起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』を観た。

<<   作成日時 : 2017/03/27 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

市川2劇場、船橋1劇場、日本橋、錦糸町あたりでは夜の大人タイム上映がないので・・・




画像

<2017.3.25 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:医師が主人公の「仮面ライダーエグゼイド」と、9人の戦士が悪に支配された宇宙を救うために戦う「宇宙戦隊キュウレンジャー」がコラボする特撮アクション。世界の存亡を懸け、歴代のヒーローたちが激闘を繰り広げる。エグゼイドとキュウレンジャーをはじめ、レッドバスターパワードカスタム、仮面ライダーアマゾンなど、総勢100人以上のヒーローが登場するさまは圧巻。

あらすじ:人類滅亡の危機を回避すべく戦う仮面ライダーエグゼイドと、宇宙を救うため奮闘する宇宙戦隊キュウレンジャーの前に世界の命運を左右する死の闘技場が出現し、“ゲーム世界”が“現実世界”を総攻撃する。閉じられた異空間から抜け出そうと、歴代の仮面ライダーとスーパー戦隊が大乱戦を繰り広げる中、思いがけないヒーローが姿を現し……。



土曜日の朝一で歩いて行けるイオン妙典でこの作品を見てきました。
きっと、キッズで溢れかえってて大きなお友達は肩身狭いのかな・・・と思っておったのですが、これ夜上映以外では初めてライダー映画で体験したのですが、子ども連れの組よりも大きなお友達の組の方が多いという。
マジですよ。8:35くらいだったのでキッズには朝早すぎだったのかもしれませんが・・・。

去年の春のライダー映画は1号リブート作品であって、夜の上映ってこともあってほぼ大人客だったんです。
それはわかります、時間といいオールドファンを惹きつける1号の存在といい。

でも、この入り具合の割合はよくわからなかったなあ。子供連れ3: 大人(高校生以上)7くらいだったんです・・・。


まあ、ほっとしたところで映画ですが何故か韓国ソウルでゲームからゼビウスがリアルに出てきて人々を襲うという。(そういやなんで、韓国・ソウルだったんだ?)
まるでピクセルのパクリみたいな展開からのゲーム病ライダーのエグゼイドが絡み、キュウレンジャー(この新しい戦隊あんま見てないんですよね・・・)も絡みの展開。

そして、ゲームのトーナメントでチーム戦を行うというところで、色に準じたライダーor戦隊が選ばれるところで緑につけて仮面ライダーゾルダが選ばれるというマニアックさ。仮面ライダー龍騎のライダーですよ。
その台詞回しで聞き覚えはあるけど、「えっと・・・誰だっけ?」と変身するまで忘れてましたよ・・・。

まあ、お約束通り、ライダーと戦隊で友情深めながら手をとり、敵を倒すってのはいつものパターンなのでそのストーリーは省略。


それなりに楽しめましたが去年のようにライダー1本でやってほしかったなあと思うところも。
また、過去ライダーのご本人登場もゾルダだけではちょっとさびしい。


あ、でもジュウオウジャーのアムちゃんが活躍してくれたのは嬉しかった。
やっぱり可愛いよね、あの子。



と。そんな春特撮映画でした。




・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
 
・公式サイト



【関連作品】











ピクセル [SPE BEST] [Blu-ray]ピクセル [SPE BEST] [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2016-07-06
売り上げランキング : 21028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』を観た。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる