOで3本ハシゴしてきた映画の1本目!

ローカル局でTVドラマシリーズとして放送しているドラマの映画版らしいです。映画版も2作目?くらいらしいです。
が、両方未見ですが猫がかわいいので見ました。


まあ、簡単に言うと猫が可愛いだけの映画ですね。
でも作り手側もそれを見込んで作ってるのでそんな感想でもOKだろうと思います。

漂流した島で白ネコの玉ちゃんが黒猫と仲良くなって2匹まとまってるシーンなんか可愛かったし。
その「可愛い」だけで十分でしょう。

ストーリーに面白さを求めるともうB級、C級なみの脚本ですし安い(推定)予算をいいことに適当なところも多いし。

ただ、一番残念なのが入場者特典のDVD。
白ネコの玉ちゃんが愛らしく映ってるせいぜい15分前後のDVDなのかな〜と思ったら、確かに猫の玉之丞はアップで全編映ってるんですけれど・・・けれどね、変化がない・・・(苦笑)
アップで佇んでる姿だけだらだらと映したDVDで。最後の方にアニマルトレーラーのおばさんに抱っこされてるシーンがやっと入りますが、それでも玉ちゃんはあまり動かず。

可愛いは可愛いのですが、私は猫の「自由さ」が大好きなのでちょっとだけ不満でした(苦笑)
まあ、ただでもらったDVDなんだから何でもイイって言えばいいんですけどね。


内容もあんまり無いような映画なので簡素に感想にしましたが、まあ気楽な気持ちで見ればいいかと思います。
あまり多くのものを望まずにね。玉ちゃんの自由な動きが映画本編でもあんまり多いわけでもないので。。。




・評価:★★★★★★★★★★
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
・公式サイト


【関連作品】


















猫好きにはたまらない!! 猫のキーホルダー 5種類 (黒猫白猫2個セット)猫好きにはたまらない!! 猫のキーホルダー 5種類 (黒猫白猫2個セット)

ノーブランド
売り上げランキング : 42595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『猫侍 南の島へ行く』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる