起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシアワールドカップ日本代表、ありがとう。

<<   作成日時 : 2018/07/03 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

西野監督ごめんなさい




まあ、期間が短かったとはいえ、ガーナやスイスとのTMで情けない姿を見せられたら期待はできないよ・・・。


西野ジャパンは、決勝トーナメントは無理だと思っています。
それは先ほども書いたように信じられる根拠がないから。

でも、8年前は同様に根拠が持てなかった代表がベスト16までには潜り込めた。
その時は当ブログでも思いっきり謝罪させてもらいました・・・(苦笑)

その時の流れの再現をもう願うしかない。


具体的に0勝とかそういうのは言ってなかったですが、私としては決勝トーナメント進出こそが最低限の「結果」だと心に決めてました。
だから、コロンビアに勝った時もちろん大喜びしたものの、それを「結果」とは呼びませんでした。
次節に引き分けて、最後に問題になった負けてるのに談合試合で0−1で負けてフェアプレイポイントの差で決勝トーナメント進出できて、そこで「結果」を出したと思いました。


ですので、改めまして西野さん!すみませんでした!!

西野さん、さすがだなと思ったのは2点あって、1点目はコロンビア戦で10人で優位に立ってたのに相手に押されるような展開になったものの、後半で酒井宏樹の位置を前に置くことによって、後半は優位に試合を進めることができたこと。

そして、もう1点はいろいろと話題になったポーランド戦の後半残り10分のボール回し。
コロンビアにとっては日本がポーランドに追いついて1−1になったら、自分らはセネガルに追いつかれたら決勝トーナメント進出ができなくなる。だから勝つことに必死になる。
日本がこの試合、決定機をほとんど作れてなかったこともあり、みんな点を取りに行け!といってたんですが、それよりも無理して攻めて点とれなくてカウンターで失点した時のことを考えると、0−1で負けてはいたもののボール回しをして正解だったと思います。

これはセネガルxコロンビアという他力によるところもあるので完全に賭けです。その賭けにあの場面で打って出て、そして結果を掴んだその心意気に感動しましたよ。


残念ながらラウンド16ではベルギーに2−0でリードしていたけれど、底力に屈し、2−3と逆転を喫し敗戦し、そこで日本代表の挑戦は終わってしまった。


お疲れ様でした。

西野さん、日本代表のメンバー。


最低限の結果は出してくれたとは思ってるんですが、でも、前監督のハリルさんを切った田嶋会長のやり方は正しいとは思えません。
また、どこをどう根拠に判断してW杯が始まる前にハリルは可能性ないけど、西野ならあると言い切った元会長の川淵氏の発言は両方とも代表の奮闘があって結果を掴んだものの、正解とは言えないと思います。
もしかしたらハリルならベスト8行けたかもしれない、そうじゃなくてもこの場所、ベスト16ならハリルでも来れたかもしれない、、ともいえるからです。メンバー選考はもちろん変わったでしょうしね。

ただ、それもこれも憶測です。
が、もう実行しようのないハリルジャパンがワールドカップに臨んでたらの可能性を憶測ではなく、決めつけで語った川淵氏の発言がこれで許されたということにはならないとは思います。

個人的には、。。あくまでも個人的にですが現場で頑張った西野さんについては素直に讃えられていいと思いますが、この代表の奮闘で田嶋会長まで讃えてしまうのはちょっと違うような気がします。

とはいえ、この健闘でそこらへんの声もトーンダウンしちゃうのかな・・・。



とりあえず、内部で何があるか知りませんが、サポーターにいや国民に気を揉ませるようなことを次の監督や会長にはしてほしくないですね。
(会長はそのままなのかもしれませんが・・)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシアワールドカップ日本代表、ありがとう。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる