起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『俺物語!!』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/11/11 08:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

砂川誠(柏レイソル⇒コンサドーレ札幌⇒FC岐阜)




画像

<201511.1 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:「別冊マーガレット」で連載され、高校生とは思えないゴツい見た目と巨体の持ち主が主人公という異色の内容で話題を呼んだ少女漫画を実写映画化。仲間からの信望は厚いがモテない男子高校生の純愛を、『映画 鈴木先生』などの河合勇人監督が描く。見た目に反して純情な主人公を、『HK/変態仮面』などの鈴木亮平が体重を30キロも増やして熱演。彼が思いを寄せる女子高生にモデルとしても活躍する永野芽郁、主人公の親友であるイケメンを『娚の一生』などの坂口健太郎が演じる。

ストーリー:情に厚い硬派な日本男児の剛田猛男(鈴木亮平)は、ごつくて大きな体を持ちながらも、女子にモテない高校1年生。ある日、彼はしつこいナンパから助け出した女子高生の大和凛子(永野芽郁)のことを好きになってしまうが、後日再会した際、彼女が猛男の幼なじみであるイケメン砂川誠(坂口健太郎)のことが好きだと気付いてしまう。落胆しながらも凛子と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。



少女漫画の原作ということは知っておりましたが、よくある『NANA』みたいな少女漫画とは異質な作品でごつい不細工男が主人公ということで期待しておりましたが、期待通りの面白さでした。


剛田猛男と大和凜子ちゃんは直球で言うと互いに一目ぼれ。
でも、猛男は性格も良いイケメンでJKに大人気の親友砂川誠に他のJKと同じように惚れてるんだろうと思いアシストに専念。
凜子ちゃんは猛男に近づきたいのにイケメン砂川誠との関係を推してくるだけに自分はあまり好かれてないんだと錯覚してしまう。

そして、間に入る砂川は性格も凄く良い奴なんだけど、そして両者の心境をよく知ってるんだけど、性格良いがゆえにそういうことは互いに気が付くもので第三者が口を挟むもんじゃないと思い見守る立場を貫く。

そう真の心は一本で繋がってるはずなのにだまし絵のごとく、視点が変わると気持ちも変わり、そして相手を思いやるからこそのズレが生じてしまい、一本の線は曲がりくねってしまうという。まるで、アンジャッシュのコントのような作品だ。

だからこそ面白い!

この作品は人によっては「じれったい!」と憤慨する人もいるかもしれませんが、仮に砂川が両者の気持ちを互いに吹き込んでしまっては作品は成立しない。
このウブな中学生の初恋みたいな少しづつの距離の縮め方、そして恋心の揺れ方が面白いところであって、「じれったい」「さっさと告白すればいいのに」って思う人は、そもそもの作品への入り方からしてずれている。

そして、もじもじした青春期を送っていた人であれば懐かしい光景がある作品と言えるかもしれない。

ストーリーも面白いが、特筆すべきなのは鈴木亮平の役者魂。
ドラマ『天皇の料理番』で佐藤健の兄役で病弱で痩せ細って死んでしまう役も体重を削ぎ落としてまで臨んだり、また私も大好きな映画の『変態仮面』では肉体改造の末見事な変態っぷりと肉体美を披露している。
そして、今回も体重を増やして剛田猛男役に臨んでいて、そのビジュアルの変貌っぷりにはただただ感心する。
日本のロバート・デ・ニーロと呼ぶ人も一部にはいるが、デ・ニーロみたいな役者に成長してほしいですね。
そんな彼の怪演が見られるのも◎。


先ほどもかきましたが「じれったい」と思わずコンセプトを理解した方は是非!のおすすめです。




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★☆☆☆ (17)
・公式サイト


【関連作品】










アンジャッシュ ベストネタライブ「キンネンベスト」 [DVD]
アンジャッシュ ベストネタライブ「キンネンベスト」 [DVD]
アニプレックス 2011-01-06
売り上げランキング : 31534


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『俺物語!!』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる