起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『しあわせへのまわり道』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/09/04 08:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

熟した大人の淡い恋心・・・?




画像

<2015.8.28 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『ナイト・トーキョー・デイ』などのイサベル・コイシェ監督がメガホンを取り、パトリシア・クラークソンと名優ベン・キングズレーが共演を果たした感動作。性別も人種も宗教も異なる男女が、車の運転を通して少しずつ心を通わせていく様子を描く。原作は The New Yorker に掲載されたエッセイで、パトリシアが映画化を熱望。人生のどん底から少しずつはい上がり、新たなステップを踏み出すヒロインの姿が共感を呼ぶ。

ストーリー:ウェンディ(パトリシア・クラークソン)はニューヨークで書評家としての成功を手にしていたが、長年共に暮らしてきた夫にある日突然捨てられる。一人取り残された彼女は悲嘆に暮れ、さらに自分で車を運転しなければならないことに気付く。ウェンディはインド人タクシードライバーのダルワーン(ベン・キングズレー)の手ほどきを受けることに。



今年2度目のシネマパスポート・2作目の作品鑑賞。です。


簡単に。


シーク教徒の初老のインド人タクシードライバーのダルワーンと年老いて熟年離婚された更年期障害みたいな書評家ババアのウェンディお話。

関係は教官と生徒の関係だけれどお互いいい年こいて家庭もある身でもあるし(ウェインディは離婚はされたが娘はいる)、互いが互いの背景をだんだん知ってくると興味も増してきて・・・・・・。

という流れではありますが、ラストに関しては「大人」な締め方です。
結局、あれでよかったのかもしれないなと。

簡素になりますが、こんなとこで。





・評価:★★★★★★★★★★
     ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
・公式サイト


【関連作品】









免許がない! [DVD]免許がない! [DVD]

バンダイビジュアル 2002-04-25
売り上げランキング : 38697

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『しあわせへのまわり道』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる