起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ReLIFE リライフ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/05/01 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GW向けにたまってる感想文(または★評)を5/3までに駆け足でアップしていきます!!




画像

<2017.4.19 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:テレビアニメ化や舞台化もされた夜宵草のコミックを実写化した青春ラブストーリー。27歳のニート青年が容姿を若くして社会復帰する実験に参加し、17歳の高校生となって恋と青春を謳歌(おうか)する姿を捉える。メガホンを取るのは、『ルームメイト』『クローバー』などの古澤健。主演は『青鬼 ver.2.0』『四月は君の嘘』などの中川大志と『青空エール』『キセキ −あの日のソビト−』などの平祐奈。映画オリジナルの結末に注目。

あらすじ:ある事件が原因で新卒で入社した会社を3か月で辞め、ニートになってしまった海崎新太(中川大志)。ある日、彼はリライフ研究所の夜明了と出会い、1年限定で研究所が行う社会復帰実験の被験者になる。それは容姿を若返らせて学園生活を送るというもので、再び高校生になった彼はさまざまな仲間との出会いを経て人生に前向きになり、コミュニケーションが苦手な日代千鶴(平祐奈)に惹(ひ)かれる。しかし、実験が終了すると周囲の者たちの記憶から、彼の存在が消えるというつらい現実が待ち構えていた。



今日から5月!今日・明日の平日も休暇にして連休を取っている方もいるかと思います!

・ReLIFE
・バーニング・オーシャン
・美女と野獣
・3月のライオン【後編】
・ワイルド・スピード ICE BREAK
・帝一の國

は鑑賞済なのに未記入分で、あと今日は「無限の住人」を観てきます。
これくらいあれば、GWの映画鑑賞の際に何か参考にしていただけるんじゃないだろうかと思います。

溜め過ぎなものを放出するいい機会ですしね、ちゃっちゃと★だけでも(または簡素感想でも)書いていきます!


ということで、まずは『ReLIFE』。
これ、去年の夏?にアニメやってましたよね。MXテレビでやってて・・・ジョジョ待ちか何かの時にその前に放送していて。
何気に少し見たりしていました。ただ、実写映画を観る前にちゃんとみておきたい・・・と言う時に大活躍なのがアマゾンプライムビデオですよ!
DVDレンタルしなくても、これで一気に無料で(というかプライム会員費に込みで)全話アニメ版を一気に鑑賞できました!

なかなかいいアニメでしたが、第2期も放送予定なのか、大変中途半端なところで終わってしまった印象が。
実写映画はちゃんと1本で完結するのかどうか。そこも注目です。

ということで観てきましたが、実写版も面白かったです!

そして、ちゃんと1本の映画でスッキリ終わらせてくれました!

海崎新太の中川大志も日代さんの平祐奈ちゃんも大神役の高杉真宙も狩流さんのエライザも夜明を演じた千葉雄大もみんなよかったです。

ただ、小野屋さんは夜明のあちら側の後輩という設定ではなく単なるクラスメイトの1人という位置づけだけがなんか残念というか。
ただ、尺を考えてその設定を省いたのはわかるけれど、あのアニメの小野屋さん結構いい感じなのでそれを見たかったかなというところも。


このようなファンタジックな青春ものはここのところ増えておりますが、27歳のおっさん(27でおっさんというと私なんか立場ないですが・・・)が高校時代に戻るってのは新しい設定で面白いと思います。
そして、アニメでは夏で終わってしまったところちゃんと被験者としての終了する春までやってくれたので、(原作やアニメは違う展開になるのかわかりませんが)上手くしまった思いがして気持ちよかったです。

個人的にはファンタジック青春ものとしては超大ヒット映画の『君の名は』よりもこの『ReLIFE』の方が好きです。



それにしても、千葉雄大くん・・・もう28なのに童顔だよなぁ・・・。
本当に主人公と共に高校生として潜り込む夜明の役にピッタリだったよ。





・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
 
・公式サイト



【関連作品】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ReLIFE リライフ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる