起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/02/20 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

TVドラマ版の特別篇だったらそうちゃんと宣伝してくれや。




画像

<2016.2.19 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチ出演のテレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズの特別編。21世紀に活躍する名探偵シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンのコンビがヴィクトリア朝の1895年へと戻り、難事件解決に挑む姿を描写する。『ホビット』シリーズなどのマーティン・フリーマンが今作でも相棒役を務める。無敵の探偵と助手が紡ぐストーリーに注目。

ストーリー:1895年冬、トーマス・リコレッティは数時間前に自殺したはずの妻が古いウェディングドレスを身につけて現れたことに驚がくする。この世に怨念を残したまま逝ったリコレッティ夫人の幽霊は、ロンドンの街をさまよい続ける。探偵シャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)と相棒ジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)、そして仲間たちは彼女の出現の謎に迫る。


ベネディクト・カンバーバッチさんてイケメン扱いされていることにたまに疑問を持ってることを書いてる私ですが。
あと言い訳じゃないですがけして、不細工と言ってるわけじゃないです。
ただイケメンっていうとちょっと違うような・・・。なんか英国の関根勤みたいだし。

まあチラシに探偵ドラマの映画版って事が書いてあったので人気TVドラマシリーズの劇場用なんだなーとは思ってました。

登場人物などでTVドラマ見てないとわからないとかあるのかもしれんなー。予習してねーなあ・・・。
でも、ホームズ映画楽しめるならまあいいか。なんとかなるか!

と、思っていたのだが・・・・・・・・・・。

これはえっとどういう位置に値するのかな?

特別篇?とでもいうものなのかな?
でも、このブログにもUPしてあるチラシの表紙見てください。「特別篇」とは書いてないですよね?チラシの本文に小さく書いてあったんかもしれないけれど、さっとしか見ないしなー。ちゃんと読んでても気が付いたかな?

で。ドラマ版は現代が舞台だけど、ホームズは今から100年以上も前に書かれた小説ですのでこの映画版ではその時代が舞台みたいです。

でも、現代を舞台にしたドラマ版と意識が飛んだり通じたりするようなところがあるようで。
そんなこんなしながら、ウェディングドレスを身にまといながら口に拳銃をあて、自殺した花嫁がその後もロンドンで姿を目撃され、その謎と真相を追うお話です。

えっと、結局真相ってなんだったんだろ。
少し眠くなってウトウトするところあったので、その意識が飛んでるところで明かされてたらごめんなさい。
よく似た死体がもう1個あって、それを使ったトリックでよかったんでしたっけ?
で、その死体ってどこでどの経緯で見つけたんだっけ?

わかり辛かったかな(苦笑)
それともドラマ版見てる人ならわかるからOKって内容なんでしょうかね?


それにしても映画詐欺です。他の人はどうなのかな?と思い、yahooのレビューなどもちょっと見てみたりしましたが「映画」として釣ってることに憤慨してる人が多数いてホッとしました。
自分だけが注意不足なだけじゃなかったんだなって。

尺も115分ありますが、冒頭にセットなどの解説をしたおまけ映像5分、本編55分で、最後はメイキングで15分って有様だったらしい。(メイキングではさっさと途中で帰りました)
上映時間を60分程度にしてしまうと料金がたしか1400円とか1200円とかしか取れなかったんじゃなかったかな?だからおまけ映像を20分くらい入れることで尺稼いだのかなという感想(苦笑)

みんなも普通に「新しいシャーロック映画が出来たんだ!」くらいに劇場行く人もいたでしょう。
私もそういう口な部分もありましたし。
タイトルにthe movieとか映画〜とか特別篇とかなんの表記もないし、映画の前売りも特別料金じゃなく普通の映画料金に普通の映画の前売りでしたし。


TVドラマ版見てた人は楽しめたんでしょうかね?
私にとっては糞でした。

でも、自分が知らなかったのが悪かったんかな・・・だから★は「評価不能」ってことにしておこうかなーとも思ったんですが、いやいや広告に「ドラマのおまけ映像。特別編集版です」って強調が弱い部分が悪いんだ。そして何より映画詐欺にあったのが自分だけじゃないのがわかるのでやっぱ素直な感想を書いておこうと。それで★1に。よくあるアニメの特別篇映画でもちゃんとわかるように宣伝してますからね。そう思えば配給会社が悪いんだからいいよね、素直な★評して!ちゃんとお金出して映画(?)見てきたわけですしいいよね。
それにしても、よくある小さく但し書きしておけばちゃんと責務果たしたもんね〜それでいいじゃん!みたいなレベルでの告知の無さだったと思いますよ。
誰もがHPをいちいち見に行ったり、事前に映画情報を隈なく調べてから劇場に足を運ぶ人ばっかじゃないんですよね。


まあ、楽しめる人だけ楽しんでください。
yahooも3.00以下になってるのでファンの人は是非5.00を増やして盛り上げてください。
でも、騙される人が多いだけ低評価なのもしゃあないと思いますよ。




・評価:★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (1)
・公式サイト


【関連作品】














だましの手口 (PHP新書)だましの手口 (PHP新書)
西田 公昭

PHP研究所 2009-03-14
売り上げランキング : 13822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる