起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/12/19 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

スター・ウォーズには思い入れはないが公開日初日の2回目(18:50〜)上映回で見て来た。




画像

<2015.12.18 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。新たなエピソードやキャラクターと共に、最新鋭の技術とリアルなセット撮影を融合した映像にも期待。


『スター・ウォーズ』(以下SW)シリーズは一応見てはいますが、あんまし思い入れとかないんですよね。
でも、新作の前に1〜6を改めて一気に鑑賞したりして以前見た時よりは面白く思えたりして。
やっぱりシリーズもの間を空けずに一気に見たほうがいいですよ、うん。

で、SW新作に関してはかなり前から解禁日を12/18の18:30とし、かなり前からチケットを販売し、記念パンフなどを用意していたわけですが、この先走り早漏の方々の鑑賞条件は2D上映。
それでも誰よりも早く新作を観たいということで購入されていると思うし、それはそれでいいと思います。

が、私は正直そこまで思い入れもないし・・・ってことで、何を観たいかというとSWの新作ということを重視してはいるものの、3D、そしてMX4Dでの鑑賞をしたいと思い船橋の18日チケ販売解禁を待って、しっかりとキープしましたよ!

日本語吹き替え版の上映ですが、3D上映は断然吹き替えの方が良いですからね。望むところですよ!

ということで見て来たのですが・・・娯楽作としては結構面白かったです!


冒頭でストーム・トルーパーの一員で思考が彼らの中では異端児のフィンが囚われの身になったレジスタンスのパイロットを逃がすところから始まるのですが、ここいらからもう戦闘機戦が繰り広げられ、そのたびにMX4Dのシートが揺れる揺れる!!(笑)

・・・と、あんまりあらすじとか書かないほうがいいんでしたっけ?(シネマトゥデイにもあらすじとか載ってないけど。現時点で)

まあ、手抜きもできるし(笑)あとは、じゃあザックリした感想にしますが、そこから主人公の女の子レイやフィンの今回の作品にキーになる存在のアンドロイド、BB-8を巡る追う、追われる側のアクション活劇が展開されるわけですよ。
どうして、BB-8がレジスタンスの対抗組織であるファースト・オーダーから追われているのか・・・。ここの部分で過去のシリーズとの接点もできるわけですが、、その代表格でもある人物がこの7作目でもでてきます!
ご存知だとは思いますが、シリーズ4〜6に登場したハン・ソロとチューバッカが再登場!

そして、すっかり老けたあの人物も出てくるし、あのロボットも出てくるし・・・ということでやはりシリーズものでもありますので、全くシリーズを知らない人は一応一通りでもSWを観ておいた方がいいかもしれません。

そして、この登場人物の・・・・・・・・・・・とネタバレしたいところですが抑えて抑えて(笑)

ということで、今月のうちに1〜6を復習しておいたおかげで楽しめました。

ただ、楽しめたばかりではなくちょっち残念なところも。
今回の相手側のエースでもあるカイロレイ。(この人物がどういう繋がりがあるのかはここでは述べません)
ダース・ベイダーみたいな特徴のあるダークサイドの象徴のようなマスクを被ってるわけですが・・・意外アッサリ簡単何度もあのマスクを脱ぐというね(苦笑)

ちょっと拍子抜けですかねー。まあ、あの展開上マスク被ったまんまだったら成立しないようなところもあるからしゃあないんかな。

あとは、フィンとハン・ソロらが囚われの身になったレイを救いに行ったところ、遠方の壁を登る彼女を見つけ、次にはあっさりと彼女の目の前に姿を現すフィンたち・・・。ちょっと簡単にいきすぎだろう・・・。

また、過去のシリーズのように父と子の物語になったりなどなど、過去のシリーズの肝をおさえつつ、今風に味付けしただけと言えばそんなような・・・。
例えばファースト『ガンダム』を意識したような『ガンダムSEED』みたいな。例えるならそんな印象を受けました。


でも、アクション面はep1〜3よりも多い気がしますし、是非とも可能であればMX4Dで見てほしいですね。
(なぜか、水噴射機能は一度も使われなかったです。ラストの方で出てもいいシーンがあったんですけどね)




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
・公式サイト


【関連作品】










親を殺したくなったら読む本 (親に疲れた症候群の治し方)親を殺したくなったら読む本 (親に疲れた症候群の治し方)
石蔵 文信

マキノ出版 2015-12-15
売り上げランキング : 42481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は初日の日本同時刻公開18:30回を
鶴岡まちなかキネマで2D吹替で観ました。
舞台挨拶も無いのに拍手と歓声で始まる作品は
まちキネでは初じゃないでしょうか。
エンドロールでも拍手が有りましたよ。
別の変なサイトでは嫌な事書いてる人もいましたが
全く気にしていません。何せ小2から37年の付合いですし。
OPのテロップからワクワクさせる作品は本シリーズのみかも。
早くもEP8が観たくてたまりません。
でもEP7もあと数回見ますけどね。。
MX4D!羨ましいです!
ぱたた
2015/12/21 09:05
18:30の回見ましたか!さすがですね(笑)本文の通り、正直あまりSWには思い入れないんですがDVDでイッキ見して、過去に見た時よりは面白く感じて。
世間の評判は低目な3作目は面白く思えたのになんで評価低いんだ?と思ったりして。
やはりずっと見ている人には素直に楽しみですよね、わかります!
話題になればなるほどアンチな人もできやすいですが、映画なんて自分で持つ感想が全てですし、自分が良ければ良い・楽しんだもの勝ちですからね。
是非、思う存分SWを楽しんでみてください!
かつを
2015/12/22 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる