起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『こどもつかい』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/07/31 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月鑑賞分から映画感想の書き方を変更予定




画像

<2017.6.24 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:『呪怨』シリーズなどの清水崇監督がメガホンを取った、オリジナルストーリーによるホラー。謎めいた男“こどもつかい”によって子供がさらわれ、やがて帰ってきた子供と会った大人が3日後に亡くなるという怪事件を描く。子供の霊を操り大人に呪いをかけるこどもつかいを、映画初主演の滝沢秀明が熱演。連続不審死事件を追う新聞記者に Hey! Say! JUMP の有岡大貴、その恋人を『愛の渦』『二重生活』などの門脇麦が演じる。

あらすじ:郊外の街で子供たちが姿を消し、さらに帰ってきた子供に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げるという事件が発生。新聞記者の江崎駿也(有岡大貴)は事件について調査し始める。一方、彼の恋人で保育所勤務の原田尚美(門脇麦)は、ある日母親が迎えに来なかった男の子を預かるが、そこへこどもつかい(滝沢秀明)が近づき……。



TOHOで昼に2作品見てきたあと、キッズが群れてやってきてしゃべりながら鑑賞するのを避けるために家から歩いて行けるイオンシネマに徒歩でレイトショーでこの作品を見てきました。

映画の感想としては、
ホラー映画なのに少し・・・ほんとにちっともも怖くないのは・・・。




さて、この映画の感想のように最近、だらけていて映画感想を書くのが遅くなってきております。

そこで区切りよく7月鑑賞分から基本的に☆のみの感想にして、ページも1ページに複数作品をまとめて書く形式にしようと思います。

例として「2016年度劇場公開映画をDVD等で観たよ」という感じでDVD鑑賞分をまとめてますが、これを劇場鑑賞分でもってことです。

ただ、特別これだけは少し多めに感想を書きたいってのは個別エントリーを立てるという方向でいこうかなと。

劇場観賞は日常の習慣のように毎週2、3で出かけてます。これはTOHOシネマズ会員の鑑賞履歴のページを見せてもいいのですが、ちゃんと劇場でいろいろ見てます。(イオンシネマや各ミニシアターでの鑑賞履歴は出せないけれど、9割以上TOHOで見てるしまあいいでしょう。)

でも、年齢のせいなのかいろいろと億劫で、億劫で・・・。

でも、月に1、2のライブ感想とか月に2〜4のサッカー観戦のは賞味期限ってかんじである程度新鮮なうちに書かなきゃなってのもあって早く書く一方、映画はみんな見るタイミングバラバラだしまあいいかという甘えがでて、こんなグダグダに最近なってきております。


でも、複数まとめての感想なら、☆程度なら・・・たまにしっかり感想書きたくなったら別途書けばいいかと。

この感想文は6月下旬鑑賞分なのですが、ちょうど7月鑑賞分から映画の劇場鑑賞分にはそうしていこうかと思います。

宜しくお願いします。





・評価:
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (1)
 
・公式サイト



【関連作品】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『こどもつかい』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる